写真 旅日記 鉄道

久慈駅周辺にはあまちゃん関連の展示がこれでもかというくらいにいっぱいあった! 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その16

投稿日:2014年10月13日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


8月27日。
青森、岩手、宮城の東北3県を巡る旅の2日目。
岩手県の久慈にやって来ました。
JR久慈駅の隣に三陸鉄道の久慈駅があります。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

駅前に水の出方が変わる噴水があるので、好みの水の形に変わるまで待って撮影してみました。
駅舎の中に入っています。
こちらが団体専用窓口ですね。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

あまちゃん関係の品々でいっぱいですね。
北三陸駅の駅長さんと副駅長さんの写真も飾られています。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

Sponsored Link

このお二人は現実世界でも三陸鉄道久慈駅の名誉駅長と名誉副駅長に就任したのですね。
4月6日の三陸鉄道北リアス線の全線運行再開イベントの写真を見ると、みごとなまでに人・人・人。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

この日は割りとひっそりしていた久慈駅前にこんなにたくさんの人が集まっていたとは驚きです。
駅舎内には潮騒のメモリーズの衣装が置かれていて、だれでも自由に着ることができるようになっていました。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

横にはチェキが貼られていて、女性だけでなく男性もこれを着て撮影しているのには笑えました。

久慈駅の中を見て回っていると、町中であまちゃん関連の展示がされているところが2箇所あることを知りました。
もちろん行ってみることにしますよ。
まずはもぐらんぴあ まちなか水族館です。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

無骨な建物がなかなか素敵。
水族館なので水の中の生物の展示や体験コーナーが充実しています。
その片隅に「あまちゃん」コーナーもありました。
海女cafeの舞台を再現したもの。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

これはお座敷列車の再現かな。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

アメ女の衣装も展示されています。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

まちなか水族館からもうひとつの場所に行ってみましょう。
その途中にあったのがこちらの洋菓子のミリオンベル。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

シャッターに潮騒のメモリーズの絵が描かれています。
開店するとこの絵は見られなくなりますが、オープン前だとこうやって見られるというのはなかなかおもしろい企画です。
別のお店にはアキとミズタクの絵もありましたよ。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

今回はこの2箇所しか見つけられなかったけど、きっと久慈にはこれ以外にもシャッターに描かれたあま絵があるのだと思います。
また探しに行きたいなあ。

次に訪れたのはこちらの建物。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

あまちゃん一色のあまちゃんハウスです。
中にはこれでもかというくらいあまちゃん関連のものであふれています。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

北三陸駅と袖が浜駅のジオラマ模型もありました。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

この後袖が浜駅にも行ってみることにします。
お、これは北三陸駅内にあるリアスの看板ですね。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

あまちゃん好きにはたまらないあまちゃん尽くしの空間でした。
ここにはお客さんが住んでいる場所をシールで貼る地図がありました。

夏の東北旅行 あまちゃんロケ地ツアー編 2014年8月27日

さすがに東京は多く、シールが山のようになっていました。
もちろん僕もここに貼ってきましたよ。
日本地図の横には海外の国旗もあって、そこにもいくつかシールが貼られていました。
海外からのお客さんもここに来るのですね。
事実、僕がここにいた時には中国語をしゃべっている女性の二人組もいました。

さてさて、久慈の町のあまちゃん展示見物はここらへんにして、今度は先ほどちょっと話しをした袖が浜駅に行ってみることにします。
そこは現実世界では三陸鉄道の堀内駅というところです。
次回に続く。

夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅まとめ
本八戸の工場とアパート群がある町並みから旅が始まる 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その1
本八戸駅近くにある三八城公園から八戸の町並みを一望する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その2
お昼ごはんに本八戸のはっと庵で八戸せんべい汁とあずきばっとを食べてみた 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その3
本八戸のたぬき横丁でよっぱらいほやじに出会う 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その4
本八戸の五番街からハーモニカ横町、そしておがみ神社へ 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その5
本八戸駅から陸奥湊駅まで八戸線のキハ40に乗車する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その6
八戸線陸奥湊駅前の市場やイサバのカッチャがいる風景 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その7
八戸酒造で実際に日本酒を作っている蔵の見学をしてみた 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その8
八戸酒造での見学の後にワンコイン(500円)で日本酒の試飲をさせてもらいました! 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その9
陸奥湊の町で大祐神社と八坂神社に参拝する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その10
陸奥湊のグレットタワーみなとの展望室から八戸の町を一望する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その11
ウミネコの繁殖地である蕪島にウミネコがいない!? 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その12
本八戸での夕食はみろく横丁のめん匠で八戸らーめんと絶品の餃子を食べてみた 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その13
青森県の本八戸駅から岩手県の久慈駅までの山と海が交互に見られる八戸線の車窓風景 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その14
「あまちゃん」で登場した北三陸市観光協会が入っていたビルは久慈駅前にそのまんまの姿で実在していた! 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その15
久慈駅周辺にはあまちゃん関連の展示がこれでもかというくらいにいっぱいあった! 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その16←今ここ
久慈駅から三陸鉄道北リアス線に乗って「あまちゃん」に出てきた袖が浜駅にやってきた! 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その17
三陸鉄道北リアス線堀内駅周辺の海が見える景色 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その18
三陸鉄道北リアス線堀内駅周辺を歩いていたら夏ばっばがアキや春子を見送ったあの橋の下に出た! 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その19
三陸鉄道北リアス線の堀内駅から久慈駅まで乗車する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その20
道の駅くじ内にある山海里で山形町短角牛と佐助豚のハンバーグを食べてみた 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その21
レトロな雰囲気のボンネットバスに乗って「あまちゃん」の舞台である小袖海岸へ 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その22
岩手県久慈市の小袖海岸で「あまちゃん」のロケ地である小袖海女センターを見学する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その23
「あまちゃん」に登場したヒロシの監視小屋や漁協の建物を見学する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その24
八戸の夜の楽しみは昭和の雰囲気が香り漂う洋酒喫茶プリンスで! 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その25
青森駅で青函連絡船、日本海、14系客車の名残を発見する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その26
青森駅前にあるA-FACTORYや青函連絡船などの新旧の景色を確認する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その27
青森駅から三厩駅まで海と山と空が美しい津軽線に乗車する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その28
青森県津軽半島北端の三厩駅の駅前通りを歩いてみる 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その29
昼食を食べる場所を探しながら青森県の三厩の町を散策してみる 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その30
青森県三厩の三厩神明宮がある高台から町を眺めてみる 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その31
三厩と渡島福島を結んだ東日本フェリー跡と佐渡菓子店の三厩銘菓うばたま 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その32
三厩村総合交流促進センターでの昼食と義経伝説が残る厩石 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その33
立派な山門と鐘撞堂がある義経寺から三厩の町並みを見下ろす 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その34
津軽線の車内から北海道新幹線の2016年3月の開業へ向けての工事を眺める 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その35
宮城県仙台市に戦後から残る壱弐参(いろは)横丁で夜の散歩をしてみる 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その36
田園地帯、山、そして海を望む石巻線の小牛田-浦宿間に乗車する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その37
石巻線の列車代行バスに乗って造成工事真っ只中の女川に行ってみた 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その38
サイボーグ009などの石ノ森章太郎が描くキャラクターがあちこちにいる石巻線石巻駅 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その39
石巻立町復興ふれあい商店街と石巻の飲み屋街を歩いてみる 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その40
日和山から石巻の海側の町を見下ろしてみる 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その41
日和山から石巻駅までの道のりで出会ったネコ2匹 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その42
仙石線の矢本駅から松島海岸駅までの列車代行バスに乗車する 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その43
旅の終わりの食事は仙台の牛たん東山とシェ・リュイでのたぬきケーキ 『夏の終わりの青森・岩手・宮城の東北3県を巡る旅』 その44(最終回)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記, , 鉄道
-, , , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム