写真 商品レビュー

「プロに教わるレンズ術。Kマウントレンズを体験しよう!リコーイメージング ブロガーミーティング」に参加して、レンズの特徴を活かした撮影方法について勉強してきた!

投稿日:2014年2月21日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


先日「プロに教わるレンズ術。Kマウントレンズを体験しよう!リコーイメージング ブロガーミーティング」に参加してきました。
場所は新宿にあるリコーイメージングスクエア新宿です。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

僕とRICOHとの繋がりですが、以前コンパクトデジタルカメラのCX4を使用していました。
小さいながらもなかなか高機能で僕の中でも活躍度は非常に高かったです。
また、かつてRING CUBEと呼ばれていた現在のリコーイメージングスクエア 銀座で開催された写真展にも参加したことがあります。
夏休みの銀座で開催される鉄道イベント「銀座鉄道」にとくとみの写真も展示されます!(とくとみぶろぐ)

そういうわけで、若干薄い繋がりではありますが、今回ペンタックスリコーのアンバサダーにもなったということもあって、PENTAXやRICOHのカメラとも仲良くやっていこうと思っています。

さてさて、今回のイベントは「プロに教わるレンズ術」というタイトルが付いていますのでまずは講師の先生を紹介いたします。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

中村文夫さんです。
中村さんはRICOHで勤務した後にプロとして独立したそうです。
所有しているPENTAXのKマウントレンズは120本以上という相当な「マニア」でもあります。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

そんな中村さんから実際の作例を提示しながらレンズ毎の撮影のコツをお話していただきました。

まずは広角レンズからです。
HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limitedでの作例からです。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

15mmという単焦点レンズを使用しているのでもちろんズームは利きません。
ズームレンズを使用すると同じ場所で広角にしたり望遠にしたりしがちで、写真を取る際に横着になってしまう可能性があるそうです。
写真のポイントは2点あり、まず第一に何ミリのレンズを使うか。
広く撮るのか、狭く撮るのか。
その選択がまず重要になるそうです。
第二にどこから撮るのか。
広く撮るのでも近づいて撮るのか遠くから撮るのかで全然印象がことなってきます。
この2点において適切な選択をするには単焦点レンズを使用して自らが動くことによって、被写体をしっかり見る訓練になるそうです。
同じ15mmの広角単焦点レンズでもこのように下から見上げれば先ほどのように正面から撮ったものとは全然違う世界が見えてきます。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

これは同じ15mm単焦点でチューリップにぐっと寄ったものです。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

同じレンズでも自分と被写体の距離、角度によってこれだけ表現が変わってくるのです。

次はマクロレンズです。
HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limitedでの作例です。

マクロレンズはグッと被写体に近づいて被写体を大きく写すことができます。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

背景のボケもきれいになります。
このカエルの写真は目に光が入っています。
これはカメラの内蔵ストロボを使って光を当てたそうですよ。
内蔵ストロボって使い道がないと思っていたけど、こんなやり方もあるのですね。

次の作例は新宿御苑での撮影だそうです。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

都会の真中にこんな自然を撮れるところがあるのですね。
背景の丸ボケもきれいです。
写真の一部を拡大してみると、こんなに解像感があるのですよ。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

PENTAXの35ミリマクロも相当の力を持っています。

次はHD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limitedという中望遠レンズです。
こちらも単焦点レンズです。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

ボケ味がきれいで歪みがないのが特徴のレンズなので、縦のラインに注目すべしとのこと。
確かにまっすぐ出ていますね。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

こんな感じで点光源を前ボケに入れてもよしです。
PENTAXのカメラはボディに手ぶれ補正がついているので、余計でもガンガン手持ちで撮影しているそうです。

次はsmc PENTAX-DA50mmF1.8という大口径の標準レンズです。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

このレンズは2万円台という安さにもかかわらず描写力が非常に高いそうです。
開放のF1.8からF2.8くらいまでは柔らかい描写になって、ぜひこのF値で撮影してみましょうと言っていました。

今度は同じ標準レンズですが、smc PENTAX-DA★55mmF1.4 SDMです。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

6万円オーバーというやや高価ではありますが、その描写力はグンを抜いています。
開放からシャープに写り、ポートレートなどに最適だそうです。
ただ、あまりにシャープなために紙みたいな薄さのピント領域なので、ピントを合わせた後に自分や被写体がちょっとでも動いちゃうとピントがずれてしまうという難点はあります。
しかし、きちんと撮るとその威力を最大限発揮できるそうですよ。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

このポートレイト写真を例に取りますと、見てくださいこの解像力。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

フードの毛の一本一本まで確認することができます。

最後はsmc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]の魚眼レンズです。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

広角端だと対角線の画角が180度になるそうです。
足元から頭のてっぺんまでといったイメージですかね。
湾曲した樽型に映るのが特徴です。
このレンズはレンズから2.5cmのところまで被写体に寄ることができます。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

従って、花を撮るのにもこんな面白い表現になるそうですよ。
もちろん風景を撮るのもその歪みを考慮に入れて撮ると面白いでしょう。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

同じ場所からでも横位置と縦位置でその表現は全く異なってきます。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

以上、中村さんからレンズを変えることでどんな表現ができるのかという講義を受けました。
ここからはタッチアンドトライコーナーです。
講義の中で出てきたレンズ以外にもいくつかのレンズがあるので、これらをPENTAXのK-3に付けて自由に撮影してみましょうということになりました。
これがK-3です。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

PENTAXの一眼レフカメラの上位モデルです。
このカメラにこれらのレンズを付けてみます。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

イベントに参加していたメンバーはたくさんいましたし、時間の関係もありましたので僕は3本のレンズのみを試しました。

まずはHD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limitedです。
最短撮影距離は70cmなのでそんなに寄ることはできませんが、模型を撮ってみました。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

いい感じですねえ。
実際に目にしているのとは全然違う世界を写しだしているようです。

次はsmc PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
鉄道模型を流し撮りしてみました。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

次は造花をパチリ。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

最後はHD PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limitedという広角レンズです。

上記の2本は標準レンズ、中望遠レンズで部分を切り取りましたが、今度は広角なので全体を切り取ってみます。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

こんな風に皆さん熱心に模型を撮影していたのですよ。
造花もちょっと寄り目で撮影してみました。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

中村さんによる講義の成果はいきなりは出すことはできませんでしたが、今後の撮影活動の参考に大いになりました。
特に僕は最近単焦点レンズに凝っているので、その特徴を活かした撮影ができるようになればと思っています。

これにてイベントは終了となったわけですが、実はここで使っていたPENTAXのK-3を1ヶ月モニターさせていただくことになしました。

PENTAX K-3 ブロガーイベント 2014年2月20日

18-135mmのレンズキットです。
後日このイベントのタッチアンドトライコーナーで出ていたレンズも希望者の調整をしてモニターさせてくれます。
僕はHD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limitedが希望なんだけど、抽選に当たるといいな。

そんなわけで、しばらくちょこちょことPENTAX K-3の話題がブログ上に出ることになると思いますが、よろしくお付き合いのほどお願い致します。

今回の記事で出てきた機材は以下のものです。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-5 18-135レンズキット K-5LK18-135WR
by カエレバ

 

PENTAX フィッシュアイズームレンズ DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF] Kマウント APS-Cサイズ 21580
by カエレバ

 

PENTAX リミテッドレンズ 超広角単焦点レンズ HD PENTAX-DA15mmF4ED AL Limited ブラック Kマウント APS-Cサイズ 21470
by カエレバ

 

PENTAX リミテッドレンズ 薄型広角単焦点レンズ HD PENTAX-DA21mmF3.2AL Limited ブラック Kマウント APS-Cサイズ 21410
by カエレバ

 

PENTAX スターレンズ 望遠単焦点レンズ DA★55mmF1.4 SDM Kマウント APS-Cサイズ 21790
by カエレバ

 

PENTAX 望遠単焦点レンズ DA50mmF1.8 Kマウント APS-Cサイズ 22177
by カエレバ

 

PENTAX リミテッドレンズ 望遠単焦点レンズ HD PENTAX-DA70mmF2.4Limited ブラック Kマウント APS-Cサイズ 21430
by カエレバ

 

PENTAX リミテッドレンズ 標準単焦点マクロレンズ HD PENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limited ブラック Kマウント APS-Cサイズ 21450
by カエレバ

 

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 商品レビュー
-, ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム