川越の魅力は蔵造りの町並みだけじゃない!丸広百貨店の屋上にあるわんぱくランドでミニ観覧車に乗ろう! #αアンバサダーモニター


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

この記事はαアンバサダープログラムのモニター企画でα6000(ILCE-6000L)を借りて撮影した写真で構成されています。

埼玉県川越市の街並みが好きでよく遊びに行っているとくとみ(@tokutomi)です。
2月の初めにモニターさせていただいているSONYのα6000と標準ズームレンズのセットを持って川越に行ってきました。
そんな川越で僕が大好きなスポットを今日は紹介します。
それは、丸広百貨店の屋上にある観覧車です。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

丸広百貨店は川越のクレアモールという商店街の中にあるデパートです。
広の文字が丸囲いになっているのが目印です。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

Sponsored Link

この丸広の本館7階にわんぱくランドという屋上遊園地があります。
そこにミニ観覧車があるわけです。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

ゴンドラがたったの8個しかない小さな小さな観覧車です。
お台場などの大きな観覧車に比べると本当に規模が小さいですよね。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

それでは観覧車に乗ってみましょう。
遊園地の乗り物は全て自動券売機でチケットを買う仕組みになっています。
観覧車は「わんぱくホイール」という名称です。
一人300円ですね。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

料金に大人、子供の違いはありませんでした。
購入したチケットがこちらです。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

このチケットを係の人に手渡して観覧車に乗ることができます。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

ゴンドラに乗り込み、観覧車が動き始めると次第に眺めがよくなってきます。
丸広の大看板と同じくらいの高さに上って行きますよ。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

ゴンドラは窓ガラスがなく、金網のオープンエアー形式なので、ちょっと視界が遮られる感はありますが、写真撮影したいならば金網の隙間にレンズがくるように調整すればいいでしょう。
こんな感じで川越の町並みを俯瞰することができちゃいます。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

こちらの瞬間が高さのピークの時ですね。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

この時ばかりは他のゴンドラの中までよく見えるようになります。

乗車時間は3、4分で終了です。
結構あっけないですね。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

たった8個しかないゴンドラのミニ観覧車なので、このわずかな時間を楽しむようにしてください。
それでもまだ満足しきれなかったら、もう一周乗っちゃいましょう。

ちなみに、ゴンドラの中で自撮りをすると檻の中にいる動物のようになっちゃいますよ(笑)

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

このわんぱくランドには他にも乗り物がたくさんあります。

SONY α6000で一人川越フォトウォーク

どれも子供用ではありますが、たぶん大人が乗っても大丈夫(笑)

小江戸と言われる川越に行ったら、蔵造りの町並みを歩くだけでなく、ぜひこの丸広のミニ観覧車にも乗ってみてくださいね。

丸広百貨店のわんぱくランドについての詳細はこちらからどうぞ。
丸広百貨店わんぱくランド | ナムコ 「夢・遊び・感動」を。

わんぱくランドの営業時間は10:00から17:00までですよ。

場所はここらへんです。

※この記事は丸広百貨店とわんぱくランドを運営しているナムコに許諾を得て写真の掲載をしています。

撮影機材は以下のものです。

ソニー α6000 パワーズームレンズキット ブラック
by カエレバ

 

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム