Tag ‘錯視’


なぜ回転する女性の絵が逆回転して見えるのか?

今からちょうど1年前(2007年10月15日)、とくとみぐろぐでは以下のような記事を書きました。

右回転?それとも左回転?(とくとみぶろぐ)

この記事はあるサイトで下の画像の回転方向がどのように見えるかで右脳派か左脳派か判断できると書かれていたのを批判したものです。

0%2C%2C5693171%2C00.gif

この画像は目の錯覚で回転方向が変化するもので、決して右脳左脳の判断基準となるものではありません。

時計周りに回っているかと思いきや、ふとした瞬間に反時計周りになったりする純然たる錯視画像なのです。

しかし、人々が最初にこの画像を見た時にどちらの方向に回転して見え、どれだけの人が逆回転も見えるのかとても興味があるところです。

実際にそのデータを公開していたサイトがありましたので、こちらでも紹介したいと思います。

Casual Fridays: TK-421, why can’t you spin that woman in reverse?(Cognitive Daily)

結果はというと約1600人のデータが集まり、最初に時計周りに見えた人がそのうちの約3分の2、反時計回りが約3分の1でした。

興味深いことに、最初に反時計周りに見えた人と最初に時計周りに見えた人で、逆回転して見える人の割合が違ったのです。

このグラフからおおまかに数字を出してみると、最初反時計周りで見えて、かつ逆回転も見える人が約70%、見えない人が約30%。

最初時計周りで逆回転も見える人が約60%、見えない人が約40%。

細かい数字と統計的検定は公開されていないのではっきりと言うことはできませんが、サンプル数が約1600人ということから、ここには何らかの差があると考えてもいいでしょう。

つまり最初に反時計周りに見えた人の方が逆回転も見える確率が高くなり、最初に見える回転方向が逆回転も見えるかの要因のひとつになるだろうと推測できます。

実際にこのようなデータがあるとこの錯視が起こる原因を考える貴重な手がかりになりそうです。

ちなみに僕は最初時計周りに見えて、逆回転も見ることができました。

このサイトでは、この最初にどちらに見えるかが逆回転も見えるポイントになるということ以外にももうひとつ”Magic Eye”という錯視が見えるかどうかなども説明になるのではないかと考察しています。

興味がある方はぜひ原文にあたってみて下さい。

Casual Fridays: TK-421, why can’t you spin that woman in reverse?(Cognitive Daily)

さて、あなたは上に掲載した回転する女性が最初どちらの方向に回って見えましたか?

また逆回転もするように見えたでしょうか?

錯視完全図解―脳はなぜだまされるのか? (Newton別冊) (Newton別冊)
北岡 明佳
4315518034

よろしければシェアしてください!

動いていないのに動いて見える図形が満載! 北岡明佳「人はなぜ錯視にだまされるのか?」

久々に心理学関連の本の紹介です。

今回は立命館大学の北岡明佳先生の「人はなぜ錯視にだまされるのか?」です。

錯視とは目の錯覚のことで、例えば本来同じ色のものが違う色に見えたりしてしまう現象のことです。

以前紹介した明るさの錯視の図形がまさにこれにあたりますね。

20070610.jpg

明るさの錯視(とくとみぶろぐ)

本書では5つの章でそれぞれ違うパターンの錯視図形が紹介されています。

まずは目次から見てみましょう。

Chapter1 動き出す図形
Chapter2 形の錯視
Chapter3 色の錯視
Chapter4 オプアートと錯視
Chapter5 顔の錯視とだまし絵

本書で紹介されている錯視図形は基本的に動くように見えてしまうものです。

もちろん絵なので、本来動いているはずがないのですが、なぜか動いて見えてしまうのです。

例えば有名な蛇が回転して見える図形です。

コチラで見ることができます。

じっと見ていると気持ち悪くなる方もいると思いますので、その時はすぐに見るのを止めてください。

どの蛇でもいいのですが、ひとつの蛇を集中してみてください。

するとその周辺の蛇が回転して見えてくると思います。

回転方向は2種類あって、黒→青→白→黄→黒、という方向性を持っているはずです。

このような図形が様々なパターンで紹介されており、ページをめくるたびに驚きと興奮とそして気持ち悪さが残ります(笑)

それぞれの図形の解説文はついているものの、最低限のことしか記述されないので、読み物というよりも絵本を読んでいる感覚で、リラックスして楽しみながら読める本ですよ。

画集と言ってもいいかな。

不思議な絵を見るのが好きな人や、ちょっと変わったデザインをやってみたいという方にはお勧めの本です。

ただし、お酒を飲んでいる時に見るとものすごく酔いがまわりそうなので中止してください(笑)

北岡先生のホームページもぜひご覧下さい。

北岡明佳の錯視のページ

人はなぜ錯視にだまされるのか?
北岡明佳
4862550207

よろしければシェアしてください!

不思議な空間が支配するパズルゲーム 「無限回廊」

今大いに気になっているゲームがPSPとPLAYSTATION3用の「無限回廊」です。

テレビのCMを見たところエッシャー風の不思議な空間が出てきたので、それに強く心惹かれたのです。

一見すると普通の空間なのですが、実は現実には存在しえない不思議な空間、それがエッシャーの世界です。

そのような世界をゲーム内に作り出し、パズルを解いていくのがこのゲームの遊び方のようです。

公式サイトを見てみると様々な錯視図形を利用した問題が出てきていたので、ただ図形を眺めるだけでも楽しそうな感じがします。

CM動画や錯視の解説がのっていますので公式ウェブサイトをぜひご覧になってみてください。

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

錯視図形を自分の手で変化させて遊んでみよう

今日は心理学ネタをひとつ。

錯視図形で遊べるサイトを見つけました。

Arthur Shapiro’s Illusions and Demonstrations for Vision Research

まずは上記リンクにアクセスしてみてください。

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

64=65?????

まずはこの画像をご覧ください。

dq5atu.jpg

上の正方形の面積は8*8=64です

下の長方形の面積は5*13=65になります。

この2つの図形はそれぞれ2つの台形と2つの三角形に分解することができます。

そしてその台形と三角形を比較してみると・・・

なんと同じ大きさの三角形と台形ではありませんか!

ここでおかしいことに気がつきませんか?

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

明るさの錯視図形がGIGAZINEで検証されている件

とくとみぶろぐの2007年6月10日のエントリー「明るさの錯視」が大手サイトのGIGAZINEで紹介されていました。

明るさの錯視が体験できる「Brightness illusions」

いきなりこのブログへのアクセス数が激増して何事かと思いましたが、リンクしていただいていたことがわかり納得です。

とくとみぶろぐではこの画像を紹介して明るさの錯視を紹介しました。

画像中の2つの小さな四角形は色も形も全く同一のものです。

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

右回転?それとも左回転?

久々に心理学&インターネットネタをひとつ。

CNET Japanに掲載されていた「あなたが右脳派か左脳派を見極める面白クイズ」という記事について。

人間の脳は右脳か左脳のどちらかが優位に働いていると、長い間考えられてきた。左脳派は論理的に思考する理屈タイプで数学や理科が得意。これに対して右脳派は想像力や感情が豊かで、芸術家や天才肌が多いと言われている。

 オーストラリアHerald Sunは、あなたが右脳派か右脳派かを見極める面白いクイズを掲載している。さて、彼女は右方向と左方向のどちらに回転しているように見えるだろうか?

なにやら簡単に右脳左脳の利き脳の判断ができるようなので、元となるサイトを見てみました。

Right Brain v Left Brain

上記サイトによると下に掲載した画像で判断するようです。

まずはこれを見てください。

0%2C%2C5693171%2C00.gif

時計回りに回転しているように見えたら右脳をよく使っているということだそうです。

そして大部分の人は反時計回りに見えるだろうということです。

しかしこれをじっと見ていると逆回転してくるのでやってみよう、とも書いてあります。

しかし、元々この回転する女性像は右脳左脳の利き脳の判定テストのために作られたものではありません。

こちらで紹介されているように、目の錯覚を利用して作られたものなのです。

Silhouette Illusion

上のGIF画像だと動きが鈍くてわかりずらいかもしれませんが、上記リンクのFLASH動画だとよくわかります。

じっくり見ていると回転が逆になりますよ。

もちろん最初から回転が反転するように作られているわけではありません。

なぜこのような現象が起きるかはこちらのサイトで解説されています。

http://www.kwa.co.jp/column/eye-6.htm

確かにテストの方が分かりやすい話かもしれないけど、簡単なテストとして用いるのではなく人間の目の見え方の不思議という方向性の方が話は面白いんじゃないかな。

もちろん回転方向とよく使っている脳との間に相関関係があるかもしれないけど、同じものを見ていても別の人から見たら違うように見えている、または同じ人が同じものを見ていてもあるタイミングによって別のものに見えてしまうなんて、なんだか不思議なものだと思いませんか?

錯視完全図解―脳はなぜだまされるのか? (Newton別冊) 錯視完全図解―脳はなぜだまされるのか? (Newton別冊)
北岡 明佳


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よろしければシェアしてください!

明るさの錯視

Photoshopで遊んでみた。

20070610.jpg

2つの小さな四角形は、実は同じ色なんですよ。

でも左側が明るく、右側が暗く見えますね。

作り方は簡単。

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム