パナソニックの美ルックというLEDライトが料理や人の肌の色をより美しく見せてくれることに衝撃を受けた「すむすむアンバサダー」限定イベントに参加してきた #すむすむ


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

横浜にあるパナソニック リビング ショウルームにて開催された「すむすむ アンバサダー」限定イベントに参加してきました。
イベントのテーマは「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」ということで、照明についての勉強をしてきました。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

家や飲食店内で料理の写真を撮ると「うーん」っていう時が結構あります。
写真を撮らなくても、自分の目で見た印象でもちょっと違うなということもよくあります。
これって、実は照明が関係していた問題だったということを今回学んできました。

最近照明はLEDがほとんどになってきていますが、従来のLEDライトは黄色の成分が強いのだそうです。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

Sponsored Link

LED(人工光)のグラフを見ると、確かに黄色がとても強く出ています。
光は黄緑が強いと明るく感じて、青・赤になると暗く感じるのだそうです。
黄色が強いというのは人の視覚にとって効率がいいということですね。
しかし、これでは料理に黄色みが出てしまい、美味しそうに見えません。
写真に撮っても、何か変な色だなと感じるのはこのLEDの影響ですね。

そこで登場するのがパナソニックの住宅用LED照明器具の美ルックです。
美ルックもLEDなのですが、従来製品に比べて黄色を抑えて、赤色成分をより鮮やかに見せるような光になっているのだそうです。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

これによって、物の色を鮮やかに見せ、さらに人の肌の色も美しく見せてくれるということなのですよ。
この美ルックを導入することで、部屋の物がきれいに見えるので、日々の暮らしもイキイキとして来るというのが最大のポイントですね。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

でも、このように理論でもって説明されても、実感が得られないので本当に信じていいのかこの時点では甚だ疑問でした。

この後別室に移動して、実際に美ルックを設置したリビングルームで料理を見てみようということになりました。
今回の料理を用意してくれたのは料理研究家のちづかみゆきさんです。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

今回用意されたのはクリスマスニューです。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

赤色を中心とした食材による料理で、テーブルにも赤がたくさん配置されています。
あ、写真はオートホワイトバランスで撮影していて、いっさいの調整はしていないものです。
それでは、美ルックと従来のLEDとではどれだけ見た目が異なるのかを実験してみましょう。
まずは美ルックから。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

次は従来のLED。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

この2つの光量は全く一緒だそうです。
撮影の設定もf/2.8、SS=1/100、ISO1000で同一のものです。
でも、2つの写真は違いますよね。
従来のLEDの方(下の写真)がちょっと黄色っぽくて、料理がくすんで見えます。
美ルックの方は赤が鮮やかで美味しそうに感じます。
これは写真だからではなく、実際に自分の目で見て受けた印象も同じでした。

人の肌でも確認してみましょう。
まずは美ルック

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

そして従来のLED。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

やっぱり従来のLEDだと肌がくすんだ感じに見えました。
これは男性の肌よりも女性の肌の方がより顕著に現れる傾向なのだそうですよ。
従来のLEDの下でメイクをすると、ちょっとやり過ぎてしまうことがあるのも、この影響なのでそうです。

次はタペストリーで見てみましょう。
次の2枚はトリミングのみしています。
美ルック

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

次は従来のLED。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

やっぱり違う。
理論だけでなく、実感としてしっかりと体験させてもらいました。
美ルックにはなかなかパワーがありますね。

それでもまだ照明の違いでこれだけ見た目が変わるなんて信じられないと思っている方もいることでしょう。
実はこの美ルックを体感することができる「あかりサロン」がパナソニック リビン ショウルーム 横浜で12月1日(火)から25日(金)までの期間限定でオープンしています。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

予約制のイベントや、予約不要のイベントもあるので、ぜひ横浜へ行く用事がある際には「あかりサロン」にもお立ち寄りください。
あかりの色で見た目も変わるのは結構衝撃的な体験ですよ。
詳細はこちらからどうぞ。
横浜SRあかりサロンチラシ(PDF)

パナソニック リビン ショウルーム 横浜には照明だけではなく、様々な住まいに関する商品の展示も行われています。

すむすむ アンバサダーイベント 「料理も笑顔も、もっと輝く!ダイニングのあかりを体験」

見学のみならば予約なしでもOKですが、予約をするとアドバイザーが説明しながら案内してくれるそうです。
これから家を建てようという人や、リフォームを考えている人は注目ですね。
詳細はこちらからどうぞ。
パナソニック リビング ショウルーム 横浜 | 住まいと設備の建材 | 個人のお客様 | Panasonic

今回のようなイベントに参加することができる「すむすむアンバサダー」も募集中です。
すむすむ アンバサダー大募集!|すむすむ|Panasonic
「暮らし」に興味がある方はぜひ登録してみてください。

また、パナソニックの住まいと暮らし方に関する情報が満載の「すむすむ」も要チェックですよ。
パナソニックの住まい・くらし方情報「すむすむ」 | Panasonic

僕は今回のイベントで美ルックに興味津々なので、家の灯りをごっそり変えてしまおうかなんて考えているところです。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム