写真 旅日記

【タイ情報】バンコクのBTSアソーク駅から徒歩ですぐのところにある観光やビジネスに便利なS Sukhumvit Suites Hotelに宿泊してみた #AmazingThailand #LoveThailand

投稿日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


タイのバンコクで日本で言うところのビジネスホテルのようなところに宿泊してきました。S Sukhumvit Suites Hotelです。BTSのアソーク(Asok)駅から歩いてすぐのところにあるので、観光やビジネスにとても便利です。今回はそんなS Sukhumvit Suites Hotelについて紹介します。

S Sukhumvit Suites Hotelの行き方

S Sukhumvit Suites HotelはバンコクのBTSのアソーク駅及びMRTのスクムウィット(Sukhumvit)駅から徒歩ですぐのところにあります。地図で確認してみましょう。

Sponsored Link

かなりの駅チカであることがわかるかと思います。BTSのアソーク駅のプロムポン駅側の改札口を出て、そのままBTSの線路の下の屋根がある通路を歩きます。しばらく真っすぐ進んで大通りを越えると左手に分かれる通路があり、その先にS Sukhumvit Suites Hotelがあります。

Thailand 21.8.2017

ただし、このまま通路を進んでいってもホテルに入ることはできません。左下に伸びる階段がありますよね。ここを降りたところがホテルの入口となります。

S Sukhumvit Suites Hotelのロビー

フロント前のロビーはかなりおしゃれな感じでした。

Thailand 22.8.2017

自由に使えるPCが一台あり、壁には世界各都市の時間を示している時計があります。やっぱりビジネス向けのホテルですかね。

スーペリアルーム・クイーンベッド

S Sukhumvit Suites Hotelの部屋は4タイプあります。下から順にスーペリアルーム・クイーンベッド、スーペリアツインルーム・シングルベッド、デラックスルーム・クイーンベッド、スイート・クイーンベッドです。

僕が宿泊したのはスーペリアルーム・クイーンベッドです。1泊して税及びサービス料込み、食事なしで6833円でした。部屋に入ってみると縦長の間取りでした。クイーンベッドということもあってベッドはかなり大きいですね。

Thailand 21.8.2017

一人での宿泊だったのですが、大の字になってもベッドにはまだまだスペースがありましたよ。枕元に部屋の電気のスイッチとコンセントがあります。

Thailand 21.8.2017

この位置にコンセントがあるのは嬉しいですね。寝ている間に枕元にスマホをおいて充電できますからね。

デスクの作業スペースは十分あり

僕はホテルでの宿泊時にPCでブログの執筆をするわけですが、このホテルのデスクは十分な作業スペースがありました。

Thailand 21.8.2017

パンフレット類をどかしてしまえば、PCを置いてもまだまだ余裕があります。ただ、デスクの位置が部屋の奥で、そこにたどり着くにはベッド脇のこの狭いところを歩かなくてはなりません。

Thailand 21.8.2017

デスク側にスーツケースを持っていきたいとなるとかなり大変でした。

ちなみに、無料のWi-Fiがありますのでインターネット環境はばっちりです。

無料の水が2本あります

デスクの一番目立つ位置にエビアンが2本あります。

Thailand 21.8.2017

これは有料の水なので注意が必要です。ポットの横に隠れているホテルのロゴ入りのものが無料の水です。

Thailand 21.8.2017

バスルーム

次にバスルームを見てみましょう。洗面台の脇にアメニティグッズが揃っています。

Thailand 21.8.2017

トイレにはタイ式シャワーがついています。この旅でこのタイ式トイレ・シャワーにもすっかり慣れました。

Thailand 21.8.2017

湯船はなくシャワーのみです。

Thailand 21.8.2017

ベッドルームからシャワーが丸見えという構造ですが、ロールカーテンで目隠しは可能です。

100バーツのドリンクバウチャー付き

フロントでのチェックインの際にホテル1階にあるバーで使用できる100バーツのドリンクバウチャーがもらえます。

Thailand 21.8.2017

こちらがそのバーです。

Thailand 21.8.2017

メニューを見てみるとドリンクはだいたい300バーツ前後でした。

Thailand 21.8.2017

バウチャーを使えば200バーツくらいで1杯飲めるのはいいですね。

チェックイン・チェックアウトの時間

S Sukhumvit Suites Hotelのチェックイン時間は14:00からで、チェックアウトは12:00までとなっています。早めにホテルに入れて、お昼近くまでゆっくりとできますね。

まとめ

BTSのアソーク駅及びMRTのスクムウィット駅から徒歩ですぐのところにあるS Sukhumvit Suites Hotelに宿泊しました。まるでビジネスホテルのような内装なので、落ち着いた空間というわけではないですが、観光やビジネスにはぴったりな立地です。広さの割に料金はそんなにしないのでアソーク駅の近くでホテルを探している方は選択肢のひとつにいれてみてはいかがでしょうか。ホテルについての詳細・予約はこちらから。
S Sukhumvit Suites Hotel(エクスペディア)


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記,
-, , , , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム