栃木県の塩原温泉にある徳富蘇峰命名のとってもレトロな明賀屋太古館に宿泊してみた! #地域ブログ


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

栃木県の塩原温泉にあるすごい旅館に宿泊してきました。
この建物の存在感に完全に圧倒されました。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

ここは明賀屋という宿の太古館という建物です。
明賀屋には本館、光風館、太古館と3つの建物があり、全てが渡り廊下で繋がっています。
一番スタンダードなのはやはり本館への宿泊なのでしょうが、今回はあえて古い太古館に泊まることにしました。
その理由は、この建物の名前である太古館の命名者にあります。
大正時代に徳富蘇峰がこの建物に宿泊して、「静かなること太古の如し」と感じたことからここを「太古館」と命名したそうです。
塩原温泉 明賀屋本館 太古館

僕の名前は徳富政樹です。
ご先祖様の徳富蘇峰が命名したのならば宿泊しない訳にはいきませんよね。

ごめんなさい、嘘です。
徳富蘇峰はご先祖様ではありません。
ずっと遡っていけばもしかしたら繋がることもあるかもしれませんが、僕が知る限りでは無関係の方です。
でも同じ名字という親近感はありますので、やっぱり太古館には行くべきでしょう。
というわけで、太古感の外観から見ていきましょう。
見てください、このエントランス。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

Sponsored Link

ここに高級車で乗り付けて、運転士がドアを開けてくれて立派な紳士が中から出てくるなんて妄想をしてしまいます。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

建物を横から見てみると、こんな曲線の窓もあります。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

正面から見てもやっぱり曲線部分はあります。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

外から見ているだけでわくわくしてきてしまいます。

内部を見てみましょう。
メインエントランスの中はこのようになっています。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

残念ながらこのエントランスはお客さん用には現在は使われていないようで、物置になっていました。
1階部分は厨房と会議室になっていたので、2階に行きます。
こんな階段を上っていきますよ。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

2階の廊下です。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

右側にはずらりと襖が並んでいて、そこが大宴会場です。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

僕もここで食事をしてきました。

この2階の廊下の階段の前にはこのような大きな鏡がありました。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

文字が右から書かれていますよね。
実用百貨松坂屋だそうです。
東京、静岡、名古屋、大阪という文字も見えました。
この鏡の前には現在は使われていないたばこの自動販売機が放置されています。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

3階に行きましょう。
3階から2階を見下ろしたところです。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

いたるところが凝った造りなっています。
階段は2つあって、もう一方にはこんな窓が横にあります。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

このカーテンの高級そうなこと。
窓の鍵をよく見るとこんな古いタイプのものでした。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

窓の持ち手もこれです。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

廊下はレッドカーペットですよ。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

太古館の客室はこのフロアにのみあります。
3階の廊下からは別棟となっているトイレ棟が見えます。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

この渡り廊下部分には洗面所がありました。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

このトイレ棟ですが、女子トイレは使用禁止になっていて、男子トイレは特に何も書かれていなかったので使えるのかもしれません(部屋にトイレがあったので使いはしませんでした)。

それでは太古館の部屋に入ってみましょう。
今回用意された部屋はこちらです。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

無茶苦茶広い和室です。
床の間には掛け軸やお皿が飾ってあって、こんなところに泊まっていいのか気が引けてしまうくらいです。

反対側には書が掲げられています。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

このメインの部屋から障子を隔てた向こうに椅子とテーブルもありました。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

左側に窓があって、そこからの眺めがこちらです。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

これまたレトロな建物が眼下にあります。
こちらはお隣の柏屋旅館です。
残念ながらこの建物自体は現在は使われていないようで、さらにこの隣りにある新館が使われているそうです。

こんなにレトロで立派な太古館ですが、この日の宿泊は何と僕らのみ。
この大きな建物の1室しか宿泊客がいないという大変贅沢な状況になりました。
VIP気分で太古館を満喫させてもらえるということですよね。

現代的できれいなホテルに宿泊するのもいいけど、太古館のようなレトロなところもたまにはいいですよね。
いや、むしろ宿泊するべきです。
興味がある方はぜひ宿泊してみてください。
ただ、この太古館への宿泊は公式ホームページからのみ受けつているようです。
塩原温泉 明賀屋本館 公式ホームページ | 栃木県 首都圏から約2時間半の秘湯

本館については楽天トラベルでも予約することができますよ。

往復の新幹線付きのプランもあります。

栃木県塩原温泉の明賀屋太古館への旅
平成28年(2016年)9月10日~11日
塩原温泉への1泊旅行に便利な2050円で2日間有効の塩原渓谷フリーきっぷ
栃木県内にある千本松牧場で食べるジンギスカンが美味い!牛乳もミルクコーヒーもやっぱり美味い! #地域ブログ
栃木県にある千本松牧場の森の中をレンタサイクルで走るのが最高に気持ちがいい!その後のソフトクリームも忘れずに! #地域ブログ
栃木県の塩原温泉にある徳富蘇峰命名のとってもレトロな明賀屋太古館に宿泊してみた! #地域ブログ←今ここ
栃木県の塩原温泉にある明賀屋の川岸露天風呂がすごい!この温泉には絶対に入ってもらいたい! #地域ブログ
栃木県の塩原温泉にある明賀屋での夕食と朝食をたっぷりと紹介します! #地域ブログ
道の駅のアグリパル塩原内ある「アグリのパン屋 あ・グット」で販売されている塩バターパンが最高に美味い! #地域ブログ
チーズガーデン塩原珈琲内にあるカフェで特製ミニカレー、御用邸チーズケーキ、フロマージュブランを食べてみた! #地域ブログ

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム