写真 旅日記 長野旅行

1830mの八方池山荘から1974mの石神井ケルンまで真っ青な空の下の白馬八方尾根を歩く 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その6

投稿日:2014年11月29日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


10月11日。
長野県の白馬にやって来ました。
白馬には気軽にトレッキングを楽しむことができる八方尾根のコースがあります。
ゴンドラとリフトを乗り継いで標高1830mまで連れて行ってくれます。
最終的には標高2080mの地点まで歩いて行くので、250m登るだけの割合楽なコースです。
楽とは言いましても、こんな山の上からスタートするのですよ。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

それでは、のんびり歩き始めることにしましょう。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

歩き始めるといきなり急な坂道となりますので、どんどん標高を上げていきます。
振り返るとスタート地点の八方池山荘の赤い屋根がだいぶ小さくなっています。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

Sponsored Link

さらに下には白馬の町が豆粒みたいになっています。
前を向いてみると、これから進んでいく道がまるで天空ヘと続くかのように見えます。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

地面は石だたみのやや歩きにくいところから、木道になりました。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

ちなみに、この日の天気はどこまでもどこまでも青空だったので歩いている人はたくさんいました。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

先に進みましょう。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

あの上にある道を歩くわけですね。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

そこまで行くと白馬の山々がすぐそこに見えてきます。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

再び下を見るとこの眺めです。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

最高の天気の日に白馬に来られたのは本当にラッキーです。

第一のチェックポイントが見えてきました。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

こちらは標高1974mのところにある石神井ケルンです。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

八方尾根には石積みの塔のようなケルンがコース上にあり、正しい道を歩いているかの目印になります。
ケルンがあるところは眺めもいいので休憩場所にもちょうどいいですよ。
この石神井ケルンにはトイレもありますよ。

紅葉と青空の秋の長野旅行 白馬 2014年10月11日

これで八方池山荘の1830m地点から約140m登ってきたことになります。
次回はここから2060mの八方池の入り口までをお伝えします。
続く。

白馬八方尾根のトレッキングについてはこちらを参照してください。
トレッキング | 八方尾根観光協会

秋の紅葉を愛でる長野旅行まとめ
長野駅と南小谷駅を結ぶ観光列車のリゾートビューふるさとに乗車してみた 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その1
スイッチバックがある姨捨駅から望む絶景の善光寺平 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その2
南小谷行きのリゾートビューふるさとには巫女さんに案内してもらう穂高神社参拝ツアーがある! 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その3
山中と里の景色をリゾートビューふるさとの車窓からたっぷりと眺めてみる 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その4
紅葉を眺めながらゴンドラとリフトを乗り継いで標高770mから1830mの八方尾根トレッキングのスタート地点である八方池山荘へ 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その5
1830mの八方池山荘から1974mの石神井ケルンまで真っ青な空の下の白馬八方尾根を歩く 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その6←今ここ
八方尾根の第2ケルン、八方ケルンを越えて標高2060m地点にある八方池へ 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その7
長野県白馬市の八方尾根にある絶景の八方池を見るべし 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その8
絶景の八方池を眺めた後、遥か下界まで見渡せる八方尾根のトレッキングコースを下る 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その9
白馬姫川温泉の白馬ハイランドホテルで長野の食材たっぷりのバイキング形式の夕食を食べる 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その10
北アルプスが朝日を浴びて輝き出す 長野県白馬市の幻想的な朝の風景 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その11
白馬ハイランドホテルの朝散歩で白馬の町と自然を満喫する 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その12
ゴンドラとリフトで眼下の紅葉を眺めながら栂池自然園の入り口へ 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その13
長野県小谷村の黄葉が始まった栂池自然園の湿地帯をのんびり歩く 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その14
長野県小谷村の栂池自然園にあるわたすげ湿原をのんびり歩く 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その15
栂池自然園の最奥部にある標高約2000mの展望湿原から白馬の大雪渓を望む 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その16
栂池高原の紅葉・黄葉風景をこれでもかというくらい満喫する 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その17
白馬駅から再び大糸線のリゾートビューふるさとに乗車する 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その18
長野県塩尻市の三澤珈琲「Early Bird Cafe」で豪華なモーニングセットをいただく 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その19
信州・松本そば祭りで美味しいお蕎麦を2種類食べてみた 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その20
松本市内の四柱神社の紅葉と翁堂のたぬきケーキ 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その21
長野県駒ヶ根市の早太郎温泉にある駒ヶ根ビューホテル四季の館内紹介 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その22
駒ヶ根ビューホテル四季の季節感溢れる夕食を一挙公開 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その23
駒ヶ根ビューホテル四季の豪華な和朝食を一挙公開 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その24
駒ヶ根ビューホテル四季周辺の紅葉や花々を眺めながらの自然散策 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その25
駒ヶ池周辺の水と森がある風景の中を散策する 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その26
長野県駒ヶ根市の太田切川沿いの秋の始まり 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その27
明治亭の駒ヶ根名物ソースかつ丼の豪華さにびっくりする 『秋の紅葉を愛でる長野旅行』 その28(最終回)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!twitter、Feedly、Facebookでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記, 長野旅行
-, , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ
とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。
​チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。
写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム