【PR】SONYの新しいスマートフォン Xperia Z5の高性能さにびっくり!仙台開催の「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングレポート #Xperiaアンバサダー


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

【PR】この記事は、Xperia(TM)アンバサダーミーティングレポーター企画です。

仙台で開催された「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングにイベントレポーターとして参加してきました。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

そもそもXperiaって何?って話からですよね。
Xperiaとはソニーモバイルコミュニケーションズから発売されているスマートフォン(スマホ)です。
実は僕自身Xperiaを使ったことはなかったのですが、家族が使っているということもあり、ずっと興味は持っていました。
その高性能ぶりになかなかいい機種だなと思っていましたが、自分で購入しようというところまでには至りませんでした。
今回、このXperiaアンバサダープログラムに参加したことで、Xperiaがどんなものであるのかしっかりと勉強してみようと思います。

さて、ソニーのXperiaはスマホ黎明期から発売されてきている伝統ある機種で、現行のZシリーズが出てからはこの度発売されたZ5で6モデル目となるそうです。
ちなみに、Zという機種名はフラッグシップモデルにつくものなのだそうですよ。
今回はZ5 Premium、Z5、Z5 Compactの3機種が発売されました。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

Sponsored Link

今回のイベントでは新しいXperiaについての説明と、タッチアンドトライコーナーで自由に端末を触ることができました。
それでは、AndroidスマートフォンでシェアNo.1というXperiaの特徴をまとめていくことにしましょう。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

・デザイン

Xperia Z5シリーズの特徴は何といっても背面でしょう。
特に上位機種であるXperia Z5 Premiumはこの仕上がりです。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

色はクロムシルバーとブラックで、シルバーはまるで鏡です。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

これ、スマホの背面ですよ。
こんなに映っちゃっていいの?って心配になるくらいの完全な鏡ですが、この美しさには惚れ惚れしちゃいます。
黒も光沢があって高級感に満ちあふれていて、どちらの色もフラッグシップ機にふさわしい圧倒的存在感があります。

Z5の背面の色は白、黒、グリーン、ゴールドの4色で、奇抜な色合いを狙うのではなく、生活の中で違和感が出ないようにデザインしたそうです。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

Z5 Compactは白、黒、コーラル、イエローの4色です。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

ポップな印象のコーラル、イエローには存在感がありますね。
僕はこのうちのコーラルが結構好き。

このZ5の3モデルとも背面はフロストガラスというものです。
極限まで磨き上げられて、ここまで拡大しないとでこぼこがわからないくらいです。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

この職人的技によって、美しい見た目が完成されるわけですね。

・カメラ

僕は普段から写真撮影をよくするので、スマホに求める最大のポイントはカメラです。
残念な写真しか撮れないような機種も中には存在しますが、このZ5シリーズは果たしてどうでしょうか?

Z5のセンサーサイズは1/2.3へと大型化されています。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

アウトカメラの有効画素数は4:3のサイズで約2300万画素。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

インカメラだと4:3で約500万画素になります。

画角では、カメラのワイド端は24mmとなり、これまでの25mmからちょっとだけ広くなりました。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

さらに、オートフォーカスの機能が圧倒的に優秀になったそうなのですよ。
ピントが合うまでの時間が約0.03秒。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

これは何と世界最速!
一眼レフカメラと比べてもその速さは負けない自信があるとXperiaに搭載されているカメラの開発担当の方が語っていました。
実際に操作してみると、この速さはびっくりするほどのもので、本当にあっという間にピントが合ってしまいます。

また、スマホでズーム撮影すると粗い写真になることが多いですが、Xperia Z5では5倍ズームでもクリアな写真になるように調整されているそうです。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

写真については、また後日実際にXperia Z5でどんな写真が具体的に撮れるのかレポートしていきます(後ほど述べますが、Xperia Z5を3週間モニターさせてもらうことになりました)。

カメラ機能のまとめとしましては、ぱっとスマホを出してちゃっと撮ってもきれいな写真に仕上がるようになっているということで、これは期待大ですよ。

・オーディオ

ソニーと言えば「音がいい」というイメージがありましたが、Xperia Z5ではさらに音の進化があったようです。
最近はやりのハイレゾとデジタルノイズキャンセリングを両立させることで、さらにクリアなサウンドが楽しめるそうですよ。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

ヘッドフォンを端末に装着した時に、ヘッドホンの特性を自動的に分析して最適な音を再生するという機能も入りました。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

また、ヘッドフォンがなくても、フロントステレオスピーカーが搭載されたので、端末本体のみでもいい音が楽しめます。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

・ディスプレイ

SONYの液晶テレビのブラビアよりも輝度が高めになっているので、画面がとてもきれいです。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

屋外でもつぶれやすい黒がくっきりと見え、また低反射の画面でもあるので微妙なニュアンスの色も描き出すことが可能になったそうです。
スマホは室内だけでなく、明るい屋外でも使うシーンが多いので、これは嬉しい性能ですね。

Z5 Premium限定ではありますが、4Kが導入されています。
普通に4K動画を再生するだけでなく、低解像度の動画などをアップスケーリングすることで4K再生することができたり、端末で撮影した4K動画から一コマを切り出すこともできます。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

それでも約829万画素あるのですから、写真を撮ろうとして一瞬を逃してしまうよりも、動画から写真を切り出すほうが効率が良くなるかもしれませんね。

タッチアンドトライコーナーでは実際に4K動画の体験もできました。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

この箱の前面にZ5 Premiumを装着できる溝があって、箱の中から画面を見ることができるようになっています。
僕も体験してみましたが、これが驚くほどきれいな動画なのですよ。
4K動画の美しさは初めての体験だったので、Premiumを持っていたら毎日4K動画を見れちゃうんだなと惚れ惚れとしちゃいました。

・スタミナモード

スマホで気になるのは電池の持ちです。
Xperia Z5にはスタミナモードというモードがあります(デフォルトではオフ)。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

スマホはスリープ状態でも様々な通信をしているものですが、バックグラウンドで通信する必要のないアプリをオフにすることができるそうです。
これで実使用時間が延びるというわけですね。
充電切れになりやすいスマホはモバイルバッテリーとペアで持ち歩かなくちゃいけないけど、Z5 Premiumのバッテリー容量は3430mAh、Z5は2900mAh、Compactは2700mAhと十分にありますが、さらにこのスタミナモードを使えば心強いですね。

・指紋認証

Xperia Z5から指紋認証が導入されました。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

電源ボタンにセンサーが搭載されていて、最大5本の指まで登録できるそうです。
この指紋認証に慣れてしまうと、暗証番号を入れたりして起動するのが本当に面倒になりますよ。

・Xperia × アスキー

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

ソニーだけの企画ではなく、アスキーとのコラボレーション企画もあるそうです。
その企画のテーマはこの2つです。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

1)Xperia移行ワザ

内容としては「Xperiaに乗り換えるべき理由」ということで、他のスマートフォンからXperiaに乗り換えるとどんないいことがあるのかということになりますかね。

2)Xperiaフォトコン

Xperiaでこんなにいい写真が撮れた!って時にブログに掲載するのがテーマとなります。
こっちの方が気楽に参加できそうです。
お題としては「私のクリスマス&お正月」になります。

応募方法は次の通りです。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

ブログ記事を書いて、#Xperia移行ワザ、または、#Xperiaフォトコン のタグをつけて、twitterなどのSNSに投稿するだけ。
その他の特別な手順はありません。
自分のSNSを非公開にしていたらアスキー編集部がタグを拾うことはできないので、必ず公開状態にしてくださいね。

応募期間は次になります。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング at 仙台

移行ワザは12月3日(木)から23日(水)までで、フォトコンは12月24日(木)から来年の1月7日(木)までです。
フォトコンは12月24日からスタートということになっていますが、それ以前から投稿してもらってもOKだそうですよ。

・モニタープログラム

今回のイベントの最初に、参加者の一人ひとりにXperia Z5が渡されました。
3週間自由に使っていいとのことなので、僕はカメラ機能を中心に見ていこうと思います。
ただし、お借りしたのは試作機ということなので、実際に販売されている製品版とは異なる可能性があります。
まだモニターし始めて数日しか経っていませんが、なかなかいい感じの写真が撮れていますのでレポートをぜひお楽しみにしていてください。

・まとめ

今回のイベントに参加してみて、新しいXperiaの驚くべき高性能ぶりに圧倒されました。
確実に僕にとっての新機種候補に入っています。
3週間でたぶん大きく新規導入の方向に傾くのだろうなって思っています。

Xperia Z5シリーズはキャリアによって販売されている機種が異なります。

ドコモ
Z5 Premium
Z5
Z5 Compact

ソフトバンク
Z5

au
Z5

Xperiaアンバサダーのブログ記事などはこちらにまとめられています。
ユーザー目線の記事をぜひご確認ください。
Xperia™アンバサダーサロン|ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperiaユーザーの動画CM「だから私は、Xperia。」もなかなかおもしろいですよ。
Xperia FILE|Sony Mobile Communications

Xperiaアンバサダーサロン公式ツイッターアカウントもぜひフォローしてください。
https://twitter.com/Xperia_ Salon

ソニーモバイルコミュニケーションズについての詳細は公式ウェブサイトからどうぞ。
ソニーモバイルコミュニケーションズ|Sony Mobile Communications

上記リンクもぜひチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム