写真 旅日記 鉄道 青森旅行

寝台特急あけぼので旅は終わり、そして後日談 男一匹道南青森の旅 その30

投稿日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


9月2日。
そろそろこの青森旅行も終りに近づいてきました。
帰りは寝台特急あけぼののB個室のチケットを取ってあります。
ところがこのB個室にも事件があったのです。
この青森旅行出発当日(8月29日)、上野発のあけぼのに乗るための準備を自宅でしていて、ふとチケットの確認をしてみました。
帰りは9月2日の青森発上野駅のあけぼのB個室下段を取ったはずなのですが、チケットにはなぜか9月2日上野発青森行きのあけぼのB個室下段。
どうやら窓口の方が間違えて発券したのを僕が確認せずに1ヶ月も放置していたようです。
ダッシュで支度をして上野駅のみどりの窓口へと駆け込んで、状況を説明するとすぐにチケットの変更の対応をしてくれました。
B個室の上段が空いていたのはラッキーでした。
もし、ここでチケットが取れなかったら、この旅行全体のプラン修正をしなくてはいけなかったので、本当によかったです。
まあ、僕は個室上段は窓がぐにょんと曲がっていて好きではないのですが、個室に入ることができるだけでもよしとしましょう。

話を9月2日戻します。
青森駅に上野行きのあけぼのが入線してきました。

牽引するのはDE10。
DE10は青森駅で切り離されて、実際にあけぼのを牽引するのはEF81です。

乗車したのはこの客車です。

この旅の行きは開放B寝台で男4人でワイワイやりながらだったわけですが、帰りは一人静に個室寝台に乗り込みます。
上段のB個室は相変わらず狭かったです。

独房のような感じもしますが、誰にも邪魔されずに個人の空間を持つことができるというのがいいところです。
でもこの窓のぐにょんとした曲がり具合が好きではないのですよ。
室内の明かりを付けていると曲面に光が反射して気持ち悪くなってくるのです。
従って、夜になったら室内の電気を消して外を見るのが上段個室の楽しみ方ではないかなと思っています。

18:08、青森発上野行き寝台特急あけぼのが青森駅を発車。
窓の外には青森のシンボルとも言える青森ベイブリッジがよく見えました。

一人で個室寝台でやることと言えば、寝るだけです。
この日は珍しくワインを飲んでからぐっすりと休みました。

翌朝、9月3日6:58に上野着。

青森を経った時に牽引していたEF81は長岡駅でEF64に代わっていました。

長いようで短かった青森及び道南の旅は終わってしまいました。
僕はあけぼのから降りてきた乗客でごったがえす13番線ホームから離れて、ここからひっそりと佇むあけぼのの車両を眺めていました。

啄木の歌碑は青い車体とよく合っているのではないでしょうか。
この写真を撮影した後、僕は通勤通学客でいっぱいの山手線電車に乗り換えて家路へとついたのでした。

10月3日。
19:00上野駅13番線ホーム。
青森旅行から1ヶ月経ったこの日、和男さん、いみなしおさん、裕一さん(上州屋)、そして僕の4人が集合しました。
この青森旅行の反省会をするためです。
集合時間は19時でしたが、みんなその10分以上前に集まってきて札幌行きの寝台特急北斗星を一緒に見送りました。
どんだけブルートレインが好きなんだよと思いますよね(笑)
その後はガード下の居酒屋大統領に移動して真面目(?)に反省会。

もつ煮込み美味しかったですよ~。
たっぷり飲んで食べていたら、いつの間にか21時になっていました。
急いでまた上野駅13番線ホームへと移動し、8月29日の夜に4人で一緒に乗り込んだ寝台特急あけぼのが青森へと旅立っていくのを見送りました。

やっぱりブルートレインが大好きみたいですww

この4人でのマニアックな旅は果たしてこの青森旅行の1回切りなのか、それともまた別の地へと旅をするのか。
僕としてはぜひまた一緒に旅をしたいと思っています。
きっとその日がくると思いますよ。

男4人の青森旅行→男一匹道南青森の旅まとめ
寝台特急あけぼのからその旅は始まる 男4人の青森旅行 その1
昭和レトロを感じさせる寝台特急あけぼに青森駅まで乗車する 男4人の青森旅行 その2
青森駅にて寝台特急あけぼのを撮る 男4人の青森旅行 その3
縄文文化に触れることができる三内丸山遺跡を見学する 男4人の青森旅行 その4
下北半島を北上し恐山を目指す 男4人の青森旅行 その5
恐山の死の世界の中で温泉入浴 男4人の青森旅行 その6
脇野沢の民宿ドームに宿泊する 男4人の青森旅行 その7
下北半島から津軽半島へむつ湾フェリーでショートカット! 男4人の青森旅行 その8
雨と晴れの境目の蟹田から十三湖への津軽半島横断 男4人の青森旅行 その9
津軽鉄道の撮影と斜陽館見学 男4人の青森旅行 その10
青森駅にて―それぞれの旅立ち 男4人の青森旅行 その11
函館山から函館の夜景を眺める 男一匹道南青森の旅 その12
特急スーパー北斗1号で函館から森へ 男一匹道南青森の旅 その13
函館本線森駅でキハ40を撮影する 男一匹道南青森の旅 その14
砂原線の各駅舎を撮影する 男一匹道南青森の旅 その15
海から山へ、そして海へという江差線を完乗する 男一匹道南青森の旅 その16
海沿いの小さな駅である江差駅 男一匹道南青森の旅 その17
蟹田駅周辺で特急白鳥を撮影する 男一匹道南青森の旅 その18
蟹田から三厩まで津軽線に乗車する 男一匹道南青森の旅 その19
特急急行天国の朝の青森駅 男一匹道南青森の旅 その20
オーシャンビューの大湊線に乗車する 男一匹道南青森の旅 その21
大湊駅と下北駅の駅舎を撮影する 男一匹道南青森の旅 その22
下北交通大畑線の廃線跡を下北バスの中から発見する 男一匹道南青森の旅 その23
未成線の大間線の遺構をバスの中から撮影する 男一匹道南青森の旅 その24
下風呂温泉のアーチ橋を見学する 男一匹道南青森の旅 その25
下風呂温泉駅の足湯と鮭ハラス定食 男一匹道南青森の旅 その26
大間線と大畑線の遺構よ永遠なれ 男一匹道南青森の旅 その27
東北本線野辺地駅にて撮影する 男一匹道南青森の旅 その28
青森駅近くにある「客車の墓場」へ 男一匹道南青森の旅 その29
寝台特急あけぼので旅は終わり、そして後日談 男一匹道南青森の旅 その30←今ここ

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記, 鉄道, 青森旅行
-, , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム