滝の湯、大湯、松葉の湯 熱い熱い温泉が特徴の野沢温泉外湯めぐり(前編) 『信州野沢温泉への旅』 その6


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

12月5日。
長野県の野沢温泉に行ってきました。
野沢温泉には観光客でも利用することができる外湯(共同浴場)が全部で13ヶ所あります。
この旅ではその全てに入ることを目的としました。
しかし、13ヶ所も温泉に入るのはかなり大変でしたよ。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

それでは、入った順番で13の外湯を紹介していくことにしましょう。
野沢温泉の旅館への宿泊者ならば、全て無料で入浴することができます。
宿泊者以外はお賽銭箱が用意されているので、そこに気持ちを入れるそうですよ。

今回宿泊した奈良屋旅館で浴衣に着替えてから下駄をカランコロン鳴らして歩いていきます。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

Sponsored Link

まず最初に向かったのは滝の湯です。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

これが野沢温泉外湯の基本形ですね。
正面に入り口が2つあって、男湯と女湯に分かれています。
中に入ると脱衣所と湯船が隣接していて、いかにも温泉場の公衆浴場という雰囲気がたっぷりとしています。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

湯船から脱衣場が丸見えなのであんまりセキュリティの心配はしなくてもいいでしょうが、どうしても気になる方には貴重品ロッカーもあります。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

100円玉はちゃんと返ってくるので安心してください。

それでは温泉に入りましょうかね。
風呂桶はケロリンです。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

温泉はここから湯船に注がれています。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

野沢温泉はかなり熱いということを聞いていたので覚悟はしていたのですが、意外にこの滝の湯はすんなりと入ることができちゃいました。
これで湯もみをしなくても済みましたよ。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

温泉につかりながら頭上を見上げてみると、かなり天井が高いことに気が付きます。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

外光が入り込んできて、光の線ができるのに目を奪われました。
ちなみに泉質は単純硫黄泉です。

2番目は大湯です。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

野沢温泉の観光パンフレットに掲載されているのはたいていこの大湯ですね。
温泉街の中心で、目の前の通りも常に人がたくさん歩いているという目立つ場所に入ります。
中に入ってみましょう。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

意外なことに他に誰もお客さんがいませんでした。
なので、ゆったり貸しきり気分を味わってみます。
湯船は2つあります。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

文字通り無茶苦茶熱いです。
入れないくらいの熱さなので、こちらは諦めました。

そしてこちらはぬる湯。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

こちらには何とか入ることができました。
熱いですけどね。
後でわかったことですが、この大湯は地元の人も熱くて入りに来ないそうです。
泉質はここも単純硫黄泉です。

3ヶ所目は松葉の湯です。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

昔はここに矢場があったそうですよ。
中に入ってみると、嫌な予感をさせるこんな貼り紙がありました。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

赤字で「やけどには十分気をつけてください」などと書かれていています。
それでは入ってみましょうかね。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

かけ湯をしてみると、熱い!
ケロリンの風呂桶に温泉をすくって、そこに水を2秒位足さないと体にかけられないくらいの熱さです。
この小さな風呂桶に2秒水を追加ですよ。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

水を足して何回かかけ湯をするだけにして、湯船に入ることは断念しました。
まあ、かけ湯ができただけでも合格としましょう。
こちらも泉質は単純硫黄泉です。

今回は13の外湯のうち3つを紹介しました。
次回も外湯めぐりは続きます。

信州野沢温泉への旅
北陸新幹線の飯山駅構内にある飯山駅観光交流センターは無料Wi-Fiもあるし、観光情報を収集するには最適な場所ですよ 『信州野沢温泉への旅』 その1
野沢温泉では集印めぐりをして岡本太郎による「湯」が書かれたタオルをゲットしよう! 『信州野沢温泉への旅』 その2
野沢温泉ではぜひこれを食べてほしい!新屋の絶品やきとり丼が最高に美味しかった 『信州野沢温泉への旅』 その3
坂道、ネコ、冬支度、夕暮れ風景 野沢温泉の温泉街をぶらぶら散歩して出会った素敵な景色 『信州野沢温泉への旅』 その4
野沢温泉で地元の人しか利用することができない麻釜熱湯湧泉と洗濯場を見学してみる 『信州野沢温泉への旅』 その5
滝の湯、大湯、松葉の湯 熱い熱い温泉が特徴の野沢温泉外湯めぐり(前編) 『信州野沢温泉への旅』 その6←今ここ
十王堂の湯、秋葉の湯、中尾の湯、新田の湯、横落の湯 熱い熱い温泉が特徴の野沢温泉外湯めぐり(中編) 『信州野沢温泉への旅』 その7
河原湯、麻釜の湯、真湯、熊の手洗湯、上寺湯 熱い熱い温泉が特徴の野沢温泉外湯めぐり(後編) 『信州野沢温泉への旅』 その8
自分で作る温泉たまごが美味!野沢温泉の外湯めぐりでは温泉たまごは必須ですよ! 『信州野沢温泉への旅』 その9
築100年奈良屋旅館に宿泊 ピッカピカの廊下とちょうどいい湯温の温泉におもてなしの心を感じる 『信州野沢温泉への旅』 その10
野沢温泉の奈良屋旅館での夕食は牛ステーキが最高に美味しかった! 『信州野沢温泉への旅』 その11
焼き鮭に日本の朝ごはんらしさを感じさせられる奈良屋旅館での朝食 『信州野沢温泉への旅』 その12
飯山の町で探検気分 コマ図という地図を見ながら高橋まゆみ人形館に行こう! 『信州野沢温泉への旅』 その13
飯山の地産地消のお店 雪と寺の町のDining 六兵衛でみゆき豚のポークステーキ丼を食べてみた 『信州野沢温泉への旅』 その14(最終回)

写真はSONY Cyber-shot RX100で撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム