干潮時に海の中に道が現れるトンボロ現象 静岡県西伊豆町堂ヶ島の瀬浜海岸から三四郎島まで歩いて渡ってきた! #地域ブログ


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

静岡県西伊豆町の堂ヶ島では干潮になると海の中に陸地と島を結ぶ道が現れるトンボロ現象が見られます。

西伊豆の旅 2016年9月3日

日本でこのトンボロが見られるのは10箇所あるそうですよ。
トンボロ現象 – Wikipedia

そのうちの1箇所がこの堂ヶ島にありまして、陸地(瀬浜海岸)と三四郎島を結びます。
洞くつめぐり遊覧船とともに観光名所となっております。
いつトンボロ現象が見られるかはこちらが参考になります。
干潮位 潮見表|西伊豆・堂ヶ島「洞くつめぐり遊覧船」-伊豆遊覧船、堂ヶ島マリン、クルーズ 割引 チケット販売

潮位が50cm以下のときにトンボロになって、30cm以下ならば干潮時間の前後1時間半くらいは三四郎島に徒歩で渡ることができるそうです。
堂ヶ島にある飲食店などの施設にはトンボロ現象の潮見表が掲示されているので、それを参考にするのもいいでしょうね。

西伊豆の旅 2016年9月3日

Sponsored Link

僕が訪れたのは9月3日のことで、潮高は37cm、干潮の時間は12:25でした。
このトンボロが見られる瀬浜海岸はバスだと最寄りの停留所が「瀬浜」です。
しかし、堂ヶ島の遊覧船乗り場からも十分歩ける距離ですよ。
今回はここから歩いていきます。

西伊豆の旅 2016年9月3日

この写真は堂ヶ島バス停付近です。
ここから740mですから、歩いても余裕ですね。
国道136号線をしばらく歩いていくと、向こうに三四郎島が見えてきました。

西伊豆の旅 2016年9月3日

まだ歩いている人はいませんが何となくトンボロになってきているのがわかります。
ちょっと急ぎ足で歩いていきましょう。
瀬浜海岸に降りるにはこの案内板が目印です。

西伊豆の旅 2016年9月3日

ちょっとわかりにくいのですが、堂ヶ島温泉ホテルの敷地内に浜に通じる坂道があります。
右側が堂ヶ島温泉ホテルで、この道を降りていきます。

西伊豆の旅 2016年9月3日

すると緑のトンネルに出ますが、不安を感じつつもここは勇気を持って下ってください。

西伊豆の旅 2016年9月3日

するとすぐに瀬浜海岸に到着します。
目の前には三四郎島もありますよ。

西伊豆の旅 2016年9月3日

まだ完全なトンボロにはなってはいませんが、何となく道は見えてきています。

西伊豆の旅 2016年9月3日

既に歩いている人もいますね。
ちょっと離れて横から見てみましょうかね。

西伊豆の旅 2016年9月3日

左が瀬浜海岸で右が三四郎島です。
海の上に岩場が見えてきているのがわかることでしょう。
ちなみに、この瀬浜海岸の海は無茶苦茶きれいです。

西伊豆の旅 2016年9月3日

泳いでいる小魚も見えてしまうくらいでした。
そろそろ干潮時間の12:25ですので、三四郎島へと歩いて行く準備をしましょうかね。
ところが!
いつまで待っても海の中に完全なる道は出現しません。
岩は見えているものの、これでは歩いていくのはかなり大変そうです。

西伊豆の旅 2016年9月3日

もしかしたら潮高37cmだと道は完全には出てこないのかもしれません。
仕方がないので、このままゆっくりと歩いていくことにしました。

西伊豆の旅 2016年9月3日

さすがに海の中の岩場は滑りやすいです。
機材を担いでなので慎重に慎重に一歩づつ進んでいきます。
こんな場所だとどこに足を置いたらいいか迷っちゃいます。

西伊豆の旅 2016年9月3日

後ろを振り返ってみると、だいぶ進んできたことがわかります。

西伊豆の旅 2016年9月3日

向こうの建物が堂ヶ島温泉ホテルです。
トンボロビューの部屋がたくさんありそうですね。

この日は青い空が無茶苦茶気持ちがいい一日でした。
海に足を入れながらこの空を眺められるのは最高に幸せでしたね。

西伊豆の旅 2016年9月3日

ようやく三四郎島に上陸することはできましたが、干潮時間はとっくに過ぎているので急いで戻ることにします。

西伊豆の旅 2016年9月3日

三四郎島から瀬浜海岸まで戻ってきて、もう一度トンボロの方を見てみました。

西伊豆の旅 2016年9月3日

徒歩で渡った人たちはみんな急ぎ足でこちらに歩いてきています。
向こうでのんびりしている人たちは左側に見えるボートで来た人たちです。

来たときと同じように堂ヶ島温泉ホテルの脇を通って国道に出ました。
トンボロを俯瞰できるポイントに出たので最後にもう一度見てみます。

西伊豆の旅 2016年9月3日

もうほとんどトンボロはなくなっていますね。
一日のうちにわずかしか見られない、しかも日によってはトンボロになることもないという貴重なこの現象を目の当たりにできたのはラッキーでした。
しかも三四郎島まで行くこともできましたしね。

これから堂ヶ島に行く予定がある方はぜひこのトンボロの時間も確認してください。
タイミングが合ったらトンボロを体感してみてくださいね。
干潮位 潮見表|西伊豆・堂ヶ島「洞くつめぐり遊覧船」-伊豆遊覧船、堂ヶ島マリン、クルーズ 割引 チケット販売

静岡県西伊豆町への旅
平成28年(2016年)9月2日~3日
伊豆半島を旅するならば、清水港から伊東までのフェリー、バス、伊豆急行が利用できて3700円の伊豆ドリームパス黄金路ルートがお得で便利! #地域ブログ
清水港から土肥港まで富士山と青い海を眺めながら駿河湾フェリーに乗船してみた #地域ブログ
西伊豆名物の塩鰹を使った「漁師カフェ 堂ヶ島食堂」の塩カツオうどんが美味しい!ところてんの無料食べ放題付きですよ #地域ブログ
堂ヶ島の洞くつめぐり遊覧船に乗って神秘の洞くつである天窓洞は絶対見るべし!この海の色は忘れられないものになりますよ #地域ブログ
堂ヶ島の天窓洞の周りを歩いてみよう!洞くつの中を通る遊覧船の姿も見えちゃいますよ #地域ブログ
静岡県西伊豆町の「漁火の宿 大和丸」の露天風呂付き客室で誰にも邪魔されずに源泉かけ流しの温泉を楽しもう! #地域ブログ
静岡県西伊豆町の「漁火の宿 大和丸」の新鮮なお魚盛りだくさんの夕食と朝食を全て紹介! #地域ブログ
静岡県西伊豆町の宇久須という町を早朝散歩してみた!海の香りがする古い町並みは歩くのが楽しいですよ #地域ブログ
干潮時に海の中に道が現れるトンボロ現象 静岡県西伊豆町堂ヶ島の瀬浜海岸から三四郎島まで歩いて渡ってきた! #地域ブログ←今ここ
海鮮メニューが充実している静岡県西伊豆町堂ヶ島の漁師蔵レストラン魚季亭(ときてい)でタイのぶっかけ飯を食べてみた! #地域ブログ
前面展望を楽しむことができる特急スーパービュー踊り子の展望席は予約して乗車するべし!

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム