Tag ‘本’


平成27年(2015年)4月25日(土)発売 皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙イラストの参考資料としてとくとみの写真作品が使われています!

平成27年(2015年)4月25日(土)に皆藤黒助さん(@kaitoukurosuke)著の「ようするに、怪異ではない。」が角川文庫より発売されます。

ようするに、怪異ではない。

表紙のイラストはカタヒラシュンシさん(@katahi_0829)です。
実はこの表紙イラストの参考資料としてとくとみが撮影した写真を提供しました。
帯を取った全体像です。

ようするに、怪異ではない。

この表紙カバーをめくると「©徳富政樹」の文字もちゃんと出ています。

ようするに、怪異ではない。

僕の写真そのものではありませんが、このような素敵なイラストとなって本の表紙になるのは大変嬉しいことです。
無粋になるかもしれないので、僕の写真自体はここでは掲載しませんが、僕の普段の路地裏写真の作風は色濃く出ていると思います。

さて、肝心の小説の内容も紹介したいと思います。
高校進学で東京から鳥取に引っ越してきた主人公の冬目皆人が、進学先の高校で妖怪研究同好会のヒロイン、春道兎鳥とひょんなことから出会って、妖怪に関するミステリーを解いていくという物語です。
最近は何か事件があると妖怪のせいになる物語もあるけれども、本作はそうではありません。
タイトルにもなっているように、現象の原因は「ようするに、怪異ではない。」ということを主人公の冬目皆人が説明していくのです。
ヤカンヅル、鎌鼬、精螻蛄、黒髪切などの妖怪らしきものも出てくるけど、超常現象で安易に説明せずに論理的に、科学的に物事に向き合っていく主人公の姿勢に好感が持てます。
それを引き立てるために妖怪大好きなヒロインの春道兎鳥の存在も大きいです。
もちろんその逆の考え方も成り立つわけですね。
この両者がそれぞれ魅力的なので、キャラクター立ちしているわけです。
冬目皆人も論理性だけでなく、ちょっと間が抜けていたり、人間関係をこれまでうまく学習できていなかったので人の気持ちをあんまり理解できなかったり、完璧な人間でないというのも共感できるポイントだと思います。
ライトノベルだと、不思議な力や特殊能力に注目する作品が多いけど、本作は普通の人が登場人物となって、僕達の周りでもひょっとしたら起こるかもしれない日常の事件が出てきます。
それでもそんな日常がヒロイン、春道兎鳥の破天荒な妖怪的解釈で非日常になっていく様も面白いですよ。
ぐいぐいとストーリー展開に引き込まれていく連作短編集です。

そんな作品の表紙イラストに僕が撮影した写真が参考として使われたのは大変光栄です。
ぜひぜひ本屋さんなどでお手にとって、そして購入していただければと思います。

本作の舞台となっているのは鳥取県境港市です。
実は僕はまだ鳥取県に行ったことがないので、ぜひ鳥取の町の風景も撮影に行きたいですね。
皆人や兎鳥が活き活きと生活している町がどんなものなのか実際に自分の目で見たいと思います。

そうそう。
この作品は8月25日に第2弾も発売されるそうです。
続編も楽しみに待ちたいと思います。

ようするに、怪異ではない。 (日本文学)
皆藤 黒助 KADOKAWA/角川書店 2015-04-25
売り上げランキング : 316879

by ヨメレバ
よろしければシェアしてください!

ムック本の「レンズの時間」で大口径レンズについてちょこっと勉強してみた

最近は交換レンズについての勉強も始めたとくとみ(@tokutomi)です。
先日、こちらの本を購入しました。

レンズの時間

レンズの時間 (玄光社MOOK)です。
大口径レンズと言われるレンズの紹介を本書では行っています。
大口径とは、レンズ口径が大きいこととF値が1.8よりも明るいものという定義がなされています。
カールツァイス、フォクトレンダー、SIGMAなどのレンズの特徴と作例が豊富で、レンズについての知識がほとんどない僕でも楽しく読み進めていくことができました。
特に、オールドレンズなどの「味」と言われる現象には興味津々です。
これまではくっきりはっきり写すことに集中していましたが、レンズによってはそうではないフレア、ゴースト、周辺光量落ちなどもとても面白い写りだと感じました。

僕が普段使っているのはNikon D610なので、本書で登場するレンズはほとんど使えなさそうです。
マイクロフォーサーズやSONYのカメラだと色々なレンズをつけることができて楽しそうだなと感じました。
僕は少ない選択肢の中から僕に合った大口径レンズを探してみたいと思っています。

レンズに興味がある人はぜひ参考にしていただきたい本です。

レンズの時間 (玄光社MOOK)
玄光社 2015-02-09
売り上げランキング : 1780

by ヨメレバ
よろしければシェアしてください!

現在週プレNEWSで連載されている「キン肉マン」がKindleで電子書籍化されるのでさっそく予約してみた(7月4日発売)

小学生の頃から週刊少年ジャンプで「キン肉マン」を読んで、テレビでアニメの「キン肉マン」を見るのが好きでした。
過去形で書きましたが、大人になった今でもそうです(笑)
今では月曜日に週プレNEWSで公開されるキン肉マンの新作を楽しみにしているくらいです。
週プレNEWS
ここで連載されているシリーズは平成25年(2013年)7月3日現在第63話まで進んでいます。
コミック版も前シリーズからの続きとして第38巻から第43巻まで発売されています。
そんなコミック版がKindleで電子書籍化されるそうです。

キン肉マン 38 (ジャンプコミックスDIGITAL)[Kindle版]

ゆでたまご 集英社 2013-07-04
売り上げランキング :

by ヨメレバ

第38巻から第42巻まで一気に7月4日に発売されるので、僕は買い忘れがないように全巻予約を入れておきました。
最新刊の43巻はまだKindle化されないようで、もうしばらく待たなくてはいけないけどそれでも構いません。
本棚のスリム化のためにはこれからのキン肉マンは電子書籍で揃えます。

電子書籍が苦手な人で、今連載されているキン肉マンを見逃している方は書籍版の方をどうぞ。

キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)

ゆでたまご 集英社 2012-04-04
売り上げランキング :

by ヨメレバ

最新刊はこちらです。

キン肉マン 43 (ジャンプコミックス)

ゆでたまご 集英社 2013-07-01
売り上げランキング :

by ヨメレバ

現在進行形の連載はこちらで読むことができますよ。
週プレNEWS

よろしければシェアしてください!

AmazonのKindleで無料で配信されている「ブラックジャックによろしく」を一気読みしてみた

最近本の購入は電子書籍が多くなってきている@tokutomiです。
アンドロイドタブレットでAmazonのKindleアプリを使っての読書がとても快適です。

そんな電子書籍には有料のものと無料のものがあります。
無料のものとは著者の死後50年を経過した作品です。
夏目漱石や太宰治の作品は電子書籍で無料で読むことができます。

しかし、著者が存命であっても無料で読めてしまう作品がありました。
それが「ブラックジャックによろしく 1」です。

無料ということでこの作品を読み始めましたが、年末年始にかけて一気読みしてしまうくらいはまってしまいました。
全13巻が全て無料というのがかなり嬉しかったです。
ただし、無料で読めるのは「ブラックジャックによろしく」のシリーズだけで、次作である「新ブラックジャックによろしく 」は電子書籍ではない従来通りの紙の本で有料です。

有料でも引き込まれる作品なので時間があるときにはぜひとも読んでみようと思っています。

電子書籍に抵抗があるという方はこのような無料の作品を読んで試してみるのもありだと思いますよ。

ちなみに「ブラックジャックによろしく」はAmazonのKindle以外の電子書籍配信先でも無料となっているのでぜひ探してみてください。

よろしければシェアしてください!

週刊アスキーのKindle版電子書籍が配信されたのでさっそく10.1インチタブレットのdtabで読んでみた

今僕が毎回欠かさずに購読している雑誌は週刊アスキーです。
最近になってiPhoneやiPadアプリのNewsstandやアンドロイドにも対応しているBOOK☆WALKERでの電子版の配信が始まっていましたが、ついにAmazonのKindleでの配信も始まりました。

130422ascii01

ずっと週刊アスキーの紙媒体を購入していましたが、読み終わった後の処理にとても困っていたので電子版での購入を考えていたのですよ。
しかし週刊アスキーを購入することができるAndroidアプリはBOOK☆WALKERのみで、しかも配信日が紙媒体の発売日の翌日ということもあって手を出すのを遠慮していました。
先週からKindleでの配信が始まったのですが、配信日は紙媒体と同じということなのでさっそくKindleで購入することにしてみました。

僕はNTTドコモの10.1インチタブレットのdtabにAndroidのKindleアプリを入れて電子書籍を読んでいるのでそちらで読んでみることにします。
まずは表紙から。

130422ascii02

横位置だと全体がとても小さいですね。
縦位置にしてみます。

130422ascii03

これならば見やすいですね。
中身を見てみましたが、横位置で見開き2ページだと文字が小さくなりすぎてとてもじゃないけど読めませんので、やはり縦位置で1ページずつ読み進めていくのが読みやすいです。
それでも10.1インチで解像度が1280×800のdtabではやや文字の小ささを感じました。
小さいところは拡大すればよいので指先ひとつで手間がかかりませんのでこれからは紙媒体ではなく電子版の週刊アスキーをKindleで購入していくことにします。
ただ大きな弱点としましては、今までお風呂で週刊アスキーを読むことがあったのですが防水対応がなされていないdtabではできなくなるということがあります。
この点は目をつぶってお風呂で読まないようにします。

このように週刊アスキーのKindle版も出たということでますます電子書籍の利用が個人的に増えていくと思います。

よろしければシェアしてください!

最近読んだネコに関する本を3冊紹介してみます 有川浩「旅猫リポート」 岩合光昭「ネコに金星」 季刊誌「ねこ 冬号」

最近読んで「いいね!」と思ったネコに関する本を3冊紹介いたします。

1冊目は昨年から読むようになった作家さんである有川浩さんの「旅猫リポート」です。

旅猫リポート

ふとしたことから一緒に暮らすようになった主人公とネコなのですが、ある事情から主人公がネコを手放さなければならなくなりました。
そのネコの引き取り先を探すために主人公がネコと一緒に旅をするというストーリーです。
ネコが一体どんなことを考えながら行動しているのかが細かく描かれているので、人間の視点からだけでなくネコの視点から物語を読み進めることができます。
物語の結末は涙なしではいられないという感動のお話です。
ネコ好きな人でもそうでない人にも楽しめると思いますよ。

2冊めはネコ写真の大家と言ってもよいでしょう。
岩合光昭さんの「ネコに金星」です。

ネコに金星 (新潮文庫)

この度新潮文庫でも発売されたのでお手頃価格で手に入るようになりました。
岩合さんが日本中を旅しながら撮影したネコ写真がこれでもかというくらい掲載されている他、ネコの撮影に大事なポイントをさり気なく文章で紹介もしています。
僕もネコ撮影をする一人として大いに参考になる1冊でした。

岩合さんの本と言えばこの「ネコを撮る (朝日新書 33)」も参考にしています。

ネコを撮る (朝日新書 33)

最後の3冊目です。
あ、直前に岩合さんの本を2冊紹介したからトータルで4冊目かな。
まあ「ネコを撮る (朝日新書 33)」は書いてる途中で急に書きたくなったものなので、一応次の本が3冊目ということにしておきましょう。
で、3冊目は「ねこ 2013年 02月号 Vol.85」です。

ねこ 2013年 02月号 Vol.85

特集は「ローカル線で行く台湾ねこの村」です。
台湾の首都である台北から程近い侯硐(ホウトン)駅には今台湾からネコ好きな人がたくさん集まってくるそうです。
駅前にはたくさんのネコが住んでいるねこの村があるそうなのですよ。
編集部の方々がその村に取材に行ってレポートをしてくれています。
そこではどれだけ人々からネコが愛されているのかがよく伝わってくるレポートでした。
ネコの写真もいっぱいだし、見ているだけでも幸せな気分になっています。
実は僕は2年前にはこの侯硐(ホウトン)駅は通り過ぎたことがあるのですよ。

その当時にネコのことを知っていれば下車していたのですけどね。
それはまた次回の台湾訪問時の宿題にしようと思います。

以上、今回はネコに関する本を3冊(4冊か?)紹介してみました。
もし気になる本があったらチェックしてみてください。

旅猫リポート

有川 浩 文藝春秋 2012-11-15
売り上げランキング : 1455
 

by ヨメレバ
ネコに金星 (新潮文庫)

岩合 光昭 新潮社 2013-01-28
売り上げランキング : 3756
 

by ヨメレバ
ネコを撮る (朝日新書 33)

岩合 光昭 朝日新聞社 2007-03-13
売り上げランキング : 142712
 

by ヨメレバ
ねこ 2013年 02月号 Vol.85

ネコ・パブリッシング 2013-01-12
売り上げランキング :
 

by ヨメレバ
よろしければシェアしてください!

とくとみの写真が掲載された「日本鉄道全線踏破記録手帳」が発売されました

僕の写真が9点掲載された書籍が発売されました。

日本鉄道全線踏破記録手帳
日本鉄道全線踏破記録手帳

内容は日本全国の正縮尺の地図に鉄道路線と各地の観光地、車窓の見所などが記入され、別枠で特に見て欲しいポイントの解説がされています。
例えば、北海道の森駅の名物駅弁「いかめし」、五能線を走るリゾートしらかみからの日本海を眺望する車窓、篠ノ井線姨捨駅からの善光寺平の眺め、秘境駅として有名になった飯田線小和田駅、山陽本線宮島口駅のあなごめし、久大本線豊後森駅近くにある豊後森機関庫などなど。
鉄道旅をする際の有益な情報が掲載されています。
また、別冊付録としてJR全線前駅名一覧の冊子もついており、乗車した路線の駅名を塗りつぶせるようになっており、全線乗車を目指す際の記録帳としても使えるようになっております。
鉄道旅の際のお供として役立つ1冊となっていますので、ぜひ見ていただきたいと思います。
装丁は革張りなので高級感に溢れてもいますよ。

詳細はこちらから。
Amazon → 日本鉄道全線踏破記録手帳
楽天ブックス → 【送料無料】日本鉄道全線踏破記録手帳

僕の写真がどこに掲載されているのかもぜひ探してみてください。

よろしければシェアしてください!

鉄道地図を片手に東京散歩はいかがですか? 「日本鉄道旅行地図帳 5号 東京―全線・全駅・全廃線」

子供の頃から学校の好きな教科は体育と社会科でした。

小学生までは体育が好きではなかったのですが、6年生の時にコンタクトレンズを入れて以来、いきなり運動神経がよくなったのです。

それまでは目が悪くて、怖くて動けなかったんだろうね。

社会の方は歴史よりも地理の方が好きで、よく地図帳とにらめっこしていたものです。

幼稚園生の頃から鉄道好きだったので、その流れで地図を見て想像を巡らすのが日常だった気がします。

そんな地図好き、鉄道好きにとってものすごく魅力的な本を発見しました。

日本鉄道旅行地図帳 5号 東京―全線・全駅・全廃線 (5) (新潮「旅」ムック)

先ほど発売されたのは、このシリーズの第5巻の東京編ですが、やっぱり地元東京の鉄道地図とくれば手元に置いておかないわけにはいきませんので、さっそく購入しました。

収録されている内容でユニークなのは地下鉄の立体透視地図と縦断面図が出ていることです。

地下鉄は乗っているだけではどのような立体構造をしているのかわかりませんよね。

それを細かいデータ付きで紹介しているのです。

例えば東京のおしゃれスポットの表参道駅を例にとると、ここには千代田線、半蔵門線、銀座線の3線が交差しています。

どのように交差しているかというと、半蔵門線、銀座線は地表より-8.1m、千代田線は-18.8mというように表現されているのです。

これで高さの感覚がよくわかりますね。

また、縦断面図では1線ごとに、地表からどれくらいの深さを走っていて、どこで川や運河と交差するかがよくわかるようになっています。

これを見ると東京の地下鉄はかなりのアップダウンがあることがわかりますよ。

さらに特筆すべきことは、昭和37年の都電全図も掲載されているのです。

都内を網の目を縫うように走っている様子がよくわかります。

僕の家の近所にはトロリーバスも走っていたことがわかりましたよ。

このように、東京の鉄道についてデータから理解できるこの地図帳は街歩きの参考書にもなりそうです。

もう見ることはできない廃線跡を想像しながら散歩をするのもいいかもしれませんよ。

日本鉄道旅行地図帳 5号 東京―全線・全駅・全廃線 (5) (新潮「旅」ムック)
4107900231

Amazonで詳しく見るby G-Tools

これ以外にも、北海道、東北、関東が発売されています。

詳細はこちらから。

日本鉄道旅行地図帳

よろしければシェアしてください!

デザインとは何かを考える入門書 佐藤可士和「デザインぺディア」

佐藤可士和さんの新刊「デザインぺディア」を読みました。

本書は雑誌「POPEYE(ポパイ)」に連載されていたものをまとめたものです。

24の章で構成されており、そこでは佐藤氏が考えるデザインの本質について多方面から考察が繰り広げられています。

しかし、デザインと言って思い浮かべるグラフィックやプロダクトなど以外にも、パスタやライフスタイルなどちょっと異なった視点でのデザインについて言及されているところがとても面白いところです。

また様々なデザイン例が写真付きで紹介されているので、どのようなデザインを佐藤氏が好んでいるのかがよくわかります。

どうやらシンプルなもの、そしてパンクが入ったものが好みのようです。

以前僕は佐藤氏がデザインした携帯電話N702iDを使用していましたが、そのデザインは確かにシンプルで細かいところまでしっかりと考えが及んでいるものでした(ただしカメラ機能という外面から見えないデザインは最悪でしたが)。

でも実際にシンプルなものを作ろうとするのはとても勇気がいることだと思うのです。

余白や空間はひょっとしたら手抜きに思われる可能性もないとは言い切れず、そのような部分を勘違いさせないためにしっかりとしたコンセプトを構築しなければならないのです。

その点を佐藤氏は最後まで入念にやっているというのが本書でかなり力説されていました。

単なる外面的なものがデザインなのではなく、どのようなコンセプトでそれがデザインされたのが大事なのだと。

また幼少期に触れた最初のデザインとしてミッフィーをあげていました。

確かにミッフィーのシンプルさと変わらない美しさというのは今の佐藤氏のデザインに大きな影響を与えていると思います。

そういうデザインの原光景はきっと後々まで残り続けるものなのでしょうね。

本書はデザインについてわかりやすく語られているものなので、デザインを学ぶ学生さんにはぜひ読んでもらいたいものです。

上述しましたが、見栄えをよくするのがデザインなのではなく、コンセプトを作るのがデザインなのだというところは非常に参考になることだと思います。

もちろんこれはデザインだけに当てはまるものではなく、それ以外の職業にもばっちし当てはまるところでしょう。

僕も大いに参考にしたいところです。

ポパイ特別編集 佐藤可士和 デザインぺディア (マガジンハウスムック) ポパイ特別編集 佐藤可士和 デザインぺディア (マガジンハウスムック)
マガジンハウス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よろしければシェアしてください!

キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 14巻

キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 14巻」が発売日を迎えましたのでさっそく購入しました。

2世はずっと惰性で買っていたけど、13巻の熱い展開でちょっと見直してきたところなので迷うことなく購入してきました。

このブログでも何回かキン肉マン2世については触れています。

キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 12巻&13巻 同時発売
「キン肉マン2世」と「涼宮ハル ヒ」と雑誌「Pen」
キン肉マンⅡ世

さて、今回の第14巻ですが、第13巻からの続きのマッスルブラザーズ・ヌーボー(キン肉万太郎&カオス)vs2000万パワーズ(バッファローマン&ラーメンマン)です。

「ラーメンマン」と表記しているのは、カオスがドクターボンベの予言通りの超人か知るために、モンゴルマンのマスクを捨てて素顔のラーメンマンとして勝負をすることになったからです。

以下ネタバレ注意。

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

1 / 512345

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム