写真

アイファイジャパンのEye-Fi Connect X2カードを試用してみた

投稿日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


アイファイジャパン株式会社からの御案内でEye-Fi X2カードを試用させていただくことになりました。

・Eye-Fi X2カードとは

使わせていただいたのはこちらのSDカード。

Eye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4G

4GBのSDカードにWi-Fi機能が付いているのですが、Wi-Fi機能が付いていると言われてもイメージがわかないかもしれません。
簡単に言いますと自宅などの無線LANを導入している環境で、このカードを挿入したデジタルカメラの写真がUSBケーブルを使わずに無線LANを通じて自分のPCに保存できるというものなのです。
さらに、自動的にPC内に保存された写真がPicasaなどの写真共有サービスにも自動的にアップロードもできてしまうのです。
つまりデジカメで撮った写真が全く手間をかけずにインターネットで全世界に公開できてしまうということです。

・Eye-Fi X2カードを使用するまでの流れ

では簡単にこのEye-Fi X2カードを使用する流れを見ていきましょう。
まず最初に使うのがこちらの2つです。

Eye-Fi X2カードと付属のカードリーダーです。
最初に自分のPCにこのカードリーダーにSDカードを挿入した状態で接続します。
するとEye-Fi X2カード専用のソフトウェアであるEye-Fi Centerがインストールされます。
このインストール作業そのものは付属のマニュアルを見ながら進めていけば特につっかえるところはないでしょう。

ソフトのインストールが終わるとカードを無線LANに接続する設定となります。
無線LANにセキュリティーを施している場合にはこのEye-Fi X2カードにも無線LANパスワードなどの設定が必要となってくるので、各自で設定することになります。
また、PC内での写真の保存先や、インターネットで写真を公開する際のウェブサービスもここで設定します。
アップロードできるオンラインサービスはPicasaの他に、フォト蔵、mixi、flickrなどがあります。
僕はPicasaを利用しているので、Picasaにアップロードする設定にしました。
PCに不慣れな方だとこの設定で戸惑う部分が出てくるかもしれません。

・使用してみての感想

実際に自分がEye-Fi X2カードを使っての感想ですが、やはり便利です。
USBケーブルやカードリーダーを使わずに写真をデジカメからPCに保存できるというのが圧倒的に手間の削減になります。
PCへの転送はデジカメの電源を入れておくだけで、後は待っていれば自然と転送されます。
さらに自動的にPicasaにもアップロードされるので、ここでも手間いらずです。
実際にこの流れでアップロードした写真がこちらです。

・問題点

以上のようにとても便利なEye-Fi X2カードですが、問題点も2つ程見受けられました。

一番大きいのが今回僕が試用させていただいたEye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4GはPCへのRAW画像の転送ができないことです。
僕はNikon D90でRAW+JPEGで撮影しており、撮影後はRAW現像することが多いです。
しかしこのEye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4GではJPEG画像しか転送されないので、RAWを色々いじるには結局カードリーダーを使わなくてはいけませんでした。
ただ、こちらの容量8GBのEye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8GではRAWの転送にも対応しているので、僕のようにRAW撮影している人はこっちを選ぶべきでしょう。

Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G

もうひとつの問題点はデジカメからPCへの転送速度が遅いと感じたこと。
これは僕の自宅の環境のせいかもしれないので一概には言えませんが、大量の写真を転送するのに相当の時間がかかりました。
無線LAN経由なのでこれは仕方がないことなのかもしれません。
僕の場合ひとつのJPEGファイルが約5MBになり、そらが50枚、100枚もとなれば当然のことかもしれませんね。
それよりもデジカメの電源を入れておくだけで、自然とPCに転送されているという利便性の方が大きいのかもしれません。

・Eye-Fi View

最後にEye-Fi Viewというサービスについて紹介します。
Eye-Fi ViewとはPicasaなどの写真公開用のオンラインサービスを利用していなくてもEye-Fiカードを利用している人が使うことができるサービスです。
ここではPicasaなどと同様にオンラインに写真をアップロードすることが可能なのですが、その有効期間が7日間になります。
この期間であればどこからでもアップロードした写真にアクセスでき、そのURLを家族や友人に知らせれば写真の閲覧及びダウンロードも可能となります。
有料のPremium会員になれば上記の7日間という期間も無期限になり、アップロードする容量も無制限になるそうです。
詳細はこちらからどうぞ。
Eye-Fi View

・まとめ

このEye-Fi X2カードはRAW転送できないという点からコンパクトデジカメなどの小さなデジカメを使用している方にとってはとても便利なアイテムになると思います。
PCへの転送、そしてインターネットへの写真公開まで全自動で行ってくれますので、デジカメとPCをUSBケーブルで接続することに面倒くささを感じていた方にはぴったりだと思います。
もちろんインターネットへの公開はしないという設定も可能なので、一人で写真を楽しみたいという方にも問題なく使っていただけるものだと思います。

Eye-Fi Connect X2 4GB EFJ-CN-4G


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真
-

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム