写真

森の緑と清流と サントリー南アルプス天然水ふるさと体験ツアー2014で尾白川渓谷の自然を満喫してきた!

投稿日:2014年5月14日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


5月11日。
山梨県北杜市のサントリー天然水白州工場で開催されたブロガーイベント「サントリー南アルプスの天然水 ふるさと体験ツアー2014」に参加してきました。
集合場所は中央線の小淵沢駅です。
そこから貸し切りバスに乗ってこのツアーが始まります。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

このブロガーツアーはサントリーの南アルプス天然水がどのように作られているのかということを学ぶもので、南アルプスの自然を満喫する散策や工場見学といった内容が含まれています。

小淵沢駅前を出たバスは最初は小淵沢の市街地を走りますが、すぐに南アルプスの山々を望むことができる広々とした景色が車内から見えるようになります。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

この眺めだけでもここに来てよかったと思えるくらいです。
小淵沢駅から30分もしないで尾白川渓谷への入り口に到着です。
バスから降りてここからは自然散策タイムになります。
去年は腰痛のため一度も山登りができなかったので、久々に自然の中を歩くことになります。
駐車場のところからしてこんな素晴らしい緑なのですから、自然散策路は期待大です。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

今回のルートは駐車場から駒ヶ岳神社付近までになります。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

本格的な登山ルートには入らないので、気軽な服装と靴でもOKな道のりです。
それではこの緑の中へと入って行くことにしましょう。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

最初にこんなユニークな人型がお出迎えしてくれます(笑)

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

5月の新緑の季節は散策ルートは緑のトンネルになっています。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

たまに森が開けて遠くの山々が見えるのですが、もちろん向こうも緑だらけです。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

そんな緑の中にヤマツツジが咲いていたりするので、たまに見える赤がとても印象的です。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

目的地の尾白川渓谷までのんびり歩いていきますよ。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

こんな気持ちのいい道を歩くこと10分くらいだったかな。
駒ヶ岳神社に到着です。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

静まり返った森のなかで霊場の雰囲気が周囲に漂っています。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

お気軽気分でここに立ち入ってはいけないのではないかと思わせるような像や石碑が立ち並びます。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

天狗様もいますよ。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

そんな中で湧き水が出ているところがありました。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

この清水を使って南アルプス天然水が作られているのだろうなとこの時は考えたのですが、実はそれは間違いであることに後ほど気が付きます。
その詳しいお話は次回に回して、今回はこの散策のみで続けます。

さてさて、この駒ヶ岳神社のすぐ近くには尾白川が流れています。
吊り橋を渡って河原に降りることができるというので行ってみることにします。
この吊橋を渡ります。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

なんと定員は5名です。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

確かに見るからにそんなに強度はなさそうですからね。
恐る恐る渡ってみることにしましょう。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

こちらが橋の上からの眺めです。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

下に見える流れが尾白川ですね。
反対側を見てみると、このブロガーツアーの参加者の方々が早くも河原まで降りています。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

橋の上から見てもきれいで透き通っている水だってわかりますね。
僕も川っぺりまで降りてみました。
石が白いのが特徴的です。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

この水の流れを間近で見ると「清流」ってこういうのを指すのだなってことが実感できます。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

普段東京で見ている川とは大違いです。
この水の冷たさと美しさを体感した後はバスが待つ駐車場へと戻ります。
再び遊歩道をてくてくと歩いて行きますよ。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

行きと帰りでは同じ道でも微妙に見える景色が変わってきます。
どこを撮影しても気持ちのいい景色になるので我々の歩みはとてもゆっくりです(笑)

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

こちらは藤の木ですね。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

一面紫に染まる藤もいいけど、山中にひっそりと地味に咲く藤もこうして見るといいものですよ。

そろそろ緑と光でいっぱいの森ともお別れです。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

このきれいな湧水ともお別れです。

サントリー南アルプスの天然水ふるさと体験ツアー2014

工場の見学前ですが、この散策だけで実は大満足してしまったのは内緒の話です(笑)

さあ、今度はサントリーの南アルプス天然水がどのように作られているかのお話です。
次回はサントリー天然水白州工場で受けた特別セミナーと工場見学の模様をお伝えします。
続く。

<追記>
工場見学編の記事もアップしました。
「サントリー南アルプス天然水ふるさと体験ツアー2014」で工場見学をしながら森と水との関係についてたっぷりと学んできた!(とくとみぶろぐ)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G及びSIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM ニコン用 フルサイズ対応で撮影したものです。


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真
-, , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム