写真 旅日記

積善館の山荘にある貸切湯・山荘の湯 『四万温泉の積善館への旅』 その9

投稿日:2014年12月30日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


12月6日。
群馬県の四万温泉の積善館に宿泊してきました。

今回から旅の2日目の様子をお伝えします。
積善館には本館、山荘、佳松亭という3つの宿泊棟があり、それぞれにお風呂があります。
宿泊者はどこの温泉にも入っていいことになっています。
前日は本館にある元禄の湯と佳松亭にある杜の湯に入ったので、山荘にある山荘の湯に入ってみることにします。
ここは無料の貸切湯なのですよ。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

山荘の湯は2つあります。
こちらが入り口です。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

Sponsored Link

入り口扉の取っ手が斜めなのがいい感じです。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

もう片方は普通の引き戸でした。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

この貸切湯はフロントで予約する必要はありません。
入り口のところに札があって、それが「使用出来ます」だったら空いています。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

「使用中」だったら中に人がいるというわけです。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

脱衣所はいたって普通な感じです。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

山荘の湯は隣り合って2つありますので両方見てみましょう。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

造りは左右対称で全く一緒です。
ただ、温泉はすごく熱いので気をつけてください。
小さな子供がいる場合など、家族だけでゆっくり入りたいという時はこちらの山荘の湯を利用するといいでしょうね。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

山荘内でお風呂場への案内板がなかなかよかったので紹介します。

群馬県四万温泉 積善館 Sekizenkan 2014年12月6日

こういう小物があるので積善館に宿泊したら館内探検をすることをオススメします。

次回は積善館での朝食と館内の朝の風景を紹介します。
続く。

積善館の宿泊プランはこちらを参考にしてください。

こちらの雑誌に積善館についてたくさん書かれていました。表紙も積善館です。

OZ TRIP (オズトリップ) 2015年 01月号 [雑誌]

スターツ出版 2014-11-17
売り上げランキング :

by ヨメレバ

『四万温泉の積善館への旅』まとめ
群馬県の四万温泉にある積善館という温泉旅館へ 『四万温泉の積善館への旅』 その1
レトロ感漂う積善館本館の湯治棟の外観と部屋の中 『四万温泉の積善館への旅』 その2
四万温泉の温泉を利用して蒸したうなぎを食べてみた 『四万温泉の積善館への旅』 その3
四万温泉で無料で入浴できる共同浴場の河原の湯に入ってみた 『四万温泉の積善館への旅』 その4
柏屋カフェで温泉マークが描かれたカプチーノを飲んでみた 『四万温泉の積善館への旅』 その5
館内歴史ツアーで積善館と四万温泉の歴史を学ぶ 『四万温泉の積善館への旅』 その6
レトロ感満載の積善館の本館、山荘、佳松亭を個人的に探検してみる 『四万温泉の積善館への旅』 その7
積善館山荘での湯治用の夕食を食べてみた 『四万温泉の積善館への旅』 その8
積善館の山荘にある貸切湯・山荘の湯 『四万温泉の積善館への旅』 その9←今ここ
積善館での朝食の様子を館内の朝の景色 『四万温泉の積善館への旅』 その10
四万温泉名物・島村の焼きまんじゅうはぜひぜひ食べるべし 『四万温泉の積善館への旅』 その11
無料で入浴できる共同浴場の上之湯と山口川音の足湯に入ってみる 『四万温泉の積善館への旅』 その12
四万温泉の温泉街で雪景色を撮影してみる 『四万温泉の積善館への旅』 その13
四万温泉で一番美味い餃子を出してくれる中華ゆうみんでみそバターラーメンと餃子を食べてみた 『四万温泉の積善館への旅』 その14
四万温泉での娯楽の王道、柳屋のスマートボールで遊んでみた 『四万温泉の積善館への旅』 その15
四万温泉の温泉は飲んでも美味しい ゆずりは飲泉場での飲泉と足湯体験 『四万温泉の積善館への旅』 その16(最終回)

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影しました。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!twitter、Feedly、Facebookでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記
-, , ,