写真 旅日記

伊豆下田の山奥にある全室露天風呂付きの観音温泉の豪華過ぎる部屋を写真付きで紹介 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その5

投稿日:2015年2月25日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


2月16日。
早春の伊豆の魅力を再発見するというテーマの静岡県文化・観光部観光振興課が主催するプレス関係者向けのツアーに参加してきました。

今回は宿泊した全室露天風呂付の御宿 Pygmalion 観音温泉を紹介します。
何と、露天風呂が付いているという豪華な部屋に宿泊させていただいたのです。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

まずは部屋から見てみましょう。
宿泊したのはこちらの12.5畳あるスタンダードタイプです。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

Sponsored Link

12.5畳もある部屋がスタンダードというのはおかしな話ではあるのですが、これが観音温泉のピグマリオンという建物の標準設備なのです。
ちなみに、観音温泉には僕が宿泊したピグマリオン以外にも本館正運館があります。
ピグマリオンが一番豪華なところになっています。

部屋にはいると係の人がお茶を入れてくれました。
お菓子は2種類です。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

一服してから部屋の中を眺めてみました。
和室ではありますがソファも用意されています。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

腰痛持ちの僕は長時間座布団に座るのは辛いので、椅子があるのは大変ありがたいです。
立派な床の間がついているのも目を楽しませてくれます。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

ここには小さなひな人形が飾られているのも季節を感じさせてくれました。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

部屋の中をひと通り見たところで、いよいよ部屋付きの露天風呂を見てみます。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

サッシを開けたら露天風呂になり、閉めれば室内のお風呂とほぼ変わりません。
寒かったらサッシを閉めればいいということですね。
お湯はこちらから一瞬の間も置かずに流れてきます。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

観音温泉はpH9.5のアルカリ単純泉です。
美肌の湯と言われていて、お湯がとろっとろなんですよ。
ちょっと手にすくうだけで皮膚にまとわりついてくるのがわかります。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

実際に湯船に入ってみると、温泉が肌をコーティングして一瞬で美肌になってしまったかのように感じてしまったくらいです。
すごいですよ、この温泉は。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

今回宿泊したピグマリオンのスタンダードルームだけでなく、宿泊客がいなかった特別室も見せていただくことができました。
こちらは和室と寝室が別になっています。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

もちろん露天もついています。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

こちらはスタンダードルームと違ってヒノキの湯船ですね。
さらに、その隣に足湯までついているという僕の創造の範囲を超えてしまう豪華設備でした。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

こんな豪華な温泉旅館なのに実は体育館もあるのです。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

ここでは剣道、柔道、合気道などの合宿も行われるそうです。

話を温泉に戻します。
観音温泉には部屋に露天風呂がついているのだけれども、それ以外に大浴場もあります。
16:30から翌朝9:30まで利用できる大浴場ガラティアと日帰り入浴もできる観音プリンシプルです。

伊豆プレスツアー 2015年2月16日

詳細はこちらから。
温泉|観音温泉のご案内【公式】観音温泉

今回は時間の関係上ガラティアのみに入ってきました。
こちらが大総檜風呂。

伊豆プレスツアー 2015年2月17日

タイミングよく誰もいない時間に入浴しました。
そしてこちらが星空の満点露天風呂です。

伊豆プレスツアー 2015年2月17日

実際露天風呂に入りながら上を見上げるとオリオン座がきれいにみえました。
もしかしたら僕の人生で一番の星見風呂だったかもしれません。
部屋の露天風呂よりも空が広く見えるので、晴れた夜はこちらに入ったほうが気持ちがいいと思いますよ。

こんな豪華な観音温泉への宿泊プランはこちらを参照してください。

観音温泉は場所はここらへんです。

伊豆のかなり山奥にあります。
どうりで星がきれいに見えるわけですよね。

次回は観音温泉でのこれまた豪華な夕食を紹介します。
続く。

『早春の伊豆の魅力再発見の旅』まとめ
伊豆稲取の100年以上の歴史を誇る伝統の雛のつるし飾りを見学してみる 河津桜も咲いているよ! 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その1
河津町にある築150年の蔵を改装した「アンティカ トラットリア ダル ピラータ」で絶品イタリアンを食す 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その2
「下田の龍馬と一緒に開国・幕末ゆかりの地を巡る!!」ツアー 宝福寺で龍馬と唐人お吉について学ぶ 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その3
「下田の龍馬と一緒に開国・幕末ゆかりの地を巡る!!」ツアー なまこ壁が残る下田の街歩きを満喫する 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その4
伊豆下田の山奥にある全室露天風呂付きの観音温泉の豪華過ぎる部屋を写真付きで紹介 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その5←今ここ
伊豆下田の観音温泉での豪華過ぎる夕食 本物の釜飯が最高に美味しかった! 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その6
観音温泉での朝から入る部屋付き露天風呂と海の幸いっぱいの朝食 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その7
西伊豆の松崎町にある食彩久遠で食べた塩鰹うどんは僕の人生最高のうどんだった 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その8
「ガリレオ」の「真夏の方程式」の舞台にもなった西伊豆の松崎町でジオガイドの方に案内してもらう散歩をしてみよう 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その9
西伊豆の松崎町名物の川のりコロッケを食べながら町歩きを楽しもう 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その10
西伊豆の田子にあるカネサ鰹節商店で鰹節の製造工程を見学してみた 『早春の伊豆の魅力再発見の旅』 その11(最終回)

撮影機材は次のものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!twitter、Feedly、Facebookでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記
-, , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ
とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。
​チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。
写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム