Tag ‘健康’


コンタクトレンズを2週間使い捨てタイプから1日タイプへと変更

小学校6年生終わりぐらいからコンタクトレンズを付けるようになったので、コンタクト歴はかれこれ23年になります。

23年という数字を書いて自分でびっくりしてしまいまいたよ(笑)

最初はハードレンズ並みの手入れで済むとうソフトレンズを使っていたのですが、それが製造中止になってしまったので、2週間交換の使い捨てレンズ、2ウィーク アキュビューに変更しました。

「2ウィーク アキュビュー」

このレンズは毎日の擦り洗いが必要で、手間としては最初に使っていたレンズとあまり変わらないものでした。

ただ最初のレンズは2年くらい同じものを使い続けるものでしたが、2ウィーク アキュビューは2週間で新しいものに交換するので清潔感という点では安心できるものでしたね。

しかし、最近になってその2週間交換、そして毎日の手入れというものが段々と煩わしくなってきたのです。

決定的な出来事は夏に乗ったムーンライトえちご

夜行列車に乗るときには、寝る直前に付けているレンズを捨てちゃって、朝新しいものをつけた方が楽じゃないですか。

一応メガネは持っているけれども既に20年モノになってしまって、かけても0.1くらいしか視力がないのではないかというくらい見えないのです。

そこで思い切って1日使い捨てのコンタクトレンズに変更することにしました。

「ワンデー アキュビュー」

付け心地は2週間のものと変わらないし、全く同じように世界を見ることができるし、しかも手間が全くかからない!

こいつは楽ですわ。

2週間のものと比べてちょっと値段は高くなるけど、手間がかからないということに比べればそんなのは全く考慮の対処にはなりません。

もっと早くから1日タイプにしておけばよかったよ。

しかし、眼科で検診をしてもらった時に左目に若干異常があったようです。

本来あるはずのない白目から黒目へかけての毛細血管が出てきているとのこと。

これは酸素不足から出てくる症状でコンタクトの長時間装用が原因として考えれると言われました。

確かに僕の場合朝6:30から24:00直前くらいまでレンズを入れているので、通常の装着時間よりもかなり長くはなっています。

できるだけ短い時間にするように言われました。

そうなるとやっぱりちゃんと見えるメガネも買った方がいいのかな。

とりあえず、メガネの件は置いておいて、1日タイプのコンタクトでまた近々夜行列車にでも乗ってこようと思います。

これで旅行に行くのにもかなり楽ができるようになりました。

よろしければシェアしてください!

本格的にダイエットを開始し、7kg減。その具体的方法とは!

なんかタイトルがおもいっきし怪しい感じになってしまいましたが、実は最近ダイエットなどをしています。

ここ数年、少しずつ少しずつ体重が増えていってしまい、今年の1月にはとうとう66kgまでいってしまったのです。

身長170cmでこの数字です。

この数字は運動をしなくなった高校3年生の頃以来見たことのないものであり、20代後半の自分からは考えられない体重でした。

28歳から32歳くらいまでは日頃からハードトレーニングをしていたから56kgから58kgの間でしたからね(最低53kg)。

お腹にお肉がつき、以前は余裕だったズボンも入らなくなってきたし。

そこで今年の目標は体重を以前のレベルに近い58kgまで落とすことにしました。

まず始めたのはレコーディングダイエットです。

レコーディングダイエットとは

毎日寝る前に体重を量って、記録する。

これだけです。

記録をとることで色々なところに意識が行き渡り、体重が落ちるのではないかなという全く科学的根拠もない方法です。

高校3年生で66kgという数字が出た時もこの方法をやったことがあるという個人的経験則だけがたよりです。

でもまあ、簡単なようで毎日続けるというのは実は結構難しいのですよね。

継続は力なり、です。

今回僕は4月8日からこのレコーディングダイエットを開始しました。

開始日は64.4kgで、この時点で最大値よりは-1.6kg。

まあ66kgとう数字はあまりにも想定外のもので、ありえない数字だったから4ヶ月でこれくらい減るのは当然でしょう。

というわけで、ここからスタートです。

月別平均体重を出す

記録するだけではなく、月別平均を出して比較することも大切です。

僕の体重推移を見てみましょう。

4月 63.77
5月 63.11
6月 62.39
7月 60.59
8月 60.26
9月 59.85

こうしてみると少しずつ着実に体重が落ちているのがわかります。

でもこのペースだと年内に58kg平均は難しいかもしれないけど、あせらずゆっくりとね。

しかし、僕が導入しているダイエット方法は実はこれだけではなかったのです。

シャングリラダイエット

以前このぶろぐでも紹介したシャングリラダイエットを6月から実践していたのです。

ダイエット本「シャングリラ・ダイエット」の出版記念セミナーに行ってきた(とくとみぶろぐ)

シャングリラダイエットとは、1日に2回、朝食と昼食の間と夜寝る前に砂糖水またはオリーブオイルを入れた水を飲むことによって食欲をコントロールするというダイエット方法なのです(水を飲む前後1時間は何も口にしてはいけない)。

これ以外には運動も食事制限もいらないという全くのストレスフリーの方法なのですよ。

これでどんどん食欲がなくなっていくので、必然的に摂取カロリーが減っていき、体重が減少するというわけです。

以前に比べたらかなり食べる量が減りました。

マックを例にとると、昔はセットメニューを食べてもまだ物足りないということがありましたが、今ではハンバーガー1個でお腹一杯になってしまうというくらいです。

そんな食欲になってしまったので、先にも書いた月別平均体重を見るとシャングリラダイエットの効果もあったのではないかなとも思っています。

シャングリラダイエットの詳しいやり方はこちらをどうぞ。

シャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~
田口 元 田中 敦子
4894513056

モバイルの方はこちらから。
シャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~

まとめ

僕の場合レコーディングダイエットとシャングリラダイエットを組み合わせているので、何が効果があったのかは厳密にはわかりませんが、このどちらか、または組み合わせることによって体重が減少してきたのは間違いないことでしょう。

9月25日には今年の最小体重59.0kgを記録し、最大時より-7kgになりました。

今は運動をまったくしていないので、以前のような体付きではありませんが、目標体重までもう少しです。

でも体重を減らすだけでなく、見た目がバランスよくなくてはいけないから、これから少しずつ運動も取り入れてシャープでバランスのよい体型に戻るようがんばらないとな、なんて思っています。

注:無理なダイエットは健康を損なう恐れがあるので十分に注意して下さい!

よろしければシェアしてください!

ダイエット本「シャングリラ・ダイエット」の出版記念セミナーに行ってきた

昨日は百式の田口さんが監訳した本、「シャングリラ・ダイエット」の出版記念セミナーに行ってきました。

『シャングリラ・ ダイエット 』出版記念セミナーへのお誘い

シャングリラ・ダイエット出版記念セミナーをやってきた

場所は赤坂にある赤坂ガーデンシティの18階、ブロガーラウンジというところでした。

そもそも赤坂ガーデンシティ自体がやたら大きいビルで入るのにかなり躊躇しましたよ。

ブロガーラウンジもおしゃれな雰囲気のところでした。

カウンターにはお酒も置いてあるし。

そんな雰囲気の中、セミナースタートです。

今回出版される「シャングリラ・ダイエット」で書かれている内容の紹介や出版に至る裏話などを田口さんに話していただきました。

僕はぱっと見はダイエットなど必要ないじゃないかと思われる体型なのですが、実はここ2,3年で5kgくらい増量しているのです。

さらに肉がお腹に集中してつくという大変残念な状態なので、やっぱりダイエットは必要じゃないかと思っていました。

運動で体重を落とせればいいのですが、股関節の調子がおもわしくないので、以前のような激しい運動はできず、どうしようかと思っていた時に、タイミングよくこのセミナーが開催されるということを聞いたのです。

さてさて、シャングリラ・ダイエットとはどんなものかについてです。

従来のダイエットは過激な運動や食事制限があり長続きできないものだったりリバンウンドの可能性があるものが多かったと思います。

しかしシャングリラ・ダイエットはストレスフリーで体重が落ち、心の平静も保て、さらにリバンドの可能性もないという技法であり理論なのです。

セミナー終了後に本をいただいたので、これを読んでからまたこのブログで紹介します。

経験から生まれたダイエット法ではなく、理論から積み重ねているものなので、もしかしたら効果があるかもしれません。

本は6月6日発売です。

Amazonで予約受付中です。

シャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~
田口 元 田中 敦子
4894513056

モバイルの方はこちらから。
シャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~

よろしければシェアしてください!

10分程度でできる健康的なライフスタイルのための50のアイデア

健康でいるために日々していることはありますか?

油っぽいものは食べない、毎日軽く運動する、早寝早起きを心がけるなど、色々なことがあると思います。

今日は簡単にできる健康にいいことを紹介したいと思います。

こちらのサイトを参考にしました。

50 Ideas for a Healthy Lifestyle that take 10 Minutes or Less(Dumb Little Man)

題して「10分程度でできる健康的なライフスタイルのための50のアイデア」です。

1.歯を磨く
2.腹筋を15回する
3.健康に関するニュースの見出しを読む
4.よい姿勢をとる
5.りんごを食べる
6.立ち上がってストレッチする
7.友人に友好的なメールを送る
8.アイスを買う衝動を我慢する
9.Twitterにインスピレーションを引き出すような引用を投稿する
10.Lungesを10回する
11.グラス1杯の水を飲む
12.笑う
13.オートミールの袋はポケットに入れて、健康的な朝食を買うようにする
14.ボトル1本分水をまく
15.携帯電話を充電器に繋げる
16.オンラインで支払いをする
17.サラダドレッシングを横に置いておくように頼む
18.1日に1回1ドル貯金箱に貯金する
19.窓を開ける
20.「ありがとう」と言う
21.深呼吸する
22.シートベルトをする
23.10分早起きする
24.ブログにコメントする
25.部屋を出る一番最後の人ならば電気を消す
26.お化粧をする
27.健康的なレシピを共有する
28.母親に電話する
29.手を洗う
30.ハンドクリームを塗る
31.血圧を測定する
32.9分間ジョギングする
33.書けなくなったペンを捨てる
34.買い物にはトートバッグを持って行く
35.健康的な夕食に招待してくれと友達に頼む
36.リモコンではなく立ち上げってテレビのチャンネルを変える
37.自分の子供を抱きしめる
38.コーヒーのお代わりをしたくなったら、紅茶のお代わりにする
39.翌日着る服を用意する
40.毎日車のキーを同じ場所に置く
41.10分間の休憩をとる
42.ミントをなめる
43.サラダに少量の胡椒をかける
44.お皿洗い機を使う
45.FreeRiceで5分間遊ぶ
46.早足で歩く
47.前の晩にコーヒーメーカーを用意する
48.夜遅く食べ物を買いに行くのをやめる
49.テレビを見ている時、コマーシャルの間に5回腕立て伏せをする
50.もう一度このリストを読み、いくつ自分に当てはまっているか数える

どれだけ当てはまっているか数えたら18個でした。

内容を見てみると体の健康と心の健康の項目が含まれていますね。

24番の「ブログにコメントする」は突っ込みたくなったら我慢しないでコメントを書くとストレスがたまらない、という解釈でいいのかな。

きっと心の健康に関する項目なのでしょう。

ストレスを減らし、健康的な食事をし、規則正しい生活をすれば自ずと健康がやって来ます。

あなたはいくつの項目に当てはまっていましたか?

原文はこちらから。

50 Ideas for a Healthy Lifestyle that take 10 Minutes or Less(Dumb Little Man)

よろしければシェアしてください!

早く眠りに落ち、長く眠るための12の方法

今日は最近注目している睡眠に関する記事を紹介したいと思います。

12 Top Tips to Fall Asleep Faster and Stay Asleep Longer(The Life Hackery)

題して「早く眠りに落ち、長く眠るための12の方法」です。

1.ベッドに入る3時間前から運動しない
運動は血流が増加し、覚醒してしまう。

2.ベッドに入る30分から60分前にテレビを消しておく
テレビ画面の光によって体が日中であると勘違いしてしまう。

3.ターキーとレタスのサンドイッチ、そしてグラス1杯の牛乳が眠気を誘う
これらにはアミノ酸の一種であるトリプトファンが含まれており、それが体をリラックスさせてくれる。

4.睡眠前の少なくとも4時間は食事をしてはいけない
食事の時間と睡眠が近いと胸焼けが起こってしまう。

5.毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる
同じ時間で行動すると体が条件付けられて、時間になると眠くなる。

6.眠くなったときに自分の体に特定の刺激を加える
他の時にはやらないような行動にすること。例えば鼻を親指でなぞるなど。これを2,3週間続けると、この行動をすると眠る時間なのだと体が覚えこんでいる。

7.ベッドの中で本を読まない、テレビを見ない、仕事をしない
眠る場所と活動的なことを関連付けることは体を混乱させて、ベッドを眠るための場所として用いることが難しくさせる。

8.自分で自分にお話を聞かせる
穏やかで楽しい話にすること。これにより日常の出来事から遮断される。

9.眠る場所を整える
寝室はできるだけ静かで、暗く、心地よい所にすること。

10.自己催眠効果のあるMP3の音楽をかける
もしこれまで書いたことができないならば、これにより気分よく、自然に眠りに入ることができるだろう。

11.ニコチンには覚醒作用がある
寝室でのタバコは覚醒作用がある。夜中に起きてしまってもタバコを吸ってはいけない。

12.体温が低下すると動きが緩慢になってくるので、室温の低い部屋が睡眠に適している
暖かすぎると眠ることが難しくなる。夏だったらエアコンを付けて、靴下を履かず、換気扇をつけて室内の空気を循環させて快適なベッドルームにすること。

以前紹介した睡眠に関する話題と重なるところがたくさんありました。

共通して言えることはリラックスできる空間作りと、心と体もリラックスさせることだと思います。

日中の雑事を寝室に持ち込まず、あくまで睡眠というある種の神聖な行為に集中できるような環境設定が必要なのでしょう。

実践できそうな項目はたくさんあるので試してみる価値はあると思いますよ。

原文はこちらからどうぞ。

12 Top Tips to Fall Asleep Faster and Stay Asleep Longer(The Life Hackery)

よろしければシェアしてください!

水に関する5つの都市伝説

先日とくとみぶろぐで健康に関する9つの都市伝説に触れました。

今すぐ心配するのをやめるべき健康に関する9つの都市伝説

健康に悪い!と言われるとついつい信じてしまう言説に対する反論を紹介しました。

その中で「1日にグラス8杯の水を飲む」という都市伝説も含まれていたのですが、今日は水に特化した都市伝説について解説していた記事を紹介したいと思います。

Five Myths About Drinking Water(NPR)

題して「水に関する5つの都市伝説」です。

1.1日にグラス8杯の水を飲む
水をたくさん飲むことが健康にいいという明らかな証拠はない。”グラス8杯”というのは誰が言い出したのかも全くの不明である。

2.水をたくさん飲むことによって体から老廃物が排出される
腎臓で血液中の老廃物を抽出し、尿として排出される。たくさんの水を飲むと、その機能が低下してしまう。

3.たくさん水を飲むと肌がきれいになる
人間の体の60%が水である。90kgの人だったら54kgは水である。なので多少水を飲んだとしても効果はない。500mlの水により皮膚内の毛細管現象が増加したという実験報告があるが、それが臨床上意味のある変化なのかは不明である。

4.水をたくさん飲むとダイエット効果がある
水をたくさん飲むと、食べ物なしでも満腹感が得られるが、水はそんなにすごいものではない。ダイエットソーダのようなカロリーゼロのものの方が効果がある。

5.水を飲まないと脱水症状を起こしやすい
脱水症状は体内の水が2%失われると起こる。マラソンランナーや自転車に乗るとき、ハイキングをする時などは脱水症状の前兆を知っておく必要がある。しかし、公園で散歩をするくらいならばペットボトルの水は必要ない。喉が渇いたら飲めばいい。

以上、5つの都市伝説とそれに対する反論でした。

1は前回紹介したことと一緒です。

総じて言えるのは、水に過大な期待を寄せるのは酷だ、ということではないでしょうか。

確かに人間は生まれる前は水に包まれていて、水はとても重要なものではあります。

しかし産まれてから摂取する水には渇きを癒したり、喉に詰まったものを流し込むくらいしか健康上の役には立たないのでしょう。

健康にいい「魔法の水」は現段階で存在しないので、そういうような言い回しがあったら気をつけたいところです。

原文はこちらからどうぞ。

→→Five Myths About Drinking Water(NPR)

その他の健康に関する都市伝説はこちらから。

今すぐ心配するのをやめるべき健康に関する9つの都市伝説

よろしければシェアしてください!

今すぐ心配するのをやめるべき健康に関する9つの都市伝説

今日は”9 things to stop worrying about right now“で書かれていた健康について誤解されていることを紹介したいと思います。

題して「今すぐ心配するのをやめるべき健康に関する9つの都市伝説」。

「都市伝説」という単語は入っていないけど、内容は都市伝説っぽいものなので入れてみました。

1.1日にグラス8杯の水を飲む
水以外にもジュースや紅茶、牛乳、フルーツ、野菜などで十分水分はとっている。水分の取りすぎは、体内のナトリウムレベルの低下によって電解質のバランスが悪化する低ナトリウム血症を引き起こす可能性がある。これは健康悪化に繋がるものである。

2.ストレスで白髪になる
ストレスは体の内外を老いさせるが、髪の毛の色の変化を引き起こす科学的根拠は見つかっていない。白髪はストレスというよりも遺伝的なものである。

3.暗いところでの読書により目が悪くなる
暗い場所での読書は目に負担をかけ、頭痛の原因となるが、それは一時的なものである。しっかりと睡眠をとれば回復できるものである。

4.コーヒーは体に悪い
12万5000人のコーヒー常飲者を調査したところ、女性において30%2型糖尿病のリスクが低かった。他の研究ではパーキンソン病、結腸癌、肝硬変、胆石のリスクが低かった。

5.冷たいものを食べると熱が下がる
寒気や熱はウィルスによるものであり、どうあがこうがそれは7日から10日続くものである。

6.冷凍したものより新鮮なものの方がよい
果物や野菜は栄養的に最もよい時期に収穫される。その時に冷凍すればしっかり栄養が保持されるものだ。収穫されてすぐに消費者の手元に届かなければ、熱、空気、水などの影響で栄養価は失われていく。

7.卵はコレステロール値を増加させる
卵1個のコレステロール値は213mgで、American Heart Associationの推奨する1日300mgという基準値を下回る。朝食に1個くらい食べたところでどうってことない。

8.寒いところに行くと風邪を引く
風邪の原因は温度ではなく、ウィルスにさらされない限り風邪を引くことはない。冬に風邪が多いのは密閉した空間にいることが多くなるからで、そういうところにウィルスはいるものだ。風邪の予防は暖かくするより元気に外に出ること。ポジティブな人がウィルスに晒されてもネガティブな人よりも風邪を引く確率が13%低かった。

9.口紅は健康に悪い
口紅に含まれている鉛のリスクは極々小さいものである。鉛の害は他のところからのものが大きい。例えばパイプや壁の塗料など。口紅の害は全くない。

以上9つの都市伝説と、それへの反論でした。

なるほどと納得させられるものがたくさんありました。

特に風邪はウィルスによるものだとわかっていながら、ついつい暖かい格好をしないと風邪を引きやすいよなと考えてしまうことがよくあります。

これ以外にも誤った思い込みをしていることがたくさんありそうです。

原文はこちらからどうぞ。

9 things to stop worrying about right now

水に関する都市伝説もこちらで紹介しています。

水に関する5つの都市伝説

よろしければシェアしてください!

煙草を止めた時の健康回復過程について

タバコの健康に対する悪影響は様々な所で議論されていますが、タバコを吸うのを止めた後、どのようにして健康が回復されていくのかということはあまり耳にしません。

HEALTHBOLTというサイトの”What Happens to Your Body if You Stop Smoking Right Now?“という記事では健康回復過程がビジュアルでわかりやすく示されています。

タイトルを日本語にすると「今煙草を吸うのを止めたら、体にどんな変化が起こるのだろうか?」ということでしょう。

080226_smoking_timeline_2070x1530.gif
(クリックで超拡大)

それでは時系列順にその過程を見てみましょう。

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム