Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5をNikon D610につけて浅草を撮影してみた!20mmの広い画角が最高に気持ちいい!


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

広角レンズで写真を撮りたい!
いつしかそんなことを思うようになりました。

僕は街撮りの時は58mmか35mmの単焦点レンズを使うことが多いのですが、もっと広い画角で撮ってみたくなりました。
でも広角単焦点レンズって高いんですよね。
そこで、比較的お値段が手頃なマニュアルレンズに目を向けることにしました。
これまでVoigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLII N Ai-Sを使っていたので、多少マニュアルレンズには慣れてきています。
そんな時に目をつけたのは同じフォクトレンダーのCOLOR-SKOPER 20mm F3.5です。
先日それを思い切って購入しちゃいました。
Nikon D610に取り付けてみました。

Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Aspherical

レンズが薄くて、でっぱりを気にしないでカメラを持ち歩けます。

レンズのスペックは以下のものです。

焦点距離/ 20mm
口径比/ 1:3.5
最小絞り/ F22
レンズ構成/ 6群9枚
画角/ 94°
絞り羽根枚数/ 9枚
最短撮影距離/0.2m
最大撮影倍率/ 1:6.1
最大径×全長/ φ63.6×28.8mm(Ai-S)
フィルターサイズ/ φ52mm
重量/ 202g(Ai-S)
COLOR SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Aspherical/COSINAより

開放F値は3.5とちょっと暗めかなと思いましたが、20mmの広い画角が4万円以下だったので、これを逃すと買いそびれちゃうかなと思ってポチッとしちゃいました。

それではこの20mm単焦点レンズでどんな写真が撮れるか作例を見ていただきましょうかね(作例と言うにはおこがましいのではありますが)。
ちなみにマニュアルレンズなのでオートフォーカスはききません。
自分でピントリングを回してピントを合わせています。
撮影場所は浅草の仲見世通りから浅草寺にかけてです。
まずは雷門。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

Sponsored Link

広い画角があるので大きな門も余裕で画面内におさまります。
雷門をくぐって仲見世通りへ。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

この奥行き感の出方が結構好きです。
商店街がどこまでも続くかのような錯覚を感じます。

近くのものを撮るとさらにパースがつきますね。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

お店とお店の間の路地もやたらと長く感じます。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

狭い場所でも広く捉えることができるので、ここがいったいどんな場所なのかがわかるように撮れます。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

仲見世通りは小さな商店がずらりと並んでいます。
20mmレンズならば、道の端から向かいの商店の並びも撮れちゃいます。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

大きな宝蔵門が見えてきました。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

宝蔵門に到着。
20mmならこんなに余裕です。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

隣りにある五重塔と同一画面に入れることもできちゃいますよ。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

井戸マニアとしては宝蔵門の横にある井戸ポンプは見逃せません。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

太陽を画面内に入れるという意地悪な撮り方もしてみましょう。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

浅草寺といえばおみくじに凶がいっぱい入っていることでも有名ですね。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

僕も何度か引いたことはありますが、凶しか出たことがありません(笑)

浅草寺には外国からの観光客もたくさん訪れます。
日本人とは異なるやり方でお参りしていました。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

菊の花を真上から撮ってみます。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

これは開放のF3.5ですね。
紅梅も同じくF3.5です。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

今度は仲見世通りを通って雷門方面に戻ります。
斜光線によっていい感じの表現になりました。

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

一人浅草フォトウォーク Nikon D610 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm

20mmレンズで撮影した世界はいかがだったでしょうか。
これまでとくとみぶろぐで紹介してきた写真とはちょっと違う雰囲気のものになっているのではないでしょうか。
実は既に何枚か20mmレンズで撮った写真も発表してきてはいたのですが、気がついていた方もいるかもしれませんね。

20mmという広い画角では構図に苦労します。
なにせ余計なものまで写っちゃうのですよね。
でも、そこはほぼ無視して直感的にレンズを向けてバシバシ撮ってみたら、意外に「いいんじゃないの」って写真も撮れました。
35mmや58mmのレンズのように狙って撮るよりも、思い切り良く撮ることによって、より自然な街の表情が撮れるとも感じました。

広角レンズでの撮影に興味を持った方は、ぜひ20mmのレンズをチェックしてみてくださいね。
僕が使ったレンズはこちらです。

《新品》 Voigtlander(フォクトレンダー) COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Aspherical(ニコンF用)【在庫限り(生産完了品)】[ Lens | 交換レンズ ]〔レンズフード別売〕
by カエレバ

 

マニュアルレンズではなくオートフォーカスのレンズがいいという方にはこちらの商品もあります。

《新品》 Nikon(ニコン) AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED[ Lens | 交換レンズ ]※お一人様1点限り
by カエレバ

 

《新品》 SIGMA(シグマ) A 20mm F1.4 DG HSM(ニコン用)[ Lens | 交換レンズ ]
by カエレバ

 

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム