佐貫から竜ヶ崎までの4.5kmのショートトリップ 関東鉄道竜ヶ崎線乗車記 『春の青春18きっぷの旅 龍ケ崎路地裏散歩編』 その1


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

3月8日。
春の青春18きっぷを使って茨城県の佐貫に行ってきました。
目的は佐貫から竜ヶ崎を結ぶ関東鉄道竜ヶ崎線に乗車することです。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

竜ヶ崎線は佐貫、入地、竜ヶ崎の3駅しかない4.5kmの短い路線です。
電化されていないので、ディーゼルカーがゴトゴトと走っています。
竜ヶ崎線に乗るには常磐線の佐貫駅で乗り換えることになります。
JRの駅を出ると竜ヶ崎線ののりば案内が見えてきます。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

Sponsored Link

こんなところに本当に駅があるの?と不安になりますが、案内に従って突き進みましょう。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

ようやく竜ヶ崎線の乗り場に到着です。
改札口は自動改札です。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

自動改札なので、Suicaを持っている人は特にきっぷを買う必要はありません。
ただ、竜ヶ崎線はJRではないので青春18きっぷは使えませんのでご注意を。

料金を見てみると、佐貫から終点の竜ヶ崎までが220円ですね。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

中間の入地駅までは150円です。

次の列車まで時間があったので、駅構内にある竜ヶ崎線の歴史を読んでみました。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

SLが走っていた時代の写真も展示されていますね。
昭和43年でSLは廃止されたそうなので、僕が生まれる前のお話です。

さてさて、竜ヶ崎方面からの列車がやって来ました。
1両のディーゼルカーです。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

車体の横には龍ケ崎市のマスコットキャラクターであるまいりゅうが描かれています。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

車内にもまいりゅうはいます。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

この竜ヶ崎線の車両の一部にはこんな案内が出ています。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

実は自転車をそのまま車内に持ち込むことができるサイクルトレインが実施されているのです。
竜ヶ崎発9:19~佐貫発15:30までの列車という時間の制限がありますので、きっと学生さんの利用が多いのでしょうね。
この日は残念ながら自転車を持ち込む様子は見られませんでした。

それでは出発です。
佐貫駅を出ると両側に住宅が並ぶ中を進んでいきます。
梅の花が沿線に咲いている様子も見ることができました。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

住宅街を抜けるとこんな広々とした場所に出ます。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

長閑という言葉がぴったりな景色がしばらく続き、唯一の中間駅である入地駅に到着します。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

入地駅を出てわりとすぐのところで、進行方向左側に井戸ポンプがありますので、井戸マニアの方は必見です。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

そして終点の竜ヶ崎駅に到着です。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

竜ヶ崎駅はかなりレトロなので駅を撮るのも楽しいですよ。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

こちらが駅舎入り口です。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

ちょっと薄暗い駅構内が雰囲気があります。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

改札口も懐かしい感じではありますが、自動改札はちゃんと設置されていますね。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

駅舎内には店舗貸出スペースもあるようでが、今は空きスペースになっていました。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

今度は帰り道の紹介です。
こちらの自動改札にSuicaをタッチして入りましょう。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

今回乗り込むのも先ほどと同じ1両のディーゼルカーです。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

佐貫駅を到着して、改札を出ると、今度は「ありがとうございました」の看板が出てきます。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

こういう一言があると「また乗ろう」という気持ちにさせてくれますね。
佐貫から竜ヶ崎までの乗車時間はたったの7分です。
青春18きっぷで茨城方面に行く時には竜ヶ崎線にちょっと寄り道してみるのも楽しいですよ。

次回は竜ヶ崎駅周辺の散策の様子をお伝えします。
続く。

春の青春18きっぷの旅 龍ケ崎路地裏散歩編
佐貫から竜ヶ崎までの4.5kmのショートトリップ 関東鉄道竜ヶ崎線乗車記 『春の青春18きっぷの旅 龍ケ崎路地裏散歩編』 その1←今ここ
関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅周辺での路地裏散歩 『春の青春18きっぷの旅 龍ケ崎路地裏散歩編』 その2
秘密(?)の路地を抜けた先にある本願寺不動堂 『春の青春18きっぷの旅 龍ケ崎路地裏散歩編』 その3
茨城県の龍ケ崎に行ったら源内のかっぱ最中を食べよう! 『春の青春18きっぷの旅 龍ケ崎路地裏散歩編』 その4
龍ケ崎で見かけた素敵な建物コレクション 『春の青春18きっぷの旅 龍ケ崎路地裏散歩編』 その5(最終回)

写真はNikon D610+Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N AsphericalNikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED及びSIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSMで撮影しました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム