スマートウォッチのASUS ZenWatch 2をモニターすることになったので、開封の儀! #ASUS_ZEN


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

先日秋葉原で開催されたASUS ZenWatch 2とZenfone 2 Lase ZW601KLのタッチアンドトライイベントに参加してきました。
11月13日発売のスマートウォッチのASUS ZenWatch 2とカメラ機能が充実したZenfone 2 Laser ZW601KLのタッチアンドトライイベントに参加してきた #ASUS_ZEN(とくとみぶろぐ)

このイベントの後にASUS ZenWatch 2を1ヶ月間モニターさせていただくことになりました。
ASUS ZenWatch 2はスマートウォッチです。
まあ、腕時計です。
しかし、実は僕は腕時計をしないでこれまでずっと過ごしてきたのですよ。
高校生の頃に一度腕時計をしたことがあったけど、1週間ともちませんでした。
腕時計をしていなくても時間を確認する手段はいくらでもあるし、腕時計をしていることによる手首への違和感が強くて、習慣化することはありませんでした。
おとなになってからは携帯電話を持ち始めたことで、さらに手軽に時間を確認できるようになりましたので、やはり腕時計をする必要性がありません。
さあ、そんな僕が果たしてASUS ZenWatch 2を日常的に腕にするようになるのかどうかということも、今回のモニタープログラムにおいて僕自身が大いに興味があるところです。

それでは、まずは開封の儀といきましょう。
外箱からです。

Zenstation ASUS ZenWatch2発表イベント

ASUS ZenWatch 2には2つのモデルがあります。
WI501QとWI502Qです。
今回僕がモニターすることになったのは、WI501Qの方です。
こちらになったのはランダムに手渡されたからであって、希望したからではありません。

両モデルの違いは基本的に大きさとバッテリー容量ですね。
性能自体はCPUがQualcomm Snapdragon 400 1.2GHz、メモリは512MB(RAM)、4GB(ROM)で両モデルとも同じです。
大きさはWI501Qがサイズが約49mm、1.63インチ液晶ディスプレイ、解像度320ドット×320ドットとなります。
WI502Qは約サイズが45mm、1.45インチ液晶ディスプレイ、解像度280ドット×280ドットです。
イベント会場内で両者を並べてみました。

Zenstation ASUS ZenWatch2発表イベント

Sponsored Link

数字上はわずかな差ですけど、こうして見ると結構大きさの違いがありますよね。

開封の儀に戻ります。
それでは蓋を開けてみましょう。

Zenstation ASUS ZenWatch2発表イベント

まずはASUS ZenWatch 2本体が見えますね。
箱のなかにあるものを全て取り出してみます。

Zenstation ASUS ZenWatch2発表イベント

本体、充電アダプタ、充電用専用USBケーブル、保証書、マニュアル2点の合計6点が箱に入っていました。
充電用専用USBケーブルはこのような形状をしていて、本体とはマグネットでしっかり接続できるようになっています。

Zenstation ASUS ZenWatch2発表イベント

カチッとはまるので、接続ミスをするということはないでしょう。
本体の背面を見てみましょう。

Zenstation ASUS ZenWatch2発表イベント

左下の部分が充電時に先ほどのケーブルを接続する部分になります。

設定を始める前にまずは腕にはめてみることにしますかね。

Zenstation ASUS ZenWatch2発表イベント

って、あれ?
バンドが緩くてガバガバです。
僕は平均的男性に比べて手首が細いのか、デフォルト状態ではこんなところまで時計をもってこないときちんと固定されません。
手首のところではグルングルン回ってしまいます。
今回のモニター用に渡された端末のバンドは固定式のようで、バンドの長さを調節することができるように見えません。
ああ、いきなりテンションがだだ下がりですよ。
せっかくの時計なのに腕にフィットしないだなんて。

しかし、この問題点を解決する手段はちゃんとありました。
今では手首にフィットするようになっています。

iPhone 6 Plusで撮影

どのようにしたのかというのは、次回のお話にしましょうかね。
とりあえず今回は、開封の儀ということで、箱の中身を確認したお話でした。

今回モニターしているのはこちらのモデルです。

エイスース スマートウォッチ(ガンメタル/ガンメタル)ASUS ZenWatch 2 WI501Q-GM04
by カエレバ

 

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム