Tag ‘書評’


平成27年(2015年)4月25日(土)発売 皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙イラストの参考資料としてとくとみの写真作品が使われています!

平成27年(2015年)4月25日(土)に皆藤黒助さん(@kaitoukurosuke)著の「ようするに、怪異ではない。」が角川文庫より発売されます。

ようするに、怪異ではない。

表紙のイラストはカタヒラシュンシさん(@katahi_0829)です。
実はこの表紙イラストの参考資料としてとくとみが撮影した写真を提供しました。
帯を取った全体像です。

ようするに、怪異ではない。

この表紙カバーをめくると「©徳富政樹」の文字もちゃんと出ています。

ようするに、怪異ではない。

僕の写真そのものではありませんが、このような素敵なイラストとなって本の表紙になるのは大変嬉しいことです。
無粋になるかもしれないので、僕の写真自体はここでは掲載しませんが、僕の普段の路地裏写真の作風は色濃く出ていると思います。

さて、肝心の小説の内容も紹介したいと思います。
高校進学で東京から鳥取に引っ越してきた主人公の冬目皆人が、進学先の高校で妖怪研究同好会のヒロイン、春道兎鳥とひょんなことから出会って、妖怪に関するミステリーを解いていくという物語です。
最近は何か事件があると妖怪のせいになる物語もあるけれども、本作はそうではありません。
タイトルにもなっているように、現象の原因は「ようするに、怪異ではない。」ということを主人公の冬目皆人が説明していくのです。
ヤカンヅル、鎌鼬、精螻蛄、黒髪切などの妖怪らしきものも出てくるけど、超常現象で安易に説明せずに論理的に、科学的に物事に向き合っていく主人公の姿勢に好感が持てます。
それを引き立てるために妖怪大好きなヒロインの春道兎鳥の存在も大きいです。
もちろんその逆の考え方も成り立つわけですね。
この両者がそれぞれ魅力的なので、キャラクター立ちしているわけです。
冬目皆人も論理性だけでなく、ちょっと間が抜けていたり、人間関係をこれまでうまく学習できていなかったので人の気持ちをあんまり理解できなかったり、完璧な人間でないというのも共感できるポイントだと思います。
ライトノベルだと、不思議な力や特殊能力に注目する作品が多いけど、本作は普通の人が登場人物となって、僕達の周りでもひょっとしたら起こるかもしれない日常の事件が出てきます。
それでもそんな日常がヒロイン、春道兎鳥の破天荒な妖怪的解釈で非日常になっていく様も面白いですよ。
ぐいぐいとストーリー展開に引き込まれていく連作短編集です。

そんな作品の表紙イラストに僕が撮影した写真が参考として使われたのは大変光栄です。
ぜひぜひ本屋さんなどでお手にとって、そして購入していただければと思います。

本作の舞台となっているのは鳥取県境港市です。
実は僕はまだ鳥取県に行ったことがないので、ぜひ鳥取の町の風景も撮影に行きたいですね。
皆人や兎鳥が活き活きと生活している町がどんなものなのか実際に自分の目で見たいと思います。

そうそう。
この作品は8月25日に第2弾も発売されるそうです。
続編も楽しみに待ちたいと思います。

ようするに、怪異ではない。 (日本文学)
皆藤 黒助 KADOKAWA/角川書店 2015-04-25
売り上げランキング : 316879

by ヨメレバ
よろしければシェアしてください!

日本で唯一のストーム・チェイサー 青木豊さんの初写真集「ストーム・チェイサー(The Japanese Storm Chaser)-夢と嵐を追い求めて」が発売中 2015年3月31日(火)まで西武筑波店にて写真展も開催中!

ストーム・チェイサーという職業をご存知でしょうか?
文字通り嵐を追う人で、雷などの気象現象の写真や動画を撮影して、それを作品として売り込む人です。
映画の題材にもなっているので、アメリカではそのような職業の人がいるというイメージを持つことができると思いますが、実は日本にもいるのですよ。
そう、たった一人だけ。
それが茨城県筑西市在住の青木豊さんです。
そんな青木さんが初の写真集を出版されました。

THE JAPANESE STORM CHASER ストーム・チェイサー 夢と嵐を追い求めて 青木豊

僕は発売日に入手しました。
ストーム・チェイサー(The Japanese Storm Chaser)-夢と嵐を追い求めて」というタイトルです。
青木さんの肩書は写真家であり、もちろんストーム・チェイサーです。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

ムック本の「レンズの時間」で大口径レンズについてちょこっと勉強してみた

最近は交換レンズについての勉強も始めたとくとみ(@tokutomi)です。
先日、こちらの本を購入しました。

レンズの時間

レンズの時間 (玄光社MOOK)です。
大口径レンズと言われるレンズの紹介を本書では行っています。
大口径とは、レンズ口径が大きいこととF値が1.8よりも明るいものという定義がなされています。
カールツァイス、フォクトレンダー、SIGMAなどのレンズの特徴と作例が豊富で、レンズについての知識がほとんどない僕でも楽しく読み進めていくことができました。
特に、オールドレンズなどの「味」と言われる現象には興味津々です。
これまではくっきりはっきり写すことに集中していましたが、レンズによってはそうではないフレア、ゴースト、周辺光量落ちなどもとても面白い写りだと感じました。

僕が普段使っているのはNikon D610なので、本書で登場するレンズはほとんど使えなさそうです。
マイクロフォーサーズやSONYのカメラだと色々なレンズをつけることができて楽しそうだなと感じました。
僕は少ない選択肢の中から僕に合った大口径レンズを探してみたいと思っています。

レンズに興味がある人はぜひ参考にしていただきたい本です。

レンズの時間 (玄光社MOOK)
玄光社 2015-02-09
売り上げランキング : 1780

by ヨメレバ
よろしければシェアしてください!

最近読んだネコに関する本を3冊紹介してみます 有川浩「旅猫リポート」 岩合光昭「ネコに金星」 季刊誌「ねこ 冬号」

最近読んで「いいね!」と思ったネコに関する本を3冊紹介いたします。

1冊目は昨年から読むようになった作家さんである有川浩さんの「旅猫リポート」です。

旅猫リポート

ふとしたことから一緒に暮らすようになった主人公とネコなのですが、ある事情から主人公がネコを手放さなければならなくなりました。
そのネコの引き取り先を探すために主人公がネコと一緒に旅をするというストーリーです。
ネコが一体どんなことを考えながら行動しているのかが細かく描かれているので、人間の視点からだけでなくネコの視点から物語を読み進めることができます。
物語の結末は涙なしではいられないという感動のお話です。
ネコ好きな人でもそうでない人にも楽しめると思いますよ。

2冊めはネコ写真の大家と言ってもよいでしょう。
岩合光昭さんの「ネコに金星」です。

ネコに金星 (新潮文庫)

この度新潮文庫でも発売されたのでお手頃価格で手に入るようになりました。
岩合さんが日本中を旅しながら撮影したネコ写真がこれでもかというくらい掲載されている他、ネコの撮影に大事なポイントをさり気なく文章で紹介もしています。
僕もネコ撮影をする一人として大いに参考になる1冊でした。

岩合さんの本と言えばこの「ネコを撮る (朝日新書 33)」も参考にしています。

ネコを撮る (朝日新書 33)

最後の3冊目です。
あ、直前に岩合さんの本を2冊紹介したからトータルで4冊目かな。
まあ「ネコを撮る (朝日新書 33)」は書いてる途中で急に書きたくなったものなので、一応次の本が3冊目ということにしておきましょう。
で、3冊目は「ねこ 2013年 02月号 Vol.85」です。

ねこ 2013年 02月号 Vol.85

特集は「ローカル線で行く台湾ねこの村」です。
台湾の首都である台北から程近い侯硐(ホウトン)駅には今台湾からネコ好きな人がたくさん集まってくるそうです。
駅前にはたくさんのネコが住んでいるねこの村があるそうなのですよ。
編集部の方々がその村に取材に行ってレポートをしてくれています。
そこではどれだけ人々からネコが愛されているのかがよく伝わってくるレポートでした。
ネコの写真もいっぱいだし、見ているだけでも幸せな気分になっています。
実は僕は2年前にはこの侯硐(ホウトン)駅は通り過ぎたことがあるのですよ。

その当時にネコのことを知っていれば下車していたのですけどね。
それはまた次回の台湾訪問時の宿題にしようと思います。

以上、今回はネコに関する本を3冊(4冊か?)紹介してみました。
もし気になる本があったらチェックしてみてください。

旅猫リポート

有川 浩 文藝春秋 2012-11-15
売り上げランキング : 1455
 

by ヨメレバ
ネコに金星 (新潮文庫)

岩合 光昭 新潮社 2013-01-28
売り上げランキング : 3756
 

by ヨメレバ
ネコを撮る (朝日新書 33)

岩合 光昭 朝日新聞社 2007-03-13
売り上げランキング : 142712
 

by ヨメレバ
ねこ 2013年 02月号 Vol.85

ネコ・パブリッシング 2013-01-12
売り上げランキング :
 

by ヨメレバ
よろしければシェアしてください!

西崎さいき「珍駅巡礼」

駅好きとしては見逃すことのできない本を購入しました。

珍駅巡礼 (イカロス・ムック)
珍駅巡礼 (イカロス・ムック)

イカロス出版から発売された西崎さいきさんの「珍駅巡礼」です。
これまで秘境駅や木造駅舎に関する本はたくさん読んできましたが、本書はとにかく「変な」駅を徹底的に集めてきて解説したものになっています。
表紙は博物館に展示されている土偶なのではありません。
これも駅なのです。
五能線の木造駅の駅舎にはこのように土偶の巨大オブジェが取り付けられており、しかも列車が近づくと目が光るという恐ろしげな機能もついているそうです。
このような駅を8つのセクションにわけて紹介しています。

1.超珍駅ベスト5
表紙の五能線木造駅、カッパ風デザインの久大本線田主丸駅など

2.名物名産珍駅
富士山風デザインの東海道本線三島駅、竜宮城風の身延線市川大門駅など

3.自然珍駅
崖沿いにある飯田線田本駅、日本一のモグラ駅の上越線土合駅など

4.寺社&城風建築珍駅
立派な社殿建築の木次線出雲横田駅、跨線橋に寺院風屋根がのった青梅線沢井駅など

5.イメージ珍駅
「八」をイメージした総武本線八街駅、ハンググライダー風の奥羽本線赤湯駅など

6.異様な駅舎
スノーシェッドに覆われた奥羽本線峠駅、かつて温泉旅館だった飯田線湯谷温泉駅など

7.トピック珍駅
一般人は駅から外に出られない鶴見線海芝浦駅、学生専用の豊肥本線東海学園前駅など

8.珍駅ア・ラ・カルト
映画のセットがそのまま駅舎になった留萠本線恵比島駅など

以上のような駅を西崎さんが軽妙な語り口で解説しています。
ローカル線の旅をしているとなかなか途中下車はできないものですが、面白駅があるということがわかると、つい途中下車したくなってしまいます。
本書は面白スポット巡りのガイドブックにもなると思いますよ。
駅好き、旅好き、珍スポット好きにはオススメの1冊です。

Amazonでの紹介ページはこちらから。
珍駅巡礼 (イカロス・ムック)

楽天ブックスはこちらから。
珍駅巡礼

よろしければシェアしてください!

木造駅舎に萌える! 萩原義弘「にっぽん木造駅舎の旅100選」

僕は木造駅舎好きで、鉄道旅に出るとついつい木造の駅舎がある駅で途中下車しちゃったりしています。
気のぬくもりと、なんとなく懐かしいあの雰囲気が大好きなのです。
そんな僕のような木造駅舎好きにお勧めの本を見つけました。

にっぽん木造駅舎の旅100選 (コロナ・ブックス)
にっぽん木造駅舎の旅100選 (コロナ・ブックス)

九州から北海道までの日本全国のJR及び私鉄の現役木造駅舎が100選び抜かれた写真集です。
ざっとどんな駅が収録されているかと言いますと、、、

門司港、夜明、嘉例川、採銅所、えびの、矢岳、大畑、折尾、坪尻、琴平、豊後森、田野、松橋、大村、早岐、上有田、鳥栖、八幡浜、土佐山田、善通寺、西岩国、四辻、長谷、川戸、備後庄原、美作千代、美作滝尾、若狭、養父、鞍馬、松尾寺、出雲横田、御来屋、豊岡、竹田、浜寺公園、諏訪ノ森、高野山、畝傍、鳥居本、新八日市、能登鹿島、永平寺口、上堀、加賀一の宮、櫟本、京終、学文路、貴志、勝山、阿漕、加太、湯谷温泉、養老、美濃赤坂、布袋、天竜二俣、小和田、三つ峠、市振、津川、新村、姨捨、日光、上総鶴舞、外川、長瀞、西桐生、上神梅、通洞、根府川、山北、原宿、高尾、那珂湊、白河、長井、松島、芦ノ牧温泉、神町、子吉、驫木、気仙沼、陸前高田、奥中山高原、能代、津軽新城、伊達紋別、銭函、川湯温泉、大沼公園、渡島沼尻、上厚内、藻琴、遠軽、糸魚沢、幾寅、抜海、増毛

勢いで全部書き出して見ちゃいました。
今や登録有形文化財となっているような駅がずらりと並んでいます。
ただ、先ほどは「現役」と書いたけど加賀一の宮駅は廃止されたし、貴志駅は建て替えられるしで、現在の状況と若干タイムラグは見られます。
それでも大部分の駅はまだまだ現役でがんばっているというのは事実です。
これらの駅は4ページで10枚以上の写真を使って紹介されているものもあれば、1ページを4分割して、そこに写真1枚と簡単な紹介文のみというものもあります。
しかし、100駅全ての写真はちゃんと掲載されています。
概ね地域別に分類されているので、旅行の際のガイドにもなるでしょう。
以上のような写真集やガイドとしての機能もある本書ですが、コラムも充実しています。
その中でも木造駅舎の建築様式の違いついての解説はとてもわかりやすいものでした。
切妻造り、寄棟造り、入母屋造り、マンサード屋根などなど。
屋根の形状による名称の違いなんて普段は全く気にしないものですが、用語を知っていると駅の見方も変わってくると思います。
ちょっとした知識で、あまり披露する場はないかもしれないけど、建築様式がわかって一人密かにほくそ笑むということはできるでしょう。
まあ、そんな細かいことだけでなく、単純に木造駅舎の写真を眺めて懐かしい気持ちにひたるだけでも本書には十分価値があると思います。
鉄道好き、旅好き、レトロ好き、建築好きなどの方にはお勧めの1冊ですよ。

Amazonの紹介ページはこちらから。
にっぽん木造駅舎の旅100選 (コロナ・ブックス)

楽天ブックスはこちらから。
にっぽん木造駅舎の旅100選

よろしければシェアしてください!

思わず旅に出たくなる鉄道写真集 中井精也「ゆる鉄」

鉄道写真家の中井精也さんの新刊写真集「ゆる鉄」を購入しました。

ゆる鉄
ゆる鉄

ゆる鉄とは「絶景ではないけれど、感動的な情景ではないけれど、2本の線路のまわりには、思わず微笑んでしまうようなゆるい鉄道風景」のことで、本書に収められている写真を眺めていると本当にいつの間にやらほっぺが緩んでいました。
どことなく懐かしく、いつか見た風景のような写真が満載です。
毎日満員電車に乗っていたり、青春18きっぷで時刻表とにらめっこしながら乗り継ぎを必死に考えたりしているのとは対局にあるような光景が続き、時間にとらわれないで、日がな一日田んぼがあるような場所から1両のディーゼルカーでも眺めていたい気分になってきました。
こういうゆるーい雰囲気の鉄道写真もかなりいいですよ。
こんなに温かな気持ちになれる鉄道写真集は他にはないかもしれません。
「旅に出よう」という思わせてくれる写真集でした。

Amazonでの紹介ページはこちらから。
ゆる鉄

楽天ブックスはこちらから。
ゆる鉄

よろしければシェアしてください!

榎本博明「記憶はウソをつく」

久々に心理学関係の本をご紹介。

記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)
記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)

榎本博明さんの「記憶はウソをつく」です。
記憶力に自信があるという方は結構いると思うのですが、実は人間の記憶というものは実に頼りがないということをわかりやすく解説されていました。
冤罪や事件の目撃証言という犯罪と絡めることによって一般の人にも身近な事例が示されており、読みやすい内容になっていると思います。
まずは目次を見てみましょう。

序章 記憶の不思議
第1章 偽の記憶は簡単に植えつけられる
第2章 記憶は無意識のうちに書き換えられてしまう
第3章 記憶はどこまで再生できるのか
第4章 記憶はどこまで嘘をつくのか

人は自分では経験したことでないことでもあたかも自分自身の経験かのように思ってしまうことなんてほとんどないと思われますが、実はそのようなことは人工的に簡単にできてしまうのです。
実際には起こっていない5歳の頃のショッピングモールで迷子になるということ25%~30%の人が事実だと思い込んでしまったそうです。
その手法は本書にまかせますが、それだけの割合でこんなことが起こってしまうとは驚きです。
これが基で裁判が起こってしまったらなんて考えると実に恐ろしいことだと思います。

また、自分が見たものは事実であり、しっかりと記憶できているのだと思ってしまうことも危険であり、ストレスがかかる状況、尋問のされ方、事後情報、共同想起などの要因が加わると、簡単に記憶が歪んでしまいます。
「犯人」を見たと証言したとしても、実はまったく無関係の人を「犯人」だと思い込んだり、凶器に注目してしまうと周囲の状況が全く見えなくなってしまったりするそうです。
目撃証言が有力な証拠となるケースは心理学の観点から見ると、大きな危険を孕んでいるのがよくわかります。

タイトル通り「記憶はウソをつく」という知識がないと、記憶にあまりにも大きなウェイトを置いてしまうという錯誤が生まれてしまう可能性があります。
そういった誤りを避けるためにもぜひ本書は読んでいただきたいものだと思います。
心理学の専門用語にはしっかり解説をつけているので、一般の方にもわかりやすくなっていますよ。

Amazonの紹介ページはこちらから。
記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)

楽天ブックスはこちらから。
記憶はウソをつく

よろしければシェアしてください!

松本典久「ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎」

通勤通学途中に気軽に読むことができるこちらの本。

ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 (じっぴコンパクト新書)
ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 (じっぴコンパクト新書)

鉄道ジャーナリストの松本典久さんによる「ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎」です。
毎日東京都区内をぐるぐる回り続けている山手線。
その山手線の雑学集と言えるのが本書です。
まずは目次から見てみましょう。

第1章 山手線はいつからエンドレス?命名100周年、山手線のおもしろ知識
第2章 汽笛一声の陸蒸気から山手線まで
第3章 山手線29駅物語

第1章はトリビア的なもので、第2章が歴史、第3章が各駅紹介になっています。

もう有名な話ですが、山手線という名の路線は実は品川ー田端間のみでぐるっと1周はしていません。
田端ー東京間は東北本線、東京ー品川間は東海道本線に属しています。
日頃山手線に乗ってはいるもののそのような所属の違いというのは全く意識することはないですが、ひとつの路線に乗っていながら実は複数の路線に乗っているというのは面白いですね。
このよなトリビア的ネタ(ちょっとマニアックなものもありますが)は乗車時にニヤリとできて楽しいかもしれません。

第2章の歴史はやや専門的で鉄道好き向けの内容に感じました。
しかし明治維新以来の東京の発展と鉄道の発展は切っても切り離せないものであるので、日本史という観点からとても興味深いものになると思います。

第3章のでは、各駅の歴史、現在の様子、駅周辺の名所が紹介されています。
普段皆さんが使っている山手線の駅がどのような過程で成立したのか、そして普段見慣れている駅には実は隠れた秘密があるんだなんてことを知ることができたら毎日の通勤通学が楽しくなることでしょう。
東京町歩きのヒントになるようなことも記述されていますので、地図と照らし合わせながら読むといいかもしれません。

以上の内容は平易な文章でまとめられているので、電車内でちょこちょこっと読むことができますので、気分転換にお勧めですよ。

Amazonでの紹介ページはこちらから。
ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎 (じっぴコンパクト新書)

楽天ブックスはこちらから。
ぐるり一周34.5キロJR山手線の謎

よろしければシェアしてください!

週末、山へ。 「男の隠れ家」2009年11月号

雑誌「男の隠れ家」11月号の特集は「週末、山へ」です。

男の隠れ家 2009年 11月号 [雑誌]
男の隠れ家 2009年 11月号 [雑誌]

夏に谷川岳に登って以来、またどこかの山に行ってみたいと思っていた僕はもちろん迷わず購入です。
この特集は6つのセクションに分かれていました。

1.湿原を歩く
2.低山縦走、日帰りハイク
3.雲上の絶景温泉
4.ロープウェイで手軽に高山へ
5.山小屋を愉しむ
6.信仰の山を旅する

最初の湿原では、湿原の代表的な尾瀬について詳述され、それ以外にも獅子ヶ鼻湿原、駒止湿原、入笠湿原、葦毛湿原といったところも小さく紹介されていました。
全てのセクションでこのパターンが続きます。

その中でも僕が4番目のロープウェイについてです。
僕は本格的に山登りをしようと思っているわけでなく、気軽に日帰りくらいで山に親しみたいと考えているくらいなので、これくらい緩いものに関心があります。
ここでは岐阜と長野の県境にある西穂高をメインとしてロープウェイ+短時間の山歩きコースが紹介されています。
これから紅葉の季節を迎えるので、ロープウェイに乗って空中から眺める絶景を楽しみたいと思っていたのでちょうどいい特集記事となりました。
しかし、蔵王、木曽駒ケ岳、立山、阿蘇山と東京から日帰りで行ける範囲でないところが紹介されていたのが残念。

全体的に見て、コアな山登りを目指す人というよりも初心者向けの内容になっていたと感じます。
従って、日帰りまたは1泊くらいでこの秋に山登りをしてみたいと考える人にとってはいい道しるべになるものだと思いました。

Amazonでの紹介ページはこちらから。
男の隠れ家 2009年 11月号 [雑誌]

楽天ブックスはこちらから。
男の隠れ家 2009年 11月号 [雑誌]

よろしければシェアしてください!

1 / 1612345...10...最後 »

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム