Tag ‘ブルートレイン’


ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

札沼線の下徳富駅を堪能した後は、函館本線の砂川駅へと向かうことにします。
ここにはバスもあるのですが時間がうまく合わずに、歩いていくことに。
だいたい4kmくらいなので気合を入れれば大丈夫でしょう。

まずは下徳富駅の周辺を歩いてみると小学校がありました。

しかし、残念ながらこの春、平成21年3月をもって閉校になってしまったようです。
明治24年に開校し、117年の歴史を紡いで来たこの小学校は最終的には児童数が32名にまでなってしまったとのことです。
町の人に話を聞いてみると、現在子供たちは新十津川の小学校までスクールバスで通っているそうです。

さて、ひたすら歩くこと約2時間。
ようやく砂川駅に到着しました。

砂川駅のホーム天井部分は木板がむき出しなのがいい感じです。

14:47発、砂川発岩見沢行き普通列車に乗車。
15:22、岩見沢駅着。
15:35発、岩見沢発区間快速いしかりライナーに乗車。
16:18、札幌駅着。

札幌駅で本や夕食、翌日の朝食を買い込んで17:12発の上野行き寝台特急北斗星に乗車。
この北斗星が札幌駅ホームに入線する様子をご覧下さい。

今回乗車したのも往路と同じく個室寝台のデュエットです。

ただし今回は1階の部屋。
2階に比べると天井がやや高く開放感があるけど、荷物置き場が狭くなっているのが難点だったかな。
どっちがいいかは好みが分かれるところだと思います。

21:41函館着。
ここでこれまで牽引してきたDD51の重連からED79に機関車交換されます。
ではED79が北斗星に連結される様子をご覧下さい。

途中先行するカシオペアに事故があり、1時間20分程遅れて上野駅着。

これで4泊5日(うち2泊は北斗星車内)の旅が終了してしまいました。
今回はほとんど雨に降られてしまい思うように動くことができなかったのが残念で、色々と心残りができてしまいました。
また近いうちに北海道に渡って晴れ渡った空の下、北海道の大地を歩いてみなければこのもやもやした気持ちを抑えることはできそうにありません。
というわけで、早速北海道行きの計画を立てたいと思います。
ま、いつになるかはまだわかんないけどね。
とりあえず、これにて北斗星で行く北海道の旅は終了です。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17←今ここ

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5

北斗星に初乗車し、初めての食堂車も体験し、大満足で眠りにつきましたが、寝台で横になっていると揺れで夜中にかなり目が覚めしてしまいました。
北斗星の寝台は線路に対して直角になっています。
あけぼののソロに乗ったときは線路と平行の寝台だったのでかなりよく眠れたのですが、直角だと何となく揺れがダイレクトに体にやってくるようでした。
でも、それもまた寝台列車の特徴なのでよしとしましょう。

翌朝は5時に目覚ましをかけて、青函トンネルへの突入を見ることにしましたが、眠くて何だかよくわからないまま青函トンネルに入っていました。
そして6時。
前日にシャワーカードを買っておいたので、ロビーカーにあるシャワールームへと行くことにしました。
シャワーを浴び終えて、身支度を整えて、そして6:34。
函館駅に到着です。
ここで青森信号場から函館駅まで北斗星を牽引してきたED79とお別れです。

そして反対側に札幌まで牽引するDD51の重連が連結されます。

この函館駅で進行方向が逆になるのです。
しかし、このDD51はかっこよすぎます。

昔Nゲージを集めていた頃、EF58の次に買おうとしていたのがDD51でした。
結局買うことはなかったのですが、もう20年以上にも渡っての僕にとっての憧れの機関車なのです。
しかも重連なのだから、かっこよさが2倍ではなく、3倍にも4倍にもなっていましたよ。

さて、北斗星での朝の楽しみは機関車交換だけではなく食堂車での朝食もあります。
夜のパブタイムは満席だったけど、函館駅を発した段階ではまだ空いていました。

朝食は和食または洋食のセットが1600円になります。
僕が注文したのは洋食だったのだけれども、手違いで和食セットになってしまいました。

このほかに、ご飯、お味噌汁、果物が付きます。
味はパブタイムでのビーフカレーと同様おいしかったのですが、とにかく量が多すぎた。
この半分の量でもよかったかも。
でも車窓を流れる景色を見ながらの食事はやはり最高でしたよ。

しかし残念ながら外は雨。
上野を出発した時も雨で、実はこの旅行は雨に泣かされることになるのですが、その話はまた後日。

11:15、定刻通り札幌駅着。
16時間にも及び北斗星の旅が終わってしまいました。
16時間と聞くとものすごく長く感じるかもしれませんが、その間にたくさんのイベントがあるので全く時間の長さを感じさせられませんでしたよ。
むしろ短く感じてしまったくらいです。
ただ、やっぱり天気がよければ大沼や噴火湾の美しい景色を見ることができたんだろうなと思うと、それが残念です。

さてさて、荷物を駅のコインロッカーに預けて、これから観光に入ろうと思います。
最初の目的地は小樽です。
その話はまた次回。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5←今ここ
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4

さて、寝台特急北斗星に乗車する際の一番の楽しみと言えばやはり食堂車でしょう。
上野発札幌行きの北斗星の場合、19:45から21:05までは予約制のディナーの時間です。
フランス料理コースは7800円、懐石御前が5500円と高価なので今回はパス。
ディナータイム終了後にパブタイムとして、予約なしで誰でも自由に食堂車が利用できる時間を待つことにします。
食堂車の入り口には年季が入ったこんなプレートがかかっています。

GRAND CHARIOT(グラン・シャリオ)というのこの食堂車の名前ですね。
では長年憧れ続けた食堂車へと入っていくことにしましょう。
座席に着くと目の前にはメニューが用意されています。

車体はかなり古いものですが、食堂車内は美しく整備されていて豪華な雰囲気が出ていましたよ。
テーブルにのっているライトの光もなかなかいいです。
パブタイムのメニューは数そのものは少ないけれども、お値段はお手ごろ価格でした。
僕が注文したのはビーフカレーで1200円です。
注文してから料理が出てくるまではかなり時間がかかるので、その間に食堂車内にある物販コーナーでも眺めてみるといいでしょう。

ここにあるものは車内販売でまわってくるので、個室内で待っていても購入することができますよ。
北斗星グッズ、おみやげ、駅弁、お菓子などがあるので、食堂車で食事をしなくても夜御飯と朝御飯はなんとかなりそうな気もしますが、売り切れる可能性もあるので食堂車利用をしない方は乗車前に色々買っておくほうがいいと思いました。

さてさて、待つこと十数分、いよいよビーフカレーが出てきました。

干しぶどうがのったご飯、カレー、サラダの3点が出てきました。
これがまた美味い!
確かにかなり揺れて店員さんはものすごく大変そうだけど、移動しつつ、車窓に流れるかすかな光を見ながら食べる食事は本当に美味しく感じました。
北斗星に乗ったならばぜひとも体験してもらいたいのがこの食堂車ですね。
ただ、21:30頃にならないとパブタイムにならないので、それまで我慢しなくちゃいけないというのがちょっとつらいかも。

21:52頃、郡山駅着。

ホーム上にいる人からの視線に憧れが含まれて入るような気がして、何となく誇らしい時間を過ごすことができました。

23:30、仙台発。
これから青森信号場でこれまで寝台客車を牽引してきたEF81から青函トンネル用のED79に付け替えられるのですが、もう眠たさの限界なのでここで眠ることにします。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4←今ここ
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3

19:03、上野駅13番線ホームから寝台特急北斗星が走り出しました。
今回僕が乗車したのは2人用個室B寝台のデュエット。
前回はそのデュエット室内をレポートしたので、今回はその他の部分についてレポートします。
まずはこちら。

デュエット車両端にある洗面台です。
水は蛇口に手を近づけると自動で出るようになっています。
コップは共有なので、苦手な人にとってはちょっと嫌かもしれません。
個室内に電源はありませんでしたが、この洗面台には1口ありますのでドライヤーなどを使用することができます。
次はこちら。

ロビーカーにはソファがあり、大勢で座れる長いものと一人用の小さいものがあります。

開放寝台の上段だと窓がほとんどないので、このロビーでくつろぐのもいいでしょう。
ちなみにこのロビーカーにはシャワー室もあり、食堂車でシャワーカードを購入すれば利用することができます。
シャワーカードは310円で6分間シャワーを使えます。
この6分は連続ではなく一時停止ができますので、体や頭を洗っている時は時間のカウントはされないようになっています。
発車当日に利用したいならば、上野駅を出てすぐに買ったほうがいいと思いますよ。
僕は大分経ってから買ったので翌日の早朝6:00からの使用になってしまいました。
万が一タオル類を持っていなくても、食堂車でタオルセットも売っています。
シャンプー、リンス、ボディーソープ、北斗星ロゴマーク入りタオルがセットで420円です。

最後におまけでB寝台コンパートメントの様子です。

開放寝台も同じ形ですが、このコンパートメントはドアを閉めることができるようになっているのが特徴です。
ドアを閉めてしまえば個室状態になるので、4人での旅行ならこのコンパートメントを利用するというのもいいと思います。

次回はいよいよ憧れの食堂車に行くことにします。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3←今ここ
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2

僕が子供の頃、ブルートレインブームというのがあって、東京駅や上野駅を発着するブルートレインをたくさんの子供達が見に行っていました。
僕は駅まで見に行かずに尾久駅にある車庫を遠くから眺めて、あの青い車体への憧れを強く持っていたものです。
しかし実際にブルートレインに乗車するということはなく、ようやくあけぼのに乗ることができることになり勇んで上野駅に行ったら悪天候のため運休という目にあったりしました(結局その後ちゃんとあけぼのに乗ることはできました)。
ただ、青函トンネルができた後に生まれた豪華寝台列車である北斗星に乗るチャンスはなかなか訪れず、いつも指をくわえて見ている日々が続いて、いつか乗ってみたい!という希望が日増しに強くなってたものです。
そんな時ようやく北斗星のチケットが取ることができて憧れの上野駅13番線ホームへとやってきたのです。
今回乗車するのは2人用B寝台個室デュエットの2階室。

上の写真で言うと、廊下の右側にずらっと個室が並んでいます(進行方向に合わせると右側が廊下、左側が部屋になります)。
部屋のドアを開けると短い階段があり、それを上ると今回利用する部屋になります。

左右にベットが並び、天井は低めで立ち上がることはできないという高さですが、十分な広さがあると思いました。
あけぼのの一人用個室ソロに乗ったときはまるでカプセルホテル並みの狭さに驚きましたが、今回は逆に広くて驚きました。
部屋の反対側はというと、

ドアの上に荷物置きがあるので、大きなバッグはそこに置いちゃえば部屋をひろーく使うことができますよ。
部屋の備品はハンガー、浴衣、毛布に枕。
タオルなどはありませんので注意が必要です。
浴衣は噂のJR印のモノです。

どこまでもどこまでもJRと書いてある斬新なデザインがグッドです(笑)
ベッドの全体像はこちら。

標準サイズの体の大きさの僕にとっては十分すぎる広さのものでしたよ。
肘掛は収納できるようになっているので寝るときは邪魔にならないようになっています。
電気も枕元で操作できるし、この小さな部屋の中で16時間過ごすことになるけれども全く困らない感じでしたよ。
ただ、コンセントはないので携帯の充電などは出かける前に必ずしておいたほうがいいでうよ。

19:03、いよいよ札幌行きの寝台特急北斗星が上野駅を出発しました。

次回は北斗星の車内についてレポートします。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2←今ここ
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1

上野駅地平ホーム。
かつて東北、常磐、上越方面に長距離列車が多数発着していたこの場所で、今では長距離を走る列車は数少なくなってしまいました。
石川啄木の「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを 聴きにゆく」という歌の雰囲気をもう上野駅では感じることができなくなってしまいました。

しかし、そんな上野駅でも札幌まで延々約16時間も走る長距離夜行列車がまだ残っているのです。
そのひとつが、寝台特急北斗星。

18:50頃13番線ホームに北斗星が客車を先頭に推進運転で入線してくると北へ向かう旅人だけでなく帰宅する人々や撮り鉄な人々が多数カメラを向けるという撮影会のような雰囲気になります。
僕自身も何度この13番線ホームで北斗星の撮影をし、そして発車を見送ったことか。

しかし!
今日はただ撮るだけ、ただ見るだけではなく北斗星のチケットをしっかりと手に握っているのです!

はやる気持ちを抑えてまずは先頭で牽引する電気機関車を見に行きます。
すると、、、

EF81の81号機!
かつてお召列車を牽引したこともあるという伝説の機関車が今日の先頭に立ってくれるという何とも光栄な編成となっていました。
EF81と客車の連結付近を見てみると、EF81の鮮やかな赤に客車先頭部分の北斗星マークの青がみごとに反射して幻想的な色合いになっていました。

1号車の先頭から寝台客車内に入ると、窓の向こうにEF81の姿が見えます。

もうこの時点でテンションマックス!
果たして今夜は眠れるのでしょうか!?

おっと、その前にまずは今夜の居城となる客室に入って落ち着かないとね。
その話はまた次回。

北斗星で北海道!まとめ
上野駅13番線ホームでブルートレイン北斗星を出迎える 北斗星で北海道! その1←今ここ
北斗星2人用B寝台デュエットの室内レポート 北斗星で北海道! その2
北斗星車内レポート 北斗星で北海道! その3
北斗星の食堂車でビーフカレーを食す 北斗星で北海道! その4
函館での機関車交換と食堂車での朝食 北斗星で北海道! その5
ランプを効果的に用いている小樽駅 北斗星で北海道! その6
小樽ガラス市とおたる潮まつり 北斗星で北海道! その7
小樽のカフェならさかい家! 北斗星で北海道! その8
1両のディーゼルカーに乗って夕張へ 北斗星で北海道! その9
夕張の町で夕張メロンを食す 北斗星で北海道! その10
夕張の町の廃墟群 北斗星で北海道! その11
札幌と新十津川を結ぶ札沼線(学園都市線)乗車記 北斗星で北海道! その12
札沼線新十津川駅レポート 北斗星で北海道! その13
とくとみ家の聖地、札沼線南下徳富駅 北斗星で北海道! その14
札沼線南下徳富駅からとくとみ家最後の聖地へとひたすら歩く 北斗星で北海道! その15
とくとみ家最後の聖地、札沼線下徳富駅 北斗星で北海道! その16
ブルートレイン北斗星のデュエットに乗って上野駅へ帰還 北斗星で北海道! その17

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

上野駅で北斗星の動画を撮影してきた

毎日ストレスフルな生活をしていると無性に癒しを求めたりしませんか?

とくとみはそういう時、自然の中に入っていくか、鉄道を見に行くか、思いっきり寝るということをしますが、今回は鉄道を見るという選択肢を選び、上野駅の13番線ホームに行ってきました。

13番線ホームはブルートレインの発着ホームとして知られています。

上野駅に到着したのが18時頃だったので、駅構内でしばらく時間をつぶして、18:50入線、19:03発の北斗星を見てきました。

18:50、定刻通りに入線してきた北斗星の車両はブルートレインの名の通り青く輝いていました。

さすが憧れの列車です。

ホームから眺める食堂車、グランシャリオも豪華だったし、各車両の外観もそんなに痛んでいない感じでした。

北海道に行くときはぜひとも乗ってみたい車両です。

さてさて、19:03の出発はしっかりと動画の撮影をしてきました。

いつものように携帯電話F905iで撮影した動画をYouTubeにアップロードしたのでご覧下さい。

とりあえず構内放送も入っているので、EF81が動き出すまで時間がかかりますが、のんびりと最後まで見てると本当に癒されますわ。

やっぱり鉄道、特にブルートレインはいいですね。

ほんと癒されるわ~。

よろしければシェアしてください!

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム