越後湯沢駅構内のぽんしゅ館で500円で5杯の日本酒の利き酒をやってみた!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その5


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

10月24日。
紅葉を見るために新潟県の越後湯沢に行ってきました。
越後湯沢を訪れたら必ず立ち寄る場所があります。
それは、駅構内にあるぽんしゅ館の越乃室です。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

ここでは日本酒の利き酒ができるのですよ。
僕はそんなにお酒を飲むという方ではないのですが、越後湯沢に来ると必ずここで日本酒をちょっと飲んでみます。
こちらが越乃室の入り口です。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

Sponsored Link

最初の写真のおちょこにも「ポ」の字がデザインされていましたが、暖簾にもちゃんと描かれていますね。
ここでは500円でおちょこ5杯分の利き酒をすることができます。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

ただし、日本酒が美味しいからといってこんなになるまで飲んではいけませんからね(笑)

越後湯沢・水上 2015年10月24日

それでは利き酒のやり方を見ていくことにしましょう。
受付で500円を支払うと、おちょこ一つとコインが5枚手渡されます。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

利き酒コーナーの壁面にはずらりとお酒の自動注入器が並んでいます。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

ここから好きなお酒を選ぶことになります。
まず最初に越後鶴亀を飲んでみましょう。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

おちょこをセットしたら、コインを入れて黄色いボタンを押すだけです。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

すると自動的にお酒をおちょこについでくれます。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

こんな感じで5杯分のお酒を500円で楽しむことができるわけです。
でも、日本酒に詳しくない人はどれを飲んでいいかよくわかりませんよね。
そんな時はこちらの人気ランキングや、タイプ別に分類されたものをご覧になってください。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

日本酒初心者にもわかりやすくまとめられていますよ。
よくわからなければ、ランキング順に飲んでみるのもありでしょうね。

2杯目は越後の甘口。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

3杯目は髙千代と進んでみました。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

英語での簡単な紹介も書かれているので、外国人観光客の方にも優しいですね

日本酒ばかり飲んでいると飽きてしまいますので、お塩も試食してみましょう。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

利き酒利用者は無料でお塩の試食もできます。
90種類も用意されているので、塩をなめながら日本酒を飲むことができます。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

4杯目はみのり酒です。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

こちらは素直に飲むのではなく、セルフお燗システムを利用してみることにします。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

やり方は簡単です。
おちょこを平たいお玉のようなものに乗せてお湯につけるだけ。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

これで2,3分放置すれば熱燗で飲むことできるわけです。
これから寒い季節にはいいサービスですね。

ラストの5杯目は越の梅酒。

越後湯沢・水上 2015年10月24日

5種類のお酒を飲んでみましたが、個人的には1杯目の鶴亀が一番美味しかったかな。
とは言うものの、お酒の味がちゃんとわかっているわけではなく、直感的に感じたものですので、皆さんはぜひご自分の一番好きなお酒を探してみてください。

利き酒の越乃室についての詳細はこちらからどうぞ。
利き酒 越乃室|新潟・越後湯沢駅・日本酒・土産・観光・ぽんしゅ館越後湯沢店

次回は同じぽんしゅ館内ある糀カフェを紹介します。
続く。

新潟・群馬紅葉紀行 2015
上越新幹線の2階席に乗って紅葉が待っている新潟県の越後湯沢へ!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その1
越後湯沢駅から徒歩数分、紅葉真っ盛りの景色を湯沢高原ロープウェイから眺めてみた!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その2
紅葉、コキア、コスモスなどの湯沢高原で見る秋の景色『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その3
越後湯沢でのランチは人参亭での絶品とんかつに決まり!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その4
越後湯沢駅構内のぽんしゅ館で500円で5杯の日本酒の利き酒をやってみた!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その5←今ここ
【カフェ】糀って美味しい!越後湯沢駅構内の糀カフェで飲んだ糀ラテきなこが意外なほど美味だった話『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その6
越後湯沢から水上までを走るゆめぞらループ号の車内で、天井で繰り広げられる星空などの幻想的な映像美を堪能した!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その7
ゆめぞらループ号での楽しみはトレインシアターだけでなく、土合駅の駅舎見学と湯檜曽ループにもあり!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その8
水上高原ホテル200の部屋の大きな窓から見える紅葉と夕暮れの景色が最高だった!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その9
水上高原ホテル200のメニュー豊富なバイキング形式の夕食『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その10
水上高原ホテル200の11階にあるレストラン谷川で山々の絶景を眺めながら食べるバイキング形式の朝食『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その11
水上高原ホテル200横にある森の散歩道で秋色景色の中をプチ散策してみた!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その12
水上駅前の食事処ちゃこで群馬名物のおっきりこみうどんを食べてみた!『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その13
強風と寒さの中、谷川岳の紅葉を眺めて旅が終わる『新潟・群馬紅葉紀行 2015』 その14(最終回)

写真はNikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED で撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム