鳥居を使って立小便を防止している京都の地下鉄の事例から思ったこと


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都新聞の記事でこんなのがありました。

鳥居の絵「神通力」
京都市地下鉄駅 酔客の小便防止

京都市営地下鉄の駅ホームで酔っぱらい客らに立ち小便をさせないため壁に張られた赤い鳥居の絵が威力を発揮している。町中の電柱や塀などではおなじみの存在だが、大阪や神戸の地下鉄駅にはないといい、駅員が設けた京都独自の「神通力」が約20年間、目を光らせ続けている。(京都新聞

このように鳥居を用いているようです。

080825-1.jpg

京都ではないのですが、僕はこのような鳥居を見たことがあります。

まずは神楽坂の路地裏で。

これは思いっきり「立小便厳禁」と書かれています。

しかも旧字体で。

もうひとつは上野にある下町風俗資料館で。

やっぱりこのように鳥居があると日本人ならばそこに神性を感じるので、不謹慎なことをしなくなるのでしょうね。

鳥居を見るだけでも自然と気持ちがしゃきっとしますからね。

無粋な文字だけの張り紙をするよりも、鳥居のみの方が効果があるのはなんとなく想像できます。

これを様々なデザインに応用できれば、日本の伝統を守りながら新しい街を作ることができるのではないのかな、なんて思いました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク




Facebookページも開設しました!ぜひ「いいね!」を押してください!


LINE@でとくとみぶろぐ公式アカウントを開設しました。LINEでも更新情報を受け取ることができます!
友だち追加数

Google+でも更新情報を配信しています。



記事内容や写真使用に関するお問い合せは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebookページ

トップページプロフィール旅の全記録お問い合わせfollow us in feedly

日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!鳥取県境港を舞台にした青春ミステリーです。詳細はこちらから。
ようするに、怪異ではない。

ドイツに行ってきました!

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記をぜひ御覧ください。

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
とくとみ
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。暫くの間、12時、18時。21時の1日3回更新を目標にしています。AMN経由でも記事広告の依頼を受け付けております。記事広告依頼はこちら


詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
Picasa
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)新着情報
とくとみのtwitter

とくとみのfacebook新着情報

follow us in feedly
RSSフィード


鉄道コム

月別記事

更新情報が配信されます!

・Facebookページを開設しました。ぜひ「いいね!」を押してください!


365 DAYS OF TOKYO

とくとみぶろぐの別館。東京路地裏散歩で撮影した写真を1日1枚公開していきます。

カピバラブログ

とくとみぶろぐの別館。全国のカピバラ写真を紹介しております。

みんぽすブログパーツ

フィードメーター - とくとみぶろぐ

ブログタイムズ

twitter