写真 旅日記 鉄道

世界一楽しい片道きっぷのスタンプラリーは2個目のスタンプがゲットできずに早くも脱落した話 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その2

投稿日:2015年3月14日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


12月25日。
青春18きっぷを使って常磐線の勝田駅に行き、そこから世界一楽しい片道きっぷでひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅にやって来ました(世界一楽しい片道きっぷは2015年3月14日現在発売されていないものです)。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

この勝田駅には車庫もあるので、そこで休んでいる色々な車両を見ることもできちゃいます。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

Sponsored Link

上下線の交換駅でもあるので、走行中の車両も2両見ることができる時もあります。
こちらが僕が乗ってきた車両。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

こちらが反対側の勝田駅へと向かう車両です。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

勝田駅はレトロな雰囲気が残る駅なので、駅の中を見学するだけでも楽しくなってきますよ。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

おさむとミニさむという駅ネコもいるのですが、僕が訪れた時は駅事務室の中にいて撮影することはできませんでした。

さてさて、今回使用している世界一楽しい片道きっぷにはスタンプラリーもついています。
1個目のスタンプは勝田駅で押してもらったので、2つ目をここで押すことにしましょう。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

2個目ゲット!と勢い良くスタンプを押したら何だか違和感があります。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

よく見ると今僕が押したところは湊線の車内にあるスタンプを押すところだったようです。
つまり、先ほどの乗車中にスタンプを押さなくてはいけなかったのです。
ガーン。
いきなりスタンプラリーから脱落してしまいましたorz

逃してしまったものは仕方がないので次に進みましょう。
この世界一楽しい片道きっぷには特製缶バッジの引換券がついていました。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

ちなみに上の写真の背景にあるのは大洗女子学園のバス停です。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

アニメ「ガールズ&パンツァー」の世界がここにもありました。
このバス停の裏にバスを運行している茨城交通の窓口があります。
そこで缶バッジが引き換えできるようです。

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

とうわけで、無事に缶バッジはゲット!

ひたちなか海浜鉄道、茨城交通、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 世界一楽しい片道きっぷの旅 2014年12月25日

まあ、もらったところでこれをどこにつけるのかという大きな問題は残るわけですが、それは考えないことにします。

通常の世界一楽しい片道きっぷのルートであれば、那珂湊駅から茨城交通のバスに乗って大洗駅入り口方面へ行って、適当なところで途中下車して大洗の町を散策するのでしょうが、僕はバスには乗らずに歩いて大洗駅まで向かうことにします。
グーグルマップで検索すると最短距離で5.2kmのようなので徒歩でも余裕ですね。

でも僕はこの最短距離を歩かずに、気が向いたところで路地に入ったりしながら適当に歩いて行くことにします。
まずは那珂湊の町をのんびり散歩してみることにしましょう。
次回に続く。

『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』まとめ
世界一楽しい片道きっぷを使ってひたちなか海浜鉄道の勝田駅から那珂湊駅まで乗車してみる 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その1
世界一楽しい片道きっぷのスタンプラリーは2個目のスタンプがゲットできずに早くも脱落した話 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その2←今ここ
那珂湊駅周辺の散策で那珂湊反射炉跡とレンガ焼成窯を見学する 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その3
那珂湊の華蔵院で茨城県指定工芸品になっている梵鐘を見学する 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その4
那珂湊おさかな市場内にある回転すし「海の駅」で穴子、サーモン、甘エビを食べてみる 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その5
那珂湊と大洗を結ぶ海門橋を渡ってキラキラドリームベルを鳴らそうと思ったら・・・ 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その6
茨城県大洗町にある願入寺を訪れてみた 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その7
独特の表情をしたお稲荷様がいる大洗町の五郎兵衛稲荷神社 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その8
井戸ポンプマニア必見!大洗の養福院千手観音堂参道にはツイン井戸ポンプがある! 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その9
茨城県大洗町にはいたるところにアニメの「ガールズ&パンツァー」のキャラクターが展示されているのが楽しすぎる 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その10
茨城県大洗町にある味の店たかはしで素朴な味わいの大洗名物みつだんごを食べてみる 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その11
常磐線日立駅構内にあるSEA BiRDS CAFEは太平洋を一望できる絶景カフェだった! 『冬の青春18きっぷの旅 世界一楽しい片道きっぷ編』 その12(最終回)

撮影機材は次のものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記, 鉄道
-, , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム