Tag ‘昭和’


今週の365 DAYS OF TOKYO(6月2日~6月8日) ~ 谷中と上野桜木のネコたち

「今週の365 DAYS OF TOKYO」の時間になりました。
今週の7枚は台東区、北区の風景です。

6月2日

東京春景色 谷中・上野路地裏散歩 ネコ 2014年4月12日

谷中のとあるお寺さんにて。
巡回中のネコに出くわしました。
周囲に誰かが侵入した痕跡がないか慎重に調査していましたよ

6月3日

東京春景色 谷中・上野路地裏散歩 2014年4月12日

谷中のとあるお寺さんにて。
光がいっぱいの中にもうすぐ花咲かせようかという蕾がありました。
こういうのを見ても春を感じますね。

6月4日 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

今週の365 DAYS OF TOKYO(8月26日~9月1日) ~ 夏の雑司が谷路地裏風景

「今週の365 DAYS OF TOKYO」の時間になりました。
今週の7枚は全て豊島区、台東区の風景です。

8月26日

東京路地裏散歩 2013年8月7日 池袋・雑司が谷

雑司が谷にある水車。
小さな水車ですが都心部にもこんな風景があります。

8月27日

東京路地裏散歩 2013年8月7日 池袋・雑司が谷

雑司が谷の路地裏で出会ったネコ。
いくら近づいても待ってく気にせずに眠り続けていました(笑)

8月28日

東京路地裏散歩 2013年8月7日 池袋・雑司が谷

雑司が谷の長屋。
長屋というと古いイメージがありますが、リノベーションでこんなにきれいになりました。

8月29日

東京路地裏散歩 2013年8月7日 池袋・雑司が谷

これも雑司が谷のネコ。
廃屋の門のところで寝ていましたが、僕が近づくと驚いて起きちゃいました。
びっくりした瞬間の顔をパチリ。

8月30日

東京路地裏散歩 2013年8月7日 池袋・雑司が谷

雑司が谷の鬼子母神境内にある武芳稲荷。
夕暮れ時は非日常的雰囲気がぷんぷんと漂う場所になります。

8月31日

東京路地裏散歩 2013年8月7日 池袋・雑司が谷

雑司が谷の鬼子母神境内には駄菓子屋の上川口屋があります。
夕方になって閉店した後も店頭にラムネのビンが並べられていました。
透き通った青が涼しさを感じさせてくれました。

9月1日

東京路地裏散歩 2013年8月8日 谷中

谷中の路地裏で見つけたゴーヤー。
グリーンカーテンを作って、こうやって食べ物の収穫もできると楽しいですよね。

こんな感じで365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)では1日1枚東京の風景を紹介しております。
そちらで毎日見てもらうもよし、こちらで1週間分まとめて見てもらうもよしです。
来週の日曜日の夜にも温かくて、柔らかくて、優しい東京の風景を紹介いたします。

写真はNikon D7000+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影し、市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio PRO5 Windowsで現像しました。

よろしければシェアしてください!

中野にある昔ながらの洋食屋さん レストランちぇっくで生姜焼き定食を食べてきた

たまには昔ながらの洋食屋さんに行ってみようということで中野のレストランちぇっく行ってみました。
ちぇっく – 中野/洋食 [食べログ]

お店の中はいかにも昭和っぽい雰囲気です。

CDラジカセは飾り物ではなく現役で、そこからBGMが流されていました。
壁には大きめの絵画が飾られています。

なんだかすごい空間ですよ、ここ。

さて、僕が注文したのは生姜焼き定食です。

パンとごはんを選択できたけど、この日の僕はご飯の気分だったのです。
お味噌汁とお新香もついてきますよ。
生姜焼きにはこってりと生姜がついてきます。

いやあ、久々にこんな本格的な生姜焼きを食べました。
食後はアイスコーヒーをいただきました。

ちなみに、一番上に載せた写真は友人が頼んだハンバーグ定食でした。

こんな感じでお腹いっぱい、満足させてくれる洋食屋さんでした。

写真はNikon1 J1+Nikon 1 NIKKOR (ワンニッコール) 18.5mm f/1.8 ブラック 1N 18.5 1.8BKで撮影したものです。

店内での食べ物写真の撮影にはこのレンズを重宝しています。

Nikon 1 NIKKOR (ワンニッコール) 18.5mm f/1.8 ブラック 1N 18.5 1.8BK
by カエレバ

 

よろしければシェアしてください!

北区滝野川2丁目の井戸ポンプ、墜つ

昨年(平成22年、2010年)8月28日に北区滝野川2丁目の井戸ポンプを訪れました。
こちら。

今日、たまたまこの近くを通ったので、どうなっているか様子を見に行ったのですよ。
すると、以前とは全く変わり果てた姿になっていました。

ポキリと折れて台座から落ちてしまっていました。

予想外のこの姿に愕然とすると共に、時の移ろいの残酷さを実感しました。

人が触らなくなったものの劣化スピードは恐ろしく早いのですね。

使われなくなった井戸ポンプの成れの果てには余りに悲しい現実が待っていました。

写真はNikon D90Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影しました。

よろしければシェアしてください!

月島の路地裏で感じる昭和の残照 秋の東京散歩 その6

僕が昭和探索を開始するきっかけとなった月島の長屋の一部が取り壊しになっていました。
しかしまだまだ残っている部分もあり、昭和の面影はいまだ健在です。
今回はそんな月島の路地裏をレポートしたいと思います。
まずは月島に来たら必ず撮影するアングルからです。

左右両側に長屋があり、木造の物干し台がずらっと並んでいるその向こうに近代的なマンションがあるこの風景が、昭和と平成が交錯する月島を象徴していると個人的に思っています。
長屋と長屋の間の道は人がすれ違うのがやっとの狭さです。

木製のはしごが無造作に置かれていたり、

昔はどこでも見かけた牛乳入れがあったり、

包丁とぎの値段が微妙に値上がりしていたり、

やっぱり猫がいたり、

どこをどう見ても昭和の情景が広がっていました。
やっぱり月島のこの一角は昭和を味わうには最高の場所だと思います。

次回はいよいよ江東区の清澄庭園に向かいます。

秋の東京散歩まとめ
上野動物園のカピバラさんとプレーリードック 秋の東京散歩 その1
上野公園内の清水観音堂と黒門跡 秋の東京散歩 その2
山手線命名100周年記念明治のチョコレート電車と新橋駅の牛乳スタンド 秋の東京散歩 その3
浜離宮恩賜庭園で青空の下お茶をいただく 秋の東京散歩 その4
あの月島の長屋の一部が取り壊されていた 秋の東京散歩 その5
月島の路地裏で感じる昭和の残照 秋の東京散歩 その6←今ここ
清澄庭園の紅葉を楽しむ 秋の東京散歩 その7

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

あの月島の長屋の一部が取り壊されていた 秋の東京散歩 その5

11月15日の日曜日、青空の下東京各地を散策してきました。
浜離宮恩賜庭園を出てから江東区の清澄庭園に向かうために築地市場駅から都営大江戸線に乗り込みました。
築地市場から清澄庭園がある清澄白河までは4駅です。
最初はまっすぐ清澄白河に向かうつもりだったのですが、2つ目の駅が月島駅でした。
この月島は僕が好きな長屋群がまだ残る町であり、最近浅田次郎さんの「月島慕情」を読んだこともあって途中下車してみたくなりました。
向かった先はこのブログでも何度も紹介したあの場所です。

月島散策(とくとみぶろぐ)
月島の木造長屋群、再び 銀座から築地、月島へ その6(とくとみぶろぐ)
月島の長屋に未だ残る生活の香り 銀座から築地、月島へ その7(とくとみぶろぐ)

ところが、あの長屋があった場所に行ってみると工事用の覆いがかかっていているではありませんか。

隙間から覗き込んでみると、長屋群の一角に重機が入っていてすっかり取り壊されていたのです。

反対側にまわってみると。

見るも無残な姿になってしまっていました。
これも時代の流れで仕方がないところなのですが、やはり哀しみがあふれ出てきてしまいます。
この長屋が僕の昭和レトロを追いかける原点だった場所だったのですから。

なんだか暗い気分になってしまいましたが、まだまだ残っている長屋があります。
住んでいる人はほとんどいなくなったけど、現役で家として機能しているところもあります。
次回は廃墟ではなく、そこらへんにスポットを当ててレポートします。

秋の東京散歩まとめ
上野動物園のカピバラさんとプレーリードック 秋の東京散歩 その1
上野公園内の清水観音堂と黒門跡 秋の東京散歩 その2
山手線命名100周年記念明治のチョコレート電車と新橋駅の牛乳スタンド 秋の東京散歩 その3
浜離宮恩賜庭園で青空の下お茶をいただく 秋の東京散歩 その4
あの月島の長屋の一部が取り壊されていた 秋の東京散歩 その5←今ここ
月島の路地裏で感じる昭和の残照 秋の東京散歩 その6
清澄庭園の紅葉を楽しむ 秋の東京散歩 その7

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

谷中の廃墟と化した木造家屋群が取り壊されていた

永遠に存在し続けるものなんてまずないんだろうけど、好きな場所はついずっとそこにあり続けると思い込んでしまいます。
谷中の僕が好きな場所もきっと残っていくんだろうなんて思っていましたが、それは錯覚だということをつい先日思い知らされました。
僕が好きだった場所というのは木造の廃屋が密集していて、かつて井戸ポンプがあった跡がある場所です。
春先の緑が少しずつ増えてきた時期は暖かい雰囲気があり、

冬は草が枯れていてとても寂しい雰囲気を漂わせていた場所でした。

そんな場所に井戸ポンプの土台の残骸があったのです。

ところが、先週4ヶ月ぶりに谷中散策に行き、あの場所を訪ねてみると・・・

あの一角がすっかり取り壊されていました。
ごみごみしていて昭和の香りを残す場所だったのですが、今ではこんなにすっきりとしてしまいました。
あの路地裏をもう一度見ることができなくてとても残念なのですが、これが現実なのでしょう。
永遠に存在し続けるものなんてないのです。
なんだか悲しい発見をしてしまった一日でした。

写真はNikon D40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

靖国神社境内で見かけた昭和の風景 秋葉原ー新宿散歩 その6

秋葉原から新宿までのロングウォークレポートの第6回目です。
前回は九段下ビルにレポートしました。
今回はさらに靖国通りを新宿方面に進んでみることにします。
高速道路の下を通り、きつい坂を上るとそこには靖国神社が現れます。

この大鳥居をくぐり、さらに真っ直ぐ進むと本殿です。

ここでお参りをしてから境内を散策してみると、昔懐かしい昭和の風景に出会いました。

「靖国そば」の店内ですが、残念ながらこの日は営業していませんでした。
客席の椅子はまるで小学校のものの背板をはずしたような形をしていました。

いいなあ、この風景。
夕暮れ時の優しい光が入り込み、懐かしい気分を盛り上げてくれているかのようでした。

そういえばもうすぐみたままつりです。
今年は7月13日(月)から16日(木)まで開催されますので、スケジュールが合えばぜひ行ってみようと思います。
詳細は靖国神社のサイトでどうぞ。
靖国神社

秋葉原ー新宿散歩まとめ
昭和モダンの美しいビル、北原ビル 秋葉原ー新宿散歩 その1
ユニークなタヌキが鎮座する秋葉原の柳森神社 秋葉原ー新宿散歩 その2
秋葉原の柳森神社にいた猫2匹 秋葉原ー新宿散歩 その3
お茶の水、神保町近辺の素敵な建築物 秋葉原ー新宿散歩 その4
昭和の名建築がここに、九段下ビル 秋葉原ー新宿散歩 その5
靖国神社境内で見かけた昭和の風景 秋葉原ー新宿散歩 その6←今ここ
foodies TOKYO LIVING/CAFEで開催されたPaletteというパーティーに出席した後新宿駅へ 秋葉原ー新宿散歩 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

昭和の名建築がここに、九段下ビル 秋葉原ー新宿散歩 その5

秋葉原から新宿までのロングウォークレポートの第5回目です。
今回は九段下近辺の気になる建物を紹介します。
こちらは靖国通り沿いにある九段下ビル。

住所で言うと千代田区神田神保町なりますが、地下鉄の駅では九段下からの方が圧倒的に近いです。
さて、こちらの九段下ビルは昭和2年(1927年)に竣工されたもので、現在では80年以上経過しており、残念ながら崩落防止のネットが張られていて外観を完全には見ることはできません。
しかしネット越しではあるのの、その美しい装飾はなんとなく見ることはできました。
一部ネットがかけられていないところがあり、屋上部分の凸凹装飾やタイルの積み上げを観察することはできます。

でもやっぱり全体的にこのような姿だった頃にこのビルを見てみたかったと思っているところであります。
昔はギャラリーなども入っていて、自由に人々が出入りできたようで、その当時に中の探索もしておけばよかったな。
外から見た感じだともうほとんど入居している部屋はないようで、とても寂しい印象を受けました。

この九段下ビルは表通りから見るととてもモダンに見えるのですが、裏から見るととてもカオスなことになっていました。
まずは横から見てます。

左が九段下ビルで右は民家ですが、これが完全にくっついており一体化しているのです。
ではカオスな裏手を見てみます。

金網の向こうに見えるのが九段下ビルだけど、完全に色が違っています。
どうやらこの部分は後から増築されたようで、色といい、デザインといい全く統一感がないものなので、個々バラバラに作られたものではないかと思われます。
このカオスな感じがまるでここが日本ではなくかつて香港にあった九龍城を思い起こさせました。
手前の空き地にも昔は建物があったはずなので、ぜひその当時の写真も見てみたいものです。

最後に内部写真も一枚。

秋葉原ー新宿散歩まとめ
昭和モダンの美しいビル、北原ビル 秋葉原ー新宿散歩 その1
ユニークなタヌキが鎮座する秋葉原の柳森神社 秋葉原ー新宿散歩 その2
秋葉原の柳森神社にいた猫2匹 秋葉原ー新宿散歩 その3
お茶の水、神保町近辺の素敵な建築物 秋葉原ー新宿散歩 その4
昭和の名建築がここに、九段下ビル 秋葉原ー新宿散歩 その5←今ここ
靖国神社境内で見かけた昭和の風景 秋葉原ー新宿散歩 その6
foodies TOKYO LIVING/CAFEで開催されたPaletteというパーティーに出席した後新宿駅へ 秋葉原ー新宿散歩 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

昭和モダンの美しいビル、北原ビル 秋葉原ー新宿散歩 その1

先日、秋葉原から新宿までなぜか歩いてしまいました!
普通に総武線に乗れば8.6キロの距離ですが、いつもの散歩のように途中で路地に迷い込んだり、あえて遠回りをしたりしたので少なくとも1.5倍、つまり約13キロを歩いたと考えていいかもしれません。
普段はこんな距離を歩いたりしないので脚がパンパンになっているのがわかりました。
翌日筋肉痛にはならなかったのがまだ若さがある証拠かな(笑)

さて、ただ秋葉原から新宿まで歩いてきたのではなくいつものように気になる場所の写真を撮ってきたので、いくつかシリーズで紹介していこうと思います。
まずは秋葉原の駅から昭和通りに出て南に向かって、橋を渡ったらすぐ右に曲がってみました。
そこでいきなり現れたのがこちらの建物。

1927年建造の北原ビルです。
このみごとなまでにモダンな造り。
居室部分と階段部分で素材がことなっており、また各階の窓の上下にも飾りがついています。
さらに、左にある階段の入り口の上には丸い窓もあります。

最近のおしゃれな最新式のビルにはない温かさがあり、柔らかさも感じました。
現在このビルに入っているテナントは、表から見る限りは、喫茶アカシヤ、らーめん味楽、産業資材新聞社。
もしかしたら看板は出ていないけど、他にも事務所として利用している会社があるのかもしれません。
アカシヤは外から見てみたら昭和の香りがプンプンする喫茶店だったので、今度時間がある時にコーヒーでも頂いてこようと思っています。

ちなみに、このビルの右側面にははがされた屋号を見ることもできました。

「北原商店」という文字が見えますが、もはや存在はしていないようでした。
このビルのオーナーさんがやっていたお店でしょうかね。

北原ビルのはす向かいにはこんな建物が並んでいました。

これまた昭和の香りがする建物群です。
一番左の看板部分がかなり素敵です。

残念ながらもう営業はしていないようですが、看板はしっかり残っているので現役の頃を想像することができるようになっていました。
この並びには昭和3年に建てられたボタン屋さんもあり、なかなか見所の多い通りになっていますよ。

次回は同じ通りにある柳森神社についてレポートします。

秋葉原ー新宿散歩まとめ
昭和モダンの美しいビル、北原ビル 秋葉原ー新宿散歩 その1←今ここ
ユニークなタヌキが鎮座する秋葉原の柳森神社 秋葉原ー新宿散歩 その2
秋葉原の柳森神社にいた猫2匹 秋葉原ー新宿散歩 その3
お茶の水、神保町近辺の素敵な建築物 秋葉原ー新宿散歩 その4
昭和の名建築がここに、九段下ビル 秋葉原ー新宿散歩 その5
靖国神社境内で見かけた昭和の風景 秋葉原ー新宿散歩 その6
foodies TOKYO LIVING/CAFEで開催されたPaletteというパーティーに出席した後新宿駅へ 秋葉原ー新宿散歩 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

1 / 612345...最後 »

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム