セブンイレブンの「麻の痺れと辣の辛み!香ばし麺の麻婆焼そば」の辛さが本格的過ぎて汗をダラダラ流しながら完食しました

スポンサーリンク

実は辛い食べ物が苦手です。でもなぜか無性に食べたくなる時もあるのですよ。たとえ辛さで口の中が痺れようとも、汗を大量にかこうとも、つい辛いものを注文してしまいます。先日は勢いでセブンイレブンの麻の痺れと辣の辛み!香ばし麺の麻婆焼そばを買ってしまいました。

セブンイレブン 麻の痺れと辣の辛み!香ばし麺の麻婆焼そば

税込価格で480円です。レンジでチンするタイプですね。さっそくチンしてみました。

セブンイレブン 麻の痺れと辣の辛み!香ばし麺の麻婆焼そば

Sponsored Link

見た目からして辛そうな麻婆豆腐です。赤いものもチラチラと見えますね。これは相当な覚悟が必要なもののようです。

さてさて、麻婆豆腐と焼そばは最初は分離されているので、麺の上に麻婆をドバっとかけます。

セブンイレブン 麻の痺れと辣の辛み!香ばし麺の麻婆焼そば

これで麻婆焼そばを食べる準備が整いました。ガガッとかき混ぜてからいただくことにしましょう。まずは焼そばから。

セブンイレブン 麻の痺れと辣の辛み!香ばし麺の麻婆焼そば

一口食べてみたけど、、、あれ?辛くない。かなり拍子抜けして食べ進めていると、いきなり口の中に辛味がドカッとやって来ました。最初の辛くなさは完全にダミーで油断させておいて、後から一気に攻め込んでくるタイプの辛さでした。しばらくすると汗も吹き出してきます。麻婆豆腐単体でも食べてみます。

セブンイレブン 麻の痺れと辣の辛み!香ばし麺の麻婆焼そば

辛さを感じてからは何を食べてももう辛いです。「麻の痺れと辣の辛み」は伊達ではなく、本気ですよ。結局食べ終わることには汗をダラダラとたらしていました。いやあ、強烈でした。コンビニのお弁当でここまで辛いとは。あ、もちろんただ辛いだけではなくて、旨辛です。旨味もしっかりあるからこそ最後まで食べきることができたのですよ。これからだんだんと気温が下がってきますが、体の中から熱くなりたいという時には全力でお勧めです。ぜひセブンイレブンの店頭で探してみてくださいね。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録