写真 旅日記

【タイ情報】ワット・アルンを眺めながら食事をしよう!バンコクのEat Sight Storyはリーズナブルなお値段で最高のロケーションにあるお勧めレストランです #AmazingThailand #LoveThailand

投稿日:2017年9月26日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


タイのバンコクには三島由紀夫の「暁の寺」で知られているワット・アルンがあります。チャオプラヤー川沿いにそのお寺はあり、夜はライトアップされるのだそうです。そんなワット・アルンを川の対岸から眺めながら食事ができるというレストランがあると聞いたので行ってみることにしました。そこがEat Sight Storyです。

Eat Sight Storyへの行き方

まずは地図を確認しましょう。

バンコクのチャオプラヤー川沿いは倉庫街だったりして結構寂しげなところが多いです。王宮や涅槃仏で有名なワット・ポーの近くでもこんな感じの暗い路地になっています。

Thailand 20.8.2017

Sponsored Link

とても不安になる道ではありますが、勇気を出して進んでください。突き当りになるとさらに細い路地になりますが、構わず歩いていきましょう。

Thailand 20.8.2017

ここを入ってすぐ左手のところにドアマンがいるレストランがありますが、Eat Sight Storyはここではなく路地の最も奥まったところにあります。ESS Deckという文字が出ている入口が見えてきましたね。

Thailand 20.8.2017

ここがEat Sight Storyです。ESSは単語のそれぞれの頭文字をとった略称ですね。

Eat Sight Storyの店内

店内に入るとチャオプラヤー川に面したデッキ部分に座席が作られています。

Thailand 20.8.2017

川沿いなのである程度風は通りますが、それでもバンコクは暑いです。その暑さを避けることができるクーラーが入った室内のテーブルもあります。

Thailand 20.8.2017

快適なのは室内ではあるけれども、やっぱりお勧めしたいのはデッキ側ですね。なぜならばチャオプラヤー川の対岸にみごとなワット・アルンの姿を見ることができるからです。

Thailand 20.8.2017

対岸のワット・アルンが幻想的!

基本的にデッキ席ではどこからでもワット・アルンの姿を見ることができます。建物側のテーブルだと他のお客さんで若干見えにくくはなりますが、それでも十分なくらいだと思いますよ。

Thailand 20.8.2017

僕が座ったテーブルからだと最初はこんな感じでした。

Thailand 20.8.2017

しばらくすると前のテーブルのお客さんがいなくなったので、すごく見やすくなりましたね。テーブルを立って、川沿いのところまで行けばこんなにきれいに眺めることもできますよ。

Thailand 20.8.2017

ワット・アルンの周囲に建物がないので、ライトアップされた仏塔が暗闇の中に浮き上がる幻想的な眺めになります。

Eat Sight Storyのメニュー

Eat Sight Storyはワット・アルンをただ眺めるだけの場所ではなくレストランです。今回は夕食を食べるのが目的でした。きっとものすごく高いんだろうなと思ったのですが、メニューを見てみると意外にも普通のお値段なのですよ。

Thailand 20.8.2017

タイ語、英語、日本語の3ヶ国語の表記です。前菜などは200バーツ代の価格帯です。僕が注文したパッタイは230バーツで、コーラが48バーツでした。合計はサービス料と税金が入るので327バーツ(約1100円)でした。

パッタイとコーラ

まず出てきたのはドリンクのコーラです。

Thailand 20.8.2017

ワット・アルンに向かって一人で乾杯(笑)

Thailand 20.8.2017

次にメインのパッタイが出てきます。

Thailand 20.8.2017

Eat Sight Storyではエビもしくは鶏肉のパッタイがあります。僕はエビのパッタイにしました。パッタイはイメージとしてはタイ風焼きそばですね。

Thailand 20.8.2017

日本のタイ料理屋さんでもよく食べています。安定した美味しさなのでまずハズレはないメニューですね。このEat Sight Storyのパッタイも美味しかったですよ。何より、遠くに見えるワット・アルンが最高の味付けになりますね。

まとめ

ワット・アルンを眺めながら食事をすることができるEat Sight Storyに行ってきました。この最高のロケーションはバンコクでもかなりのハイレベルなのではないかと思います。しかし料理の値段はそんなでもないので安心して食べに行くことができますよ。今回はワット・アルンがライトアップされる夜に行きましたが、夕暮れ時もいいかもしれません。ここから色々な表情のワット・アルンを見てみたいです。

Eat Sight Story
Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
+66 2 622 2163
月-木 11:00-22:00
金-日 11:00-23:00
Eat Sight Story


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記,
-, , , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム