Tag ‘台湾’


台湾料理の魯肉飯を気軽に味わえる!無印良品のレトルト食品「ルーロー飯」を食べてみた

台湾料理の魯肉飯(ルーローファン)が好きです。
台湾で食べて以来、その飾らない美味しさに惚れ込んでおります。
日本でも何回か魯肉飯を食べておりまして、ブログでも紹介しています。
池袋の台湾料理屋「味王」で魯肉飯(ルーローファン)を食べてきた | とくとみぶろぐ
台湾料理の魯肉飯(ルーローファン)をネット通販で購入して食べてみた | とくとみぶろぐ
【カフェ】谷中のkokonnで台湾料理の魯肉飯を食べてきた! | とくとみぶろぐ

先日、久々に魯肉飯を食べてみました。
無印良品で発売されているものでして、簡単にレポートしてみます。

無印良品の魯肉飯(ルーロー飯)

商品名は「ルーロー飯」です。
鍋でコトコトするかレンジでチンするかという簡単な調理方法です。
今回はお鍋でコトコトしてみました。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

池袋のお気に入りの台湾料理店 味王で台湾をたっぷり味わってきた!

久々に池袋の台湾料理店の味王で食事をしてきました。
池袋の繁華街からちょっと離れた住宅街にあるので、周囲は静かな雰囲気です。

4人でお店に行って僕以外の3人は魯肉飯(ルーローファン)を注文しました。

魯肉飯は日本風に言うと肉そぼろ丼でしょうかね。
甘辛いそぼろ肉が美味しい丼ものです。
以前は僕もこの味王で魯肉飯を食べたこともあります。
池袋の台湾料理屋「味王」で魯肉飯(ルーローファン)を食べてきた(とくとみぶろぐ)
今回僕が注文したのは台式炒麺(台湾式やきそば)です。

さっぱりした味わいで、エビのコリコリした食感がなかなかでした。

それに加えて割包も食べてみました。

台湾風ハンバーガーと説明書きにあるように、中にはごろりとしたお肉が入っています。
ただし、僕はセロリが苦手なので中身はお肉のみ(笑)

台式炒麺と割包でお腹いっぱいになっちゃいました。
ちなみに台式炒麺が680円、魯肉飯が530円、割包は2個で480円です。
この値段で台湾料理を味わうことができるのですから池袋の味王は僕の中では身近で体験できる台湾のお気に入りのお店になっています。

場所はここらへんですよ。


大きな地図で見る

写真はNikon1 J1+Nikon 1 NIKKOR (ワンニッコール) 18.5mm f/1.8 ブラック 1N 18.5 1.8BKで撮影したものです。

Nikon 1 NIKKOR (ワンニッコール) 18.5mm f/1.8 ブラック 1N 18.5 1.8BK
by カエレバ

 

よろしければシェアしてください!

池袋の台湾料理屋「味王」で魯肉飯(ルーローファン)を食べてきた

2月に台湾に行って以来すっかり台湾にはまっています。
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1(とくとみぶろぐ)
先日も恵比寿ガーデンプレイスで開催された台湾祭りに行ったり通販で台湾料理の魯肉飯を注文して食べたりしました。
昨日、台湾や青森に一緒に行った和男さんが池袋で美味しい台湾料理屋さんを見つけてきたというのでさっそく4人で行ってきました。
お店の名前は「味王」です。

大通りから一本入った道のビルの1階にひっそりとお店を構えています。
お店に入ってみると、さっそく中国語が聞こえてきました。
その声はお客さんのもので、きっと台湾から日本に来ている人が台湾の味を求めてお店にやって来ているのでしょうね。
店内には丸テーブルと背もたれの高い椅子があるのが台湾らしいです。

今回このお店に来たのは僕らにとっての台湾の味である魯肉飯(ルーローファン)を食べるためです。

魯肉飯とは煮込み豚肉丼といったイメージで、台湾の屋台では日本円にして100円くらいで気軽に食べられるものです。
今回も4人全員がもちろん注文しました。
それ以外にも一品料理をいくつか注文。
まずは豚肉と野菜の炒め物(料理名は失念)。

肉のテカリと湯気が食欲をそそります。
定番の春巻き。

さらに、ちょっとピリ辛の鶏肉(こちらも名前は失念)。

そして真打ち登場で魯肉飯です。

本来ならばこちらのお店ではご飯の上に高菜と漬物ものってくるのですが、僕ともう一人の方がそれらが苦手なためあらかじめ抜いてもらいました。
完成版は上のメニューの写真にあるものになります。

さっそく一口食べてみるとほんのり香ってくる八角の匂い。

そう、これが台湾の匂いなのです。
台湾では街中全体でこの匂いが漂っているのですが、これは日本では体験することが難しいものです。
しかし、この味王ではまるで台湾にいるかのような気分にさせてくれるこの匂いがちゃんとありました。
味ももちろん美味しい!
お店の方から台湾料理や台湾についての話も聞くことができるし、なかなかいいお店を発見することができましたよ。
これからちょくちょく通うことになりそうです。

池袋の台湾料理の味王についてはこちらも参照してください。
味王 アジオウ – 池袋/台湾料理 (食べログ)

場所はここらへんです。

大きな地図で見る

味王は池袋以外にも中野や沼袋にもあるようですね。

撮影機材はRICOH CX4です。

よろしければシェアしてください!

サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32

2月27日。
台湾5日目、最終日。
間もなく出発と時間となるので、その前に台湾での最後の食事をするべくホテルの地下にあったこのお店へ。

注文したのは魯肉飯です。

台湾の食事メニューで一番のお気に入りとなりました。
値段は30元、約90円です。

食後はバスに揺られて松山空港へ。
その途中バスの中からこんな親子に出会いました。

大丈夫なのかな、この赤ちゃん。
バスは途中で免税店に寄りましたが、僕らは免税店には長居せずに外へと散歩に出ました。

こういう風景とももうすぐお別れです。
これは高級マンションかな。

最後の最後でモノレールの姿も拝むことができました。

再びバスに乗り松山空港へ。

空港では台湾元を日本円に両替もしなくてはいけません。

両替が終わってもまだまだ登場までの時間はたっぷりあったので空港内をぷらぷらと。

しかし、松山空港には飛行機を観察するようなデッキがなかったのであまりやることがありませんでした。

16:00、台北発羽田行きエバー航空BR0190便に搭乗。
ついに台湾ともお別れとなってしまいます。
MRT、平渓線、そして台湾新幹線と鉄分もたっぷり補給できたし、路地裏散歩や台湾の方との素敵な出会いもあったしで、この旅は大満足と言ってもいいものだと思います。
5日間と言うと長く聞こえますが、実際に滞在してみるとあまりにも時間がなさすぎました。
もっともっと長く、例えば1ヶ月くらいバカンスで滞在したい国ですね、この台湾は。

さて、帰りの飛行機は運良く窓側の座席となったので、眼下に雲と海を見ることができました。

そして夕暮れ。

もっと窓が広ければ空から太陽が沈んでいく様子を見れたのかもしれませんね。

19:50、羽田着。
入国手続も問題なく済み、無事帰国となりました。

あー、また台湾に行きたいなあ。
うん、きっとまた行くことになると思いますよ。
何と言っても、今回の5日間は次の台湾行きの下見ですからね。

台湾に行こう!まとめ
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1
エバー航空の飛行機で台北の松山空港へ 台湾に行こう! その2
シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)にチェックインする 台湾に行こう! その3
台北駅周辺で日本統治時代の建築物に出会う 台湾に行こう! その4
台北で食べる肉そばと第1ネコ発見 台湾に行こう! その5
若者の町である西門とその裏通り 台湾に行こう! その6
龍山寺にて台湾の人々の信仰心を見る 台湾に行こう! その7
台湾MRTで台湾での初鉄道に乗る 台湾に行こう! その8
師大夜市をぷらついて、夜ご飯を食べる 台湾に行こう! その9
朝の台北駅での切符購入作業とホームでの普通列車観察 台湾に行こう! その10
特急自強号で台北から瑞芳駅へ 台湾に行こう! その11
ローカル色満点の平渓線に乗車する 台湾に行こう! その12
平渓線十分駅でのタブレット交換と菁桐駅の木造駅舎 台湾に行こう! その13
平渓線平渓駅で途中下車して町歩きをする 台湾に行こう! その14
平渓線十分駅そばの線路際にて 台湾に行こう! その15
坂と階段とレトロな町並みの九份を訪れる 台湾に行こう! その16
九份は猫の町でもあった! 台湾に行こう! その17
九份の忘情小築茶坊で台湾のお茶を頂く 台湾に行こう! その18
台湾新幹線乗車記 台湾に行こう! その19
台湾1周鉄道旅に出よう? 台湾に行こう! その20
台湾新幹線を台北から左営まで乗りつぶす 台湾に行こう! その21
蓮池潭と台湾のかき氷と暴走タクシー 台湾に行こう! その22
客車列車の莒光号に乗車し、そして時刻表ゲット 台湾に行こう! その23
フェリーで鼓山から旗津へと渡る 台湾に行こう! その24
レンタサイクルで旗津の町を走り回る 台湾に行こう! その25
台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26
高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27
故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28
淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29
MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30
台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31
サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32←今ここ

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31

2月27日。
台湾5日目。
この日が台湾滞在の最終日となります。
午後にホテルを出て空港に向かうため、動けるのは午前中のみ。
あまり時間もないということで、3人でこの旅行に来ていましたが個別行動をとることにしました。
僕が向かったのはホテルの目の前にある台北駅。
自動券売機で台北から板橋までの在来線の切符を買いました。

値段は18元。

日本円にして約54円です。
9:29、台北発苗栗行き区間車(普通列車)に乗車。
9:39、板橋着。

車両はかなりごついものでした。
板橋駅も台北駅と同様に地下駅ですので、かなり薄暗い印象があります。

とりあえず光を求めて地上に出てみましょう。
駅舎はこんなビルでした。

外観は無骨ですが、中は明るくて清潔で、開放感にあふれたデザインになっていました。

さて、台北からわずか2駅の板橋駅にやってきたのにはきちんとした目的がありました。
それは台湾新幹線にもう一度乗ることです。
在来線で2駅のこの板橋駅には実は新幹線の駅にもなっていたのです。
東海道新幹線の品川駅といったイメージですかね。
というわけで、新幹線乗り場に向かいましょう。
購入した切符がこちら。

料金は35元、日本円にして約100円くらいです。
100円で新幹線でのショートトリップができちゃうのですよ。
ちなみに、これまでは指定席やグリーン車に乗ってきましたが、今回はひと駅だけ乗るので自由席にしました。

10:29、板橋発台北行き620列車に乗車。
10:36、台北着。

わずか7分の超贅沢な旅となりました(笑)
最後に台湾新幹線の顔を撮影。

こうして見るとやっぱりかっこいいですね。

さてさて、先ほど購入した新幹線のチケットは改札を出る時に自動改札に入れます。

するとまたチケットがこうして出てきます。

このチケットを取り出すと自動改札が開くシステムになっています。
そう、新幹線のチケットは何も言わないでも手元に残るようになっているのですよ。
鉄道好きにとってはうれしいシステムですね。

次回、いよいよこの台湾旅行の最終レポートです。

台湾に行こう!まとめ
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1
エバー航空の飛行機で台北の松山空港へ 台湾に行こう! その2
シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)にチェックインする 台湾に行こう! その3
台北駅周辺で日本統治時代の建築物に出会う 台湾に行こう! その4
台北で食べる肉そばと第1ネコ発見 台湾に行こう! その5
若者の町である西門とその裏通り 台湾に行こう! その6
龍山寺にて台湾の人々の信仰心を見る 台湾に行こう! その7
台湾MRTで台湾での初鉄道に乗る 台湾に行こう! その8
師大夜市をぷらついて、夜ご飯を食べる 台湾に行こう! その9
朝の台北駅での切符購入作業とホームでの普通列車観察 台湾に行こう! その10
特急自強号で台北から瑞芳駅へ 台湾に行こう! その11
ローカル色満点の平渓線に乗車する 台湾に行こう! その12
平渓線十分駅でのタブレット交換と菁桐駅の木造駅舎 台湾に行こう! その13
平渓線平渓駅で途中下車して町歩きをする 台湾に行こう! その14
平渓線十分駅そばの線路際にて 台湾に行こう! その15
坂と階段とレトロな町並みの九份を訪れる 台湾に行こう! その16
九份は猫の町でもあった! 台湾に行こう! その17
九份の忘情小築茶坊で台湾のお茶を頂く 台湾に行こう! その18
台湾新幹線乗車記 台湾に行こう! その19
台湾1周鉄道旅に出よう? 台湾に行こう! その20
台湾新幹線を台北から左営まで乗りつぶす 台湾に行こう! その21
蓮池潭と台湾のかき氷と暴走タクシー 台湾に行こう! その22
客車列車の莒光号に乗車し、そして時刻表ゲット 台湾に行こう! その23
フェリーで鼓山から旗津へと渡る 台湾に行こう! その24
レンタサイクルで旗津の町を走り回る 台湾に行こう! その25
台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26
高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27
故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28
淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29
MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30
台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31←今ここ
サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30

2月26日。
台湾4日目の午後は台北近郊の観光地である淡水にやってきました。
川沿いの道を歩いているとボート小屋が見えてきます。

さらにこの道を歩いて行くとレンタサイクル屋さんがありました。

自転車好きとしてはここで借りない手はないですよね。
借りた自転車がこちら。

この淡水へは和男さん、いみなしおさん、台湾在住の和男さんの友人、そして僕の4人で来ていたので、2人乗り自転車を2台借りました。
それにしても、この自転車の怖いこと怖いこと。
バランスは取れないし、フレームはちょいと曲がっているし、なかなかスリルがある自転車でしたよ。
この自転車でMRT淡水線の線路脇の道を走りました。

たくさんの人がこのサイクリングロードをレンタサイクルで走っていました。
せっかくなのでMRTも撮影しておきましょう。

実はこの日は夜に約束があったので、あまり時間がなかったことから自転車は30分程で返却して、淡水駅へと向かいました。
その途中で素晴らしい夕焼け空に出会いました。

この前日までは天気がよくなく、この日になって初めて台湾での晴れの日になりました。
淡水は夕日も名物のようですが、こんなきれいな景色を見ることができたのもラッキーでした。

淡水からはMRTを乗り継いで六張犁駅に向かいます。
六張犁駅はMRTのモノレールに乗っていきます。

車両から車両へと移ることができない形式で、小さな車両が4両連なるおもちゃのような車両でした。

もうすっかり日が暮れてしまったので、なかなか撮影が難しかったです。

さて、六張犁駅から歩いて向かったのが明月湯包という小龍包で有名なお店です。

店内は地元の方らしき人でいっぱいでしたので、人気店なんでしょうね。

実はこのお店を予約してくれていたのが、僕の友人で台湾で歌手として活躍している西田恵里奈さんでした。
西田さんとここで合流し一緒にご飯を食べようと約束をしていたのです。
僕達4人と西田さん、そして西田さんの友人の謝俊奇さんの6人でここで食事をしました。

謝俊奇さんは台湾人歌手で、台湾の勝ち抜き歌合戦のような番組で激戦を勝ち抜いて今ではかなりの人気のある若手歌手と紹介されました。
食後はその謝俊奇さんのライブに招待されたので、みんなで謝さんの歌を聞きに行ってきました。
Youtubeで謝さんの歌がアップされていましたので、ぜひご覧ください。

観光だけでなくこんなうれしい出会いもこの台湾旅行ではありました。

こうして台湾4日目の夜はふけていったのです。
次回からは台湾最終日のレポートとなります。

台湾に行こう!まとめ
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1
エバー航空の飛行機で台北の松山空港へ 台湾に行こう! その2
シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)にチェックインする 台湾に行こう! その3
台北駅周辺で日本統治時代の建築物に出会う 台湾に行こう! その4
台北で食べる肉そばと第1ネコ発見 台湾に行こう! その5
若者の町である西門とその裏通り 台湾に行こう! その6
龍山寺にて台湾の人々の信仰心を見る 台湾に行こう! その7
台湾MRTで台湾での初鉄道に乗る 台湾に行こう! その8
師大夜市をぷらついて、夜ご飯を食べる 台湾に行こう! その9
朝の台北駅での切符購入作業とホームでの普通列車観察 台湾に行こう! その10
特急自強号で台北から瑞芳駅へ 台湾に行こう! その11
ローカル色満点の平渓線に乗車する 台湾に行こう! その12
平渓線十分駅でのタブレット交換と菁桐駅の木造駅舎 台湾に行こう! その13
平渓線平渓駅で途中下車して町歩きをする 台湾に行こう! その14
平渓線十分駅そばの線路際にて 台湾に行こう! その15
坂と階段とレトロな町並みの九份を訪れる 台湾に行こう! その16
九份は猫の町でもあった! 台湾に行こう! その17
九份の忘情小築茶坊で台湾のお茶を頂く 台湾に行こう! その18
台湾新幹線乗車記 台湾に行こう! その19
台湾1周鉄道旅に出よう? 台湾に行こう! その20
台湾新幹線を台北から左営まで乗りつぶす 台湾に行こう! その21
蓮池潭と台湾のかき氷と暴走タクシー 台湾に行こう! その22
客車列車の莒光号に乗車し、そして時刻表ゲット 台湾に行こう! その23
フェリーで鼓山から旗津へと渡る 台湾に行こう! その24
レンタサイクルで旗津の町を走り回る 台湾に行こう! その25
台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26
高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27
故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28
淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29
MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30←今ここ
台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31
サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29

2月26日。
今回は台湾4日目午後の部のレポートです。
士林駅で午前中はホテルで休んでいた和男さんと合流。
ここからまたMRTに乗ることにします。
とりあえずホームの端っこで撮り鉄活動。

なんか車体の横幅が広いような気がします。
この列車に乗ってMRT淡水線の終点淡水駅を目指します。
途中の北投駅の雰囲気がよかったのでパチリ。

淡水駅に到着し、駅前広場に出てみました。

ここも綺麗に整備されていて、向こうにはくおそうマンションも見えます。
駅のガード下では高校生くらいの人々がダンスの練習。

その向こうのYamazakiの看板も気になるところではあります。
駅前広場では盲目の少女のコンサートも開かれていました。

さて、この淡水ですが、台北近郊の観光地としてとても賑わっている町です。
まずは地図を見てみましょう。


大きな地図で見る

右側の赤いラインがMRT淡水線です。その下の丸い印が淡水駅です。
ここは河口付近の町で、通りのすぐ横に川があるわけです。
見た感じではもうほとんど海でした。
その通り沿いにずらりとお店が並んでいるのです。
しかも日本の縁日のような。
金魚すくい、

小さなパチンコのようなもの、

輪投げ、

スーパーボール、

シャボン玉遊び、

風船割り、

ここは日本なのかと錯覚してしまう風景がそこにはありました。
さらに通りを歩いていると、こんなお店がありました。

おそらく怪奇博物館。
どうせたいしたものはないでしょうが、怖いもの見たさで中に入ってみることにしました。

巨大なうさぎ。

巨大蟹や蛇の標本、

おどろおどろしいものがそこかしこに展示されていて楽しませてもらいました(笑)

この後、淡水でもレンタサイクルを借りてみることにしました。
その話はまた次回。

台湾に行こう!まとめ
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1
エバー航空の飛行機で台北の松山空港へ 台湾に行こう! その2
シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)にチェックインする 台湾に行こう! その3
台北駅周辺で日本統治時代の建築物に出会う 台湾に行こう! その4
台北で食べる肉そばと第1ネコ発見 台湾に行こう! その5
若者の町である西門とその裏通り 台湾に行こう! その6
龍山寺にて台湾の人々の信仰心を見る 台湾に行こう! その7
台湾MRTで台湾での初鉄道に乗る 台湾に行こう! その8
師大夜市をぷらついて、夜ご飯を食べる 台湾に行こう! その9
朝の台北駅での切符購入作業とホームでの普通列車観察 台湾に行こう! その10
特急自強号で台北から瑞芳駅へ 台湾に行こう! その11
ローカル色満点の平渓線に乗車する 台湾に行こう! その12
平渓線十分駅でのタブレット交換と菁桐駅の木造駅舎 台湾に行こう! その13
平渓線平渓駅で途中下車して町歩きをする 台湾に行こう! その14
平渓線十分駅そばの線路際にて 台湾に行こう! その15
坂と階段とレトロな町並みの九份を訪れる 台湾に行こう! その16
九份は猫の町でもあった! 台湾に行こう! その17
九份の忘情小築茶坊で台湾のお茶を頂く 台湾に行こう! その18
台湾新幹線乗車記 台湾に行こう! その19
台湾1周鉄道旅に出よう? 台湾に行こう! その20
台湾新幹線を台北から左営まで乗りつぶす 台湾に行こう! その21
蓮池潭と台湾のかき氷と暴走タクシー 台湾に行こう! その22
客車列車の莒光号に乗車し、そして時刻表ゲット 台湾に行こう! その23
フェリーで鼓山から旗津へと渡る 台湾に行こう! その24
レンタサイクルで旗津の町を走り回る 台湾に行こう! その25
台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26
高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27
故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28
淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29←今ここ
MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30
台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31
サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28

2月26日。
台湾4日目の朝を向かえました。
朝食はホテルのバイキング。
その後ホテルのロビーで台湾在住の和男さんの友人と合流。
この日は朝から一緒に行動することになっていました。
ところが、この前日のマッサージが響いたのか和男さんがダウン。
午前中は休みたいということで、和男さんをホテルに残し、いみなしおさん、僕、そして和男さんの友人の方の3人で出かけることに。

ホテルから出てみると、何やら玄関にたくさんの人だかりができていました。
何だろうと観察していると、ホテル内から花嫁さんが。

ホテル前に停まっていた外車に乗り込んでいきました。

朝から幸せなワンシーンを見ることができました。

台北駅からはMRTの淡水線に乗り込みました。
最初は地下を走るのですが、しばらくすると地上に出ます。
車窓からは台北国際花博覧会に集まってくるたくさんの人々が見えました。

士林駅にて下車。

これまでの台湾滞在で一番いい天気なので、ワクワク感が一気に上昇していきます。
改札口を出ると、頭上にはMRTの線路、そして駅前広場には白衣を着た人がたくさんいて、青空診療所(?)のようなものが開かれていました。

指圧をしたりマッサージをしたりなどをしているのを見かけましたが、中にはこんなのも。

トランプが出ているので占いでしょうかね。
いろんな人がいるものです。

士林駅前からバスに乗車。
バスには台北のMRTでも使っていたカードがそのまま使えるので現金いらずです。
向かう先は故宮博物院です。
歴史好きのいみなしおさんの台湾訪問ポイントの中で最優先となっている場所です。
バスを故宮博物院前で下車。
お世話になったバスはこちら。

バス停の目の前にドーンと故宮博物院が現れます。

この日は土曜日ということもあって、早朝にもかかわらずたくさんの人が来ていました。

博物院内は撮影禁止なので写真はなしです。
中国の歴史的遺産をたくさん見ることができました。
展示物が興味深いのはもちろんですが、僕が興味を持ったはの博物院前にある巨大マンション群。

この無骨なデザインに視線が釘付けになってしまいました。
うー、中に入ってみたい。

博物院見学の後は再びバスで士林駅へ。

すっかり太陽が天高く昇っていました。
そう、もうお昼ごはんの時間です。
その前に、ホテルで休んでいる和男さんに連絡して、合流時間と場所を確認しなければなりません。
公衆電話で和男さんの携帯にかけてみます。

ところが、なぜか繋がらない。
海外から、海外に持ち込んでいる日本の携帯電話への電話のかけ方がよくわかりませんでした。
なので、ホテルに電話して部屋につなげてもらうというシンプルな方法で何とか連絡をとることができました。

合流前にお昼ごはんです。
士林駅近くにあったお店にぷらっと入ってみました。

飛び込みで適当に入ったにしては、なかなか美味しい物が揃っていましたよ。

食後に士林駅へ。

離れたところからみると士林駅のホームは故宮博物院に模して作られていることがわかりました。
ここで和男さんと合流。
次回は台湾4日目の午後の部のレポートになります。

台湾に行こう!まとめ
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1
エバー航空の飛行機で台北の松山空港へ 台湾に行こう! その2
シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)にチェックインする 台湾に行こう! その3
台北駅周辺で日本統治時代の建築物に出会う 台湾に行こう! その4
台北で食べる肉そばと第1ネコ発見 台湾に行こう! その5
若者の町である西門とその裏通り 台湾に行こう! その6
龍山寺にて台湾の人々の信仰心を見る 台湾に行こう! その7
台湾MRTで台湾での初鉄道に乗る 台湾に行こう! その8
師大夜市をぷらついて、夜ご飯を食べる 台湾に行こう! その9
朝の台北駅での切符購入作業とホームでの普通列車観察 台湾に行こう! その10
特急自強号で台北から瑞芳駅へ 台湾に行こう! その11
ローカル色満点の平渓線に乗車する 台湾に行こう! その12
平渓線十分駅でのタブレット交換と菁桐駅の木造駅舎 台湾に行こう! その13
平渓線平渓駅で途中下車して町歩きをする 台湾に行こう! その14
平渓線十分駅そばの線路際にて 台湾に行こう! その15
坂と階段とレトロな町並みの九份を訪れる 台湾に行こう! その16
九份は猫の町でもあった! 台湾に行こう! その17
九份の忘情小築茶坊で台湾のお茶を頂く 台湾に行こう! その18
台湾新幹線乗車記 台湾に行こう! その19
台湾1周鉄道旅に出よう? 台湾に行こう! その20
台湾新幹線を台北から左営まで乗りつぶす 台湾に行こう! その21
蓮池潭と台湾のかき氷と暴走タクシー 台湾に行こう! その22
客車列車の莒光号に乗車し、そして時刻表ゲット 台湾に行こう! その23
フェリーで鼓山から旗津へと渡る 台湾に行こう! その24
レンタサイクルで旗津の町を走り回る 台湾に行こう! その25
台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26
高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27
故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28←今ここ
淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29
MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30
台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31
サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27

2月25日。
台湾滞在3日目。
旗津でレンタサイクルで井戸ポンプ巡りをした後は再びフェリーで鼓山に戻ります。
フェリーターミナルの前で待っていると鼓山からのフェリーが到着したのか、出入口からたくさんの人とバイクと自転車が出てきました。

お?二人乗りのレンタサイクルの人も出てきました。
自分の自転車だけでなく、レンタサイクルでフェリーに乗るというのもありなんですね。
僕らもフェリーに乗り込み、デッキに出てみるとバイクの人々の乗船時間になります。

次から次へと船に入っていくバイクの群れ。
この地域ではフェリーが日常の足になっているのがよくわかりました。

フェリーが旗津から出ると景色はもう夕暮れとなっていました。

今更ですが旗津の場所を地図で見ておきましょう。


大きな地図で見る

旗津區と書かれている細長い島が今まで僕達がいたところになります。
レンタサイクルで走っていても確かに長細い土地だなというのは実感できていました。
それにしてもこんな場所に井戸がたくさんあったというのは意外なことでした。

フェリーは鼓山に到着。
ここから歩いて高雄MRTの西子湾駅へ。

台北のMRTと同じように地下鉄です。
台北では磁気カードでMRTに乗りましたが、高雄では台北のカードは使えまえんでした。
都市ごとにカードは異なるものになるようです。
そこで自動販売機で切符を買うことにしました。

出てきた切符がこちら。

切符というよりもチップですね。
一見おもちゃのコインのように見えますが、実はIC内蔵で、自動改札の矢印のところにピっと軽く触れるだけでいいのです。
見た目はコインだけど台北で使っていたカードと全く同じ機能がここにはあるのです。
MRTに乗車しましょう。

下車する際は自動改札のチップ投入口に返却します。

このチップは使い回し可能なので環境にも優しいという優れものです。
さすがさすが最新のテクノロジーを導入している台湾MRTです。

下車したのは新幹線と接続する左營駅です。
ここから新幹線駅まで歩くのですが、駅構内ではミニコンサート中。

こんなことも駅内でやってもいいのですね。
新幹線の左營駅へとやってきて、自動販売機で切符を買おうとしたら、、、

長蛇の列。
この混雑のおかげで乗りたかった列車の切符は買えずに1本遅い列車となってしまいました。

でも急ぐ旅ではないから、これもまた一興です。
ちなみに今回もグリーン車でゆったりと台北へと帰りました。

思わぬ時間ができてしまったので、駅構内のクロワッサン屋さんで夕食にすることに。

僕が買ったのはこちら。

値段と中の具材が具体的に何かはメモをするのを忘れました。

18:54、左營発台北行き238列車に乗車。
20:30、台北着。

先ほどクロワッサンで軽く夕食をとったけど、もう少し何かをお腹に入れておきたいということで台北駅周辺を歩いてみました。

入ったのはこちらのお店。

八方雲集というお店です。
ここでは焼き餃子を注文しました。

この台湾3日目は食に関しては当たりがなかったのですが、この餃子は美味しかったですよ。

これまで僕達3人は一緒に行動してきたが、食後は別行動でそれぞれ台湾の夜散歩に出かけることに。
和男さんはマッサージへ、いみなしおさんはMRTに乗ってどこかへ(どこに行ったか忘れちゃいました)、僕も適当にMRTに乗ってぷらりとしてみることにします。

やっぱり台湾のMRT駅はかっこいい。
僕が適当に降りたのは中正紀念堂駅です。
駅を降りてしばらく歩くと立派な塀が続いているではないですか。

ここが駅名にもなっている中正紀念堂です。

ここは蒋介石を称えるホールということで、ホールがあったり庭園があったりするのですが、もう夜のため中に入ることができませんでした。
それでもこうして外観だけでも眺めることができたので満足です。

こうして台湾3日目の夜は終りとなるのです。
次回は台湾4日目のレポートとなります。

台湾に行こう!まとめ
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1
エバー航空の飛行機で台北の松山空港へ 台湾に行こう! その2
シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)にチェックインする 台湾に行こう! その3
台北駅周辺で日本統治時代の建築物に出会う 台湾に行こう! その4
台北で食べる肉そばと第1ネコ発見 台湾に行こう! その5
若者の町である西門とその裏通り 台湾に行こう! その6
龍山寺にて台湾の人々の信仰心を見る 台湾に行こう! その7
台湾MRTで台湾での初鉄道に乗る 台湾に行こう! その8
師大夜市をぷらついて、夜ご飯を食べる 台湾に行こう! その9
朝の台北駅での切符購入作業とホームでの普通列車観察 台湾に行こう! その10
特急自強号で台北から瑞芳駅へ 台湾に行こう! その11
ローカル色満点の平渓線に乗車する 台湾に行こう! その12
平渓線十分駅でのタブレット交換と菁桐駅の木造駅舎 台湾に行こう! その13
平渓線平渓駅で途中下車して町歩きをする 台湾に行こう! その14
平渓線十分駅そばの線路際にて 台湾に行こう! その15
坂と階段とレトロな町並みの九份を訪れる 台湾に行こう! その16
九份は猫の町でもあった! 台湾に行こう! その17
九份の忘情小築茶坊で台湾のお茶を頂く 台湾に行こう! その18
台湾新幹線乗車記 台湾に行こう! その19
台湾1周鉄道旅に出よう? 台湾に行こう! その20
台湾新幹線を台北から左営まで乗りつぶす 台湾に行こう! その21
蓮池潭と台湾のかき氷と暴走タクシー 台湾に行こう! その22
客車列車の莒光号に乗車し、そして時刻表ゲット 台湾に行こう! その23
フェリーで鼓山から旗津へと渡る 台湾に行こう! その24
レンタサイクルで旗津の町を走り回る 台湾に行こう! その25
台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26
高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27←今ここ
故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28
淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29
MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30
台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31
サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26

2月25日。
台湾滞在3日目は高雄近郊の旗津にやってきました。
そこでレンタサイクルを借りて町を走っているとあれを見つけました。

そう、井戸ポンプです。
日本では各地を歩いて井戸ポンプ撮影に勤しんでいる僕ですが、実は台湾にも井戸ポンプが残っているという噂は聞いていました。
でもまさかこんなにも簡単に、あっさりと見つかってしまうとはね。
台湾の井戸ポンプは日本統治時代の遺産でもあるのです。

次はポンプはないけど、これも井戸です。

そこから10mぐらい離れたところにも同じタイプの井戸がありました。

近くにおじさんがいて台湾の言葉で色々説明してくれたのですが、さっぱりわかりませんでした。
なんとなくわかったのは、先にあげた井戸はもう水が枯れているけど、この井戸にはまだ水があるということです。
なんとなく雰囲気でそう言っていると感じ取っただけで、これが正しいかどうかわかりません。
でもこの付近に住んでいる人々に昔から使われてきた井戸なんでしょうね。

どんどんいきましょう。
次は廃墟の片隅にあった井戸ポンプ。

路地裏にも廃井戸ポンプ。

隣り合った2軒の家の前にそれぞれポンプがありました。

ウェットスーツが干してある下にも井戸ポンプ。

ポンプの向こうに猫が1匹。

床屋さんの入り口前にも井戸ポンプ。

お店の中にいたおじさんにポンプを撮影していいか聞いてみたら、快く撮影させてくれました。

僕以外でも日本からの観光客で井戸ポンプの撮影をするような人がいるのですかね(笑)

といった感じで旗津の町にはたくさんの井戸がありました。
ここで紹介した以外でも井戸ポンプを見つけたので、もっと丁寧に探せば大量の井戸ポンプが発見できると思いますよ。

次回は旗津を離れて台北に戻るレポートです。

台湾に行こう!まとめ
羽田空港国際線ビルにやって来た 台湾に行こう! その1
エバー航空の飛行機で台北の松山空港へ 台湾に行こう! その2
シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)にチェックインする 台湾に行こう! その3
台北駅周辺で日本統治時代の建築物に出会う 台湾に行こう! その4
台北で食べる肉そばと第1ネコ発見 台湾に行こう! その5
若者の町である西門とその裏通り 台湾に行こう! その6
龍山寺にて台湾の人々の信仰心を見る 台湾に行こう! その7
台湾MRTで台湾での初鉄道に乗る 台湾に行こう! その8
師大夜市をぷらついて、夜ご飯を食べる 台湾に行こう! その9
朝の台北駅での切符購入作業とホームでの普通列車観察 台湾に行こう! その10
特急自強号で台北から瑞芳駅へ 台湾に行こう! その11
ローカル色満点の平渓線に乗車する 台湾に行こう! その12
平渓線十分駅でのタブレット交換と菁桐駅の木造駅舎 台湾に行こう! その13
平渓線平渓駅で途中下車して町歩きをする 台湾に行こう! その14
平渓線十分駅そばの線路際にて 台湾に行こう! その15
坂と階段とレトロな町並みの九份を訪れる 台湾に行こう! その16
九份は猫の町でもあった! 台湾に行こう! その17
九份の忘情小築茶坊で台湾のお茶を頂く 台湾に行こう! その18
台湾新幹線乗車記 台湾に行こう! その19
台湾1周鉄道旅に出よう? 台湾に行こう! その20
台湾新幹線を台北から左営まで乗りつぶす 台湾に行こう! その21
蓮池潭と台湾のかき氷と暴走タクシー 台湾に行こう! その22
客車列車の莒光号に乗車し、そして時刻表ゲット 台湾に行こう! その23
フェリーで鼓山から旗津へと渡る 台湾に行こう! その24
レンタサイクルで旗津の町を走り回る 台湾に行こう! その25
台湾で井戸ポンプを大量に発見する! 台湾に行こう! その26←今ここ
高雄のMRTに乗車する 台湾に行こう! その27
故宮博物院で歴史を学ぶ 台湾に行こう! その28
淡水で日本風縁日巡りをする 台湾に行こう! その29
MRTの撮り鉄と台湾人歌手の謝俊奇さんのライブ 台湾に行こう! その30
台湾新幹線で7分間のショートトリップをしよう! 台湾に行こう! その31
サヨナラ台湾、また会う日まで 台湾に行こう! その32

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

1 / 41234

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム