Tag ‘青春18きっぷ’


水戸黄門から徳川慶喜まで水戸にまつわる偉人像を撮り歩いてみた ~水戸路地裏散歩~ #地域ブログ

先日夏の青春18きっぷを使って茨城県の水戸に行ってきました。
水戸の町中をぷらぷらと散策したわけですが、道に水戸にまつわる偉人たちの像が建てられているのに気が付きました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城ぶらぶら編 2016年9月6日

最初は「あー、像があるな」というくらいでスルーしていたのですが、ちょっと歩くだけでポンポンと像が出てきたので撮影して歩くことにしました。
まずはやっぱりこの御方ですよね。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

水戸の街中に突如として出現する謎の塔は水戸芸術館シンボルタワー!地上86.4mから偕楽園などを眺めてみよう! #地域ブログ

先日茨城県水戸市に行ってきました。
夏の青春18きっぷを使って常磐線の水戸駅で下車して、適当に歩いていたら突如として町中に塔が出現しました。
その塔の上には展望台があって、そこから水戸の街を一望することができたことを紹介していきます。

夏の青春18きっぷの旅 茨城ぶらぶら編 2016年9月6日

ここは水戸芸術館というコンサートホール、劇場、現代美術ギャラリーの複合施設です。
その施設の一角に今回紹介するシンボルタワーがそびえ立っています。
普通に道を歩いている時に、いきなりこのタワーが見えたときの衝撃はかなり強烈ですよ。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

常磐線日立駅から徒歩すぐのところにある工場萌え その巨大さに圧倒されます! #地域ブログ

工場萌え」なんて言葉がありまして、実は僕も巨大な工場の施設を見るととたんにワクワクしてきます。
先日茨城県日立市の日立駅の周辺を歩いてみたらこんな巨大工場がありました。

夏の青春18きっぷの旅 茨城ぶらぶら編 2016年9月6日

この工場、日立駅のすぐ近くにあるのですよ。
とりあえず工場周辺を歩いて、公道上から工場萌えを楽しんでみることにします。
最初にこの工場を見た地点はちょっとした高台になっています。
この坂を下って工場がある方へと歩いていくことにします。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

常磐線日立駅から徒歩すぐのところにある廃墟となった給水塔 #地域ブログ

夏の青春18きっぷを使って茨城県日立市にある常磐線の日立駅に行ってきました。
まずは駅を出てしばらく適当に歩いてみることにしました。
すると視線の向こうに何やらこんもりとした緑があり、その上から建造物が顔を出しているではありませんか。

夏の青春18きっぷの旅 茨城ぶらぶら編 2016年9月6日

近くに寄ってみると、うん、これは給水塔ですね。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

フィルムカメラのLOMO LC-WIDEで沼津の街を撮影散歩 17mmという広角の世界がなかなか面白い!

夏の青春18きっぷを使って静岡県の沼津に行ってきました。
いつものようにNikon D610で撮影しながら沼津の街歩きをしたわけですが、今回はフィルムカメラのLOMO LC-WIDEも持って行きました。
広角17mmのレンズというコンパクトカメラなので、とにかく広く写し取れます。
どんな風に撮れるのか実際に見ていただきましょうかね。
まずは駅の北側にある飲み屋街にて。

沼津 by LOMO LC-Wide

この大きさの建物だったら余裕に入っちゃいます。
周辺光量落ちもかなりありますね。
この横丁はレトロ感いっぱいで撮れました。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

熱海駅で僕にっての定番駅弁の鯛めしを購入して、青春18きっぷでの日帰り旅行の帰りの東海道線車内で食べてみた

青春18きっぷを使って東京から静岡県への日帰り旅行をしてきました。
沼津に行った帰りに熱海で下車して駅弁を買って東海道本線の車内で食べることにしました。
購入したのは僕にとって大定番の鯛めしです。

夏の青春18きっぷの旅 沼津編

熱海駅には駅弁売り場が何箇所もあります。
ただ、土日の夕方になると売り切れになることもありますので要注意です。
そんな時は入場券を購入して、新幹線の改札内の駅弁屋に行ってみるとまだ残っている可能性がありますよ。
今回は平日だったということもあって、この鯛めしを無事ゲットできました。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

沼津の町中に残る沼津港線(蛇松線)の廃線跡を歩いてみた!線路が残っている場所もありますよ

夏の青春18きっぷを使って静岡県の沼津に行ってきました。
沼津の町中を歩いて港の方に行き、その帰り道の住宅街で突然線路が現れました。

夏の青春18きっぷの旅 沼津編

この線路は沼津駅と沼津港駅を結んでいた貨物線の沼津港線(蛇松線)の廃線跡のようです。
昭和49年(1974年)に廃止されたとのことなので、使われなくなって40年以上経っている線路が未だに残っているのに驚きました。
この線路跡に沿ってしばらく歩いてみることにします。
この緩やかなカーブなんてすごく魅力的です。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

沼津港のすぐ近くにある沼津バーガーでソフトクリームが美味な朝霧高原フロートを食べてみた #地域ブログ

静岡県沼津市の沼津港の近くには新鮮な海鮮を出す料理屋などが並んでいます。
おみやげ屋さんもたくさんあるので、観光客で賑わっている場所です。
そんな一角に美味しそうなハンバーガー屋がありました。
今回はこの沼津バーガーを紹介します。

夏の青春18きっぷの旅 沼津編

沼津バーガーは深海魚などのご当地食材を使用したハンバーガーで人気のお店です。
こちらが店舗です。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

茨城県の那珂湊でご当地グルメの「あべ川」を食べてみた 意外なポテンシャルを秘めているお手軽おやつですよ #地域ブログ

ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅の近くにある木内でご当地グルメの「あべ川」を食べることができます。

平磯三社祭 夏の青春18きっぷの旅 2016年8月6日

あべ川は小麦粉で作ったお餅のようなものです。
もちっとしているかと思いきや、外がカリッと焼かれています。
この歯応えのある感触が予想外でなかなかにびっくりさせられます。
きなこと甘辛いタレの相性も抜群で、これかなりの美味しさですよ。
意外性のあるおやつですね。
しかも値段が1本70円。
これなら子供もお小遣いで買いに来るなんてこともあるでしょうね。
お店は一見すると普通の民家のようでもあります。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

ひたちなか海浜鉄道に勝田駅から那珂湊駅まで乗車してみた 車内や車窓風景などを紹介 #地域ブログ

夏の青春18きっぷを利用して茨城県の勝田に行ってきました。
目的地はここからさらに乗り換えです。
ひたちなか海浜鉄道に乗り換えて那珂湊駅へと行くことになっています。

平磯三社祭 夏の青春18きっぷの旅 2016年8月6日

ひたちなか海浜鉄道には勝田と阿字ヶ浦の14.3kmの湊線があります。
これまで何回か乗りに来たことがありますが、今年最初の乗車となります。

まずはのりばの紹介から行きましょう。
常磐線のホームの端っこにひたちなか海浜鉄道の改札口があります。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

1 / 2612345...1020...最後 »

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム