東京タワーの地上150mのところにある大展望台へは歩いて行こう!そこでは東京の街を360度俯瞰する大パノラマが待っている!


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

東京スカイツリーができて、東京のタワーといえばスカイツリーという感じにはなってきましたが、やっぱり東京タワーを忘れてはいけません。
あの赤い鉄骨で組み上げられたタワーは色褪せることはありません。

東京タワー 2016年2月7日

先日、この東京タワーに久々に上ってきましたのでそのレポートをしようと思います。
しかも、歩きで上ったのですよ。

東京タワーの1階に展望台へのチケット売り場があります。
そこでチケットを買おうと並び始めようとした時にこんな案内板が目に入りました。

東京タワー 2016年2月7日

Sponsored Link

東京タワーを歩いてのぼる!
約600段の階段で、12~13分程で上れちゃうというのですから、チャレンジしてみましょうかね。
まずは何はともあれ大展望台のチケットを購入します。

東京タワー 2016年2月7日

大人、900円ですね。
次に北側のフットタウンビルの屋上へと向かいます。

東京タワー 2016年2月7日

屋上に出ると、タワーのほぼ中心部の真下から上を見上げることができました。

東京タワー 2016年2月7日

見てください、この造形美。
しばしの間美しい鉄骨を見た後は、徒歩での登り口に向かいましょう。
こんな絵での案内が出ているので、外国人観光客にもわかりやすいですね。

東京タワー 2016年2月7日

こちらが階段のスタート地点です。

東京タワー 2016年2月7日

ここでチケットを係の人に見せてから上り始めます。
階段は上り階段と下り階段が別になっているので、歩きやすい構造になっています。

東京タワー 2016年2月7日

向かって左が上り、右が下りです。
階段は金網に囲まれてはいますが、オープンエアーなので周囲の景色はよく見えます。

東京タワー 2016年2月7日

中央付近に写っているのは増上寺です。
ただ上っているだけでなく、踊り場ではこんな案内板が出て励ましてもくれます。

東京タワー 2016年2月7日

上り始めて333段目。

東京タワー 2016年2月7日

ほぼ中間地点です。

そして上り始めて約10分。
ついに大展望台に到着しました。
写真を撮りながらだったことを差し引くと、真剣に歩くことだけを考えれば健康な成人男性だったら8分くらいでゴールできるかもしれません。
ただ、最後はかなり太ももが張っていましたけどね。

大展望台は地上150mのところにあります。
今では150mと聞いてもあんなまり高くはないんじゃないかと感じますが、こんなに眺望が開けるのですよ。

東京タワー 2016年2月7日

こちらは六本木方面ですね。
太陽はこの方向に沈みます。

次は増上寺を見下ろします。

東京タワー 2016年2月7日

ビル街の中で、増上寺はこんなに広い敷地があるのですね。
遠くにレインボーブリッジも見えますよ。

次は北東の方角です。

東京タワー 2016年2月7日

地味な眺めではありますが、実はよく見ると右側に東京タワー自身の影ができています。

景色を眺めながらぐるっと一周してみました。
次は大展望台内部の様子を見てみましょう。
床にはこんなものがあります。

東京タワー 2016年2月7日

この床は透明な板になっているので、ここに立つとまるで空中を浮いているかのような感覚になります。

東京タワー 2016年2月7日

お、神社もありますね。

東京タワー 2016年2月7日

軟式ボールも展示されていました。

東京タワー 2016年2月7日

このボールは東京タワーのほぼてっぺんの部分に隠されていたものです。
建設当時の職人さんが何かの記念に隠し入れたのかもしれません。
それが平成24年7月10日に発見されたということで、以来、ここで展示されています。

歩きまわって疲れたら、カフェもありますので飲み物などで休憩することもできます。

東京タワー 2016年2月7日

イベントスペースもあって、この日はライブが行われていました。

東京タワー 2016年2月7日

景色を眺めるだけでなく、その他の楽しみも大展望台にはちゃんと用意されているのですね。

そろそろ帰る時間が近くなってきました。
最後に西の空を見て大展望台から下りることにします。

東京タワー 2016年2月7日

すごい空!
すごい雲!
苦労して約600段の階段を上った苦労がこの景色で報われました。

帰りももちろん階段を下りて行きます。

東京タワー 2016年2月7日

疲れていたらエレベーターを利用しましょう。

最後に東京タワーを見上げてみます。

東京タワー 2016年2月7日

建物の中央付近にある四角い部分が今回行った大展望台です。
さらに上の方に丸い部分があるのがわかりますかね。
そこが特別展望台です。
特別展望台に行くには大展望台の900円にプラスして700円かかります。
合計で1600円ということですね。
特別展望台は250mのところにあるので、今回の大展望台とはちょっと違う眺めになるかもしれません(実は僕は行ったことがない)。
今度東京タワーに行く機会があったら、そちらにも行ってみようと思います。

今回紹介したように大展望台には徒歩で行くことができます。
高くなるにつれて少しずつ変化していく東京の景色はなかなか楽しいですよ。
歩きに自信がある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

東京タワーについての詳細はこちらから。
東京タワー TokyoTower オフィシャルホームページ

写真はNikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED及びVoigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Asphericalで撮影し、市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム