清水港から土肥港まで富士山と青い海を眺めながら駿河湾フェリーに乗船してみた #地域ブログ


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

先日伊豆半島を旅行してきました。
伊豆ドリームパスの黄金路ルートというきっぷを使って、伊豆半島をぐるりと一周してきたわけです。
伊豆半島を旅するならば、清水港から伊東までのフェリー、バス、伊豆急行が利用できて3700円の伊豆ドリームパス黄金路ルートがお得で便利! #地域ブログ

今回はその最初の一歩である清水港から土肥港までの駿河湾フェリーへの乗船レポートをしてきます。

西伊豆の旅 2016年9月2日

フェリーの乗船場所の清水港は東海道本線の清水駅からちょっと距離があります。
歩いて行くには覚悟が必要ですが、ご安心ください。
無料のシャトルバスが運行されています。
清水駅の東口を出てすぐのところに、無料シャトル乗り場があります。

西伊豆の旅 2016年9月2日

Sponsored Link

しかし、フェリーの時間に合わせて設定されているので本数は少ないです。

西伊豆の旅 2016年9月2日

こちらがシャトルバスです。

西伊豆の旅 2016年9月2日

乗車時間は10分なのであっという間ですね。

フェリーターミナルに到着しました。

西伊豆の旅 2016年9月2日

この中で乗船券を購入することができます。窓口の横には富士山が見えるかどうかの案内も出ていますよ。

西伊豆の旅 2016年9月2日

この日は運がよかったのか、富士山を見ることができそうです。
それでは乗船時間となりました。

西伊豆の旅 2016年9月2日

船に入ってまず見えるのが自動車の駐車スペースです。

西伊豆の旅 2016年9月2日

自動車の人もフェリーでショートカットするのですね。
この上の階が客室です。
椅子席や畳席などお好きな場所が選べます。

西伊豆の旅 2016年9月2日

西伊豆の旅 2016年9月2日

西伊豆の旅 2016年9月2日

また、特別室のオーシャンルームも大人500円で利用できるので、ゆったりとした船の時間を過ごしたい人はこちらをどうぞ。

西伊豆の旅 2016年9月2日

フェリー内には売店もあり、おみやげなどの購入もできますよ。

西伊豆の旅 2016年9月2日

西伊豆の旅 2016年9月2日

また、ジャンクフードっぽいものの自動販売機もあります。

西伊豆の旅 2016年9月2日

デッキに出てみましょう。
こちらにはたこ焼き、海鮮品、かき氷などを販売している屋台(?)もあります。

西伊豆の旅 2016年9月2日

せっかくなのでたこ焼きを食べてみました。

西伊豆の旅 2016年9月2日

船内設備の説明はここらへんにして、それでは出港です。

西伊豆の旅 2016年9月2日

この駿河湾フェリーの最大の見所はやはり富士山にあるわけです。
チケット売り場ではこの日は富士山が視認可能と出ていましたがはたしてどうでしょうか。
ぐるりと周囲を見渡してみると・・・

西伊豆の旅 2016年9月2日

見えた!

雲の上にひょっこりと頭を出していますね。
冬の条件のいい日だったらもっと姿がはっきりと見えるのでしょうが、夏でこれならばいい方でしょうね。

ちなみに、この駿河湾フェリーは静岡県の県道223号線に指定されているようです。

西伊豆の旅 2016年9月2日

先ほど見たように船の中にはたくさんの自動車がいましたからね。
まさに海の道です。

駿河湾は本当にきれいです。

西伊豆の旅 2016年9月2日

海の青さを実感することができますよね。
しばらくすると伊豆半島が見えてきます。

西伊豆の旅 2016年9月2日

緑が濃いですねえ。
夏は青や緑が鮮やかに見えるのが好きです。

清水港を出港して約1時間で土肥港に到着です。

西伊豆の旅 2016年9月2日

まずは人が下船して、それから車が出てきます。

西伊豆の旅 2016年9月2日

船はしばらくしたら清水港へと折り返していきますのでお見送りしました。

西伊豆の旅 2016年9月2日

清水港から土肥港までは同じ静岡県内での移動ではありますが、綺麗な海と富士山が見える可能性があるなかなかの絶景ルートです。
伊豆半島に遊びに行く時にはこのフェリールートもぜひ検討してみてください。

駿河湾フェリーについての詳細はこちらから。
駿河湾フェリー | エスパルスドリームフェリー

静岡県西伊豆町への旅
平成28年(2016年)9月2日~3日
伊豆半島を旅するならば、清水港から伊東までのフェリー、バス、伊豆急行が利用できて3700円の伊豆ドリームパス黄金路ルートがお得で便利! #地域ブログ
清水港から土肥港まで富士山と青い海を眺めながら駿河湾フェリーに乗船してみた #地域ブログ←今ここ
西伊豆名物の塩鰹を使った「漁師カフェ 堂ヶ島食堂」の塩カツオうどんが美味しい!ところてんの無料食べ放題付きですよ #地域ブログ
堂ヶ島の洞くつめぐり遊覧船に乗って神秘の洞くつである天窓洞は絶対見るべし!この海の色は忘れられないものになりますよ #地域ブログ
堂ヶ島の天窓洞の周りを歩いてみよう!洞くつの中を通る遊覧船の姿も見えちゃいますよ #地域ブログ
静岡県西伊豆町の「漁火の宿 大和丸」の露天風呂付き客室で誰にも邪魔されずに源泉かけ流しの温泉を楽しもう! #地域ブログ
静岡県西伊豆町の「漁火の宿 大和丸」の新鮮なお魚盛りだくさんの夕食と朝食を全て紹介! #地域ブログ
静岡県西伊豆町の宇久須という町を早朝散歩してみた!海の香りがする古い町並みは歩くのが楽しいですよ #地域ブログ
干潮時に海の中に道が現れるトンボロ現象 静岡県西伊豆町堂ヶ島の瀬浜海岸から三四郎島まで歩いて渡ってきた! #地域ブログ
海鮮メニューが充実している静岡県西伊豆町堂ヶ島の漁師蔵レストラン魚季亭(ときてい)でタイのぶっかけ飯を食べてみた! #地域ブログ
前面展望を楽しむことができる特急スーパービュー踊り子の展望席は予約して乗車するべし!

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム