Tag ‘歴史でめぐる鉄道全路線’


「週刊歴史でめぐる鉄道全路線」第6号 磐越西線、只見線、磐越東線

朝日新聞出版より刊行されている「歴史でめぐる鉄道全路線」の第6号を購入しました。

歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 2009年 8/16号 [雑誌]

特集は磐越西線、只見線、磐越東線です。

東京から新潟へと向かう路線と言えば、高崎線から上越線を思い浮かべますが、かつては群馬県と新潟県の間にある険しい山々が障害となり鉄道が開通していない時期がありました。
その当時は長野周りの信越本線が新潟へのメインルートとなっていたのですが、横川ー軽井沢間の急勾配のために輸送力のネックとなっていたようです。
その代替ルートとなったのが、実は磐越西線だったというのが本書で記載されていました。
東北本線で郡山へと出て、そこから磐越西線に入れば確かに急勾配を回避できるし、実は距離的にも最短ルートだったという新しい知識を仕入れることができたのが有意義だった点です。
もちろん上越線の全通によりメインルートはそちらになり、磐越西線経由で新潟へ行くというルートは廃れていくことになります。

2番目の特集となっている只見線は言わずと知れた絶景路線です。
冬場は雪に閉ざされ、夏場は緑深き山の中を走るという只見線は青春18きっぷ利用者に大人気なので、春夏冬の18きっぷシーズンはかなりの混雑になることもあるので、その季節に只見線に乗りに行こうと考えている方は注意が必要でしょう。

磐越東線は僕にとってまだなじみがない路線なのですが、常磐炭田やコンクリート輸送などの貨物路線で栄えて路線のようで、未だその名残が残っているようなので、ぜひとも一度は乗ってみたい線区です。

これら3路線以外にも廃止となった日中線、川俣線、白棚線についても触れられており、SL時代の貴重な写真も載っているので必見です。

「歴史でめぐる鉄道全路線」の第6号の楽天ブックスでの紹介ページはこちらから。
歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 2009年 8/16号 [雑誌]

よろしければシェアしてください!

「週刊歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」第5号 中央本線

朝日新聞出版の「週刊歴史でめぐる鉄道全路線」の第5号を購入しました。

歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 2009年 8/9号 [雑誌]

特集は中央本線です。
中央本線は東京から塩尻までの中央東線と塩尻から名古屋までの中央西線の2つの顔を持っています。
東京に住んでいる僕にとって西線の方はあまり馴染みのない路線で、実際に乗車したのも塩尻ー木曽福島間しかありません。
従って西線について新しいことを学ぶことができたらいいなと思って今号を読み進めました。

まずは現在の中央本線について写真付きで説明が入ります。
中央本線は山岳路線なので車窓の変化が激しく、景色を見ているだけでもかなり楽しいことがわかる紹介のされ方をしていました。
かつてスイッチバックや橋梁があった旧線跡も現在でも残っており、そこもきっちり押さえられているのがポイントが高いところです。
そして一番見たかった塩尻から名古屋までの西線ですが、ここについては特に目新しいことがなかったかも。
強いて言えば「寝覚の床」の脇を走る115系の写真が美しかったことくらいかな。

歴史的な記述では、急行アルプス、急行しなの、急行きそ、準急白樺の写真が掲載されているのが興味深いところでした。
特にアルプスの気動車時代なんて見たことがないものだったし、ビュッフェ付きの165系というのも初めて見たものでした。
こういう写真を見ることができるのが本書のいいところだと思っています。

楽天ブックスの紹介ページはこちらから。
歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 2009年 8/9号 [雑誌]

第6号は8月4日(火)発売で、特集は磐越西線、只見線、磐越東線です。

よろしければシェアしてください!

週刊歴史でめぐる鉄道全路線第4号 筑豊本線、日田彦山線、後藤寺線、篠栗線

朝日新聞出版から発売されている「週刊歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」の第4号を購入しました。

歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 2009年 8/2号 [雑誌]

特集は筑豊本線、日田彦山線、後藤寺線、篠栗線です。
表紙写真は飯塚駅の向こうに見えるボタ山で、かつての炭鉱の町のシンボルが現在ではこのような風景になっているのですね。
さて、今号で紹介されている路線は基本的に炭鉱で栄えていた当時に貨物輸送で大賑わいだった路線です。
しかし今では石炭輸送はもちろんのこと、貨物輸送自体も廃止されてしまったようです。
そこらへんも歴史年表にまとめられていて、路線の栄枯盛衰が見て取れます。
しかし、現在は博多や小倉への通勤圏内として筑豊本線や篠栗線は活躍しており、役割を変えつつもまだまだがんばっている路線でもあります。

特集されている4路線の現状や歴史はうまくまとめられていますが、僕が一番注目した記事はこの4線周辺にあった廃止された路線についてのものでした。
添田線、香月線、上山田線、宮田線、漆生線、幸袋線。
いずれも短い距離で、石炭輸送のために作られた路線です。
今はもう見ることができないそれらの路線の写真は、歴史の必然とは言え哀しいものがありました。

次号の第5号は中央本線が特集で7月28日(火)発売です。

楽天ブックスの紹介ページはこちらから。
歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 2009年 8/2号 [雑誌]

よろしければシェアしてください!

週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 第3号 飯田線、身延線、小海線

朝日新聞出版から刊行されている「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」の第3号が発売されました。
特集は飯田線、身延線、小海線です。

週刊歴史でめぐる鉄道全路線 飯田線、身延線、小海線

僕はこの3つの路線のうち、小海線にのみ乗ったことがあり、飯田線と身延線には乗ったことがないけれども、ぜひ乗ってみたいと思っている路線なので今号はかなり楽しみにしていました。

構成としては、まずは現在のそれぞれの路線の状況を解説し、そして歴史的背景の記述に入っていくというものになっています。
飯田線はかなりユニークな路線で、戦前は4つの私鉄がそれぞれ独自に運営していたものを戦中に国鉄となって1本の路線になったものです。
駅間隔の短さにその名残が残っていると言えるでしょう。
全線を通じて天竜川沿いを走り、さらに40パーミルという急勾配区間もある路線なので、所謂秘境駅である田本駅や小和田駅などが今では鉄道ファンの間ではかなりメジャーにもなっています。
かつては旧型国電の楽園だった時期もあったようで、そういう時代にぜひ乗ってみたかったと思いました。
もちろん今でも魅力的な車窓がいっぱいなので乗ってみたいと思っていますよ。

身延線と小海線も車窓風景がなかなか素晴らしい路線です。
身延線は富士山を望み、小海線は八ヶ岳を望む。
山を身近に感じる路線の代表格と言ってもいいでしょう。

小海線でひとつエピソードを思い出しました。
僕が小学生の頃、移動教室で清里に行ったのですよ。
その頃駅の入場券を集めていたのでどうしても清里駅のものが欲しかったのですが、スケジュールの関係上買いに行くことができなかったのです。
ところが、同行していた校長先生が途中で帰るという情報をキャッチしたので、恐れ多くも入場券を買ってきてもらうようお願いしました。
東京に帰ってからその入場券を校長先生からもらったということがありました。
生徒からのこんなお願いを聞いてくれるなんて、いい先生だったなあ。

そんなことを思い出しながら読み進めました。

第4号の特集は筑豊本線、日田彦山線、後藤寺線、篠栗線で、7月21日(火)発売です。

朝日新聞出版の「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」についての詳細はこちらから。
歴史でめぐる鉄道全路線スペシャル・サイト

よろしければシェアしてください!

週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 第2号 「日本三大車窓」が展開する魅惑のローカル線 肥薩線、吉都線、三角線

朝日新聞出版の週刊朝日百科シリーズ、「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」の最新号が6月30日に発売になりましたので購入してきました。

r歴史でめぐる鉄道全路線 肥薩線 吉都線 三角線

今回の特集は肥薩線、吉都線、三角線です。
表紙写真はこの春復活したSL人吉号が力強く黒煙を吐きだしている姿で、SLの醍醐味をみごとに表しているものになっているものだと思います。

内容はと言いますと、まずは現在の肥薩線の乗車記的紹介から始まります。
肥薩線は大きく分けて3つの区間に分けられ、八代ー人吉間の川線、人吉ー吉松間の山線、吉松ー隼人間のひなびた山里路線です。
ここで3つの区間でそれぞれ見どころがありますが、やはり最大の見所は山線区間にある大畑駅付近にあるループ線とスイッチバックの組み合わせ、そして日本三大車窓のひとつに数えられる矢岳ー真幸間のえびの高原の大パノラマです
大畑駅周辺の複雑な線路の様子が写真で紹介され、さらに図解もされているので、どのように列車が進むのかよくわかるようになっていますよ。
ちなみに真幸駅は僕の名前と同じ発音をするのでずっと訪れてみたいと思っている駅です。
吉松ー隼人間にも忘れてはならない駅舎があり、明治時代から変わらないその姿を見せている嘉例川駅と大隅横川駅です。
こちらの写真も掲載されているので、ぜひ押さえておきたいポイントになっています。

次に肥薩線、吉都線、大隅線、廃止となってしまった山野線、宮之城線、第三セクター「くま川鉄道湯前線」となった湯前線の歴史が紹介されています。
急勾配を乗り越える路線の宿命か肥薩線の大事故や、かつて幹線として重宝された時代からローカル線に転落してしまう運命のいたずらまで年表付きで解説されています。
今や観光路線として人気の肥薩線ですが、このような歴史を予め予習してから訪れるとさらに楽しさが増すと思いますよ。

その他、SLや準急くまがわのキハ55形、準急えびののキハ52形などの歴史的車両の写真も掲載されているので、こちらもレトロ車両好きにとっては堪らないところです。
全体的に見て、勉強になるし、知的好奇心が刺激されるし、かなりいい雑誌になっていると思いました。
ただ、やはり昭和などの元号より西暦を優先させる表記は何とも性に合いません。

朝日新聞出版の「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」についての詳細はこちらから。
歴史でめぐる鉄道全路線スペシャル・サイト

第3号は飯田線、身延線、小海線で7月14日(火)発売です。

よろしければシェアしてください!

朝日新聞出版「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」本日創刊

本日(6月16日)、朝日新聞出版より「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」が刊行されました。
全50号が予定される第1号は東海道本線の特集です。

週刊歴史でめぐる鉄道全路線国鉄・JR

内容は大きく分けて以下のようなものでした。

・現在の東海道本線の路線を写真とおおまかな概略文で綴る
・東海道本線で活躍した緑とオレンジの湘南電車の歴史
・正縮尺の地図上に記された東海道本線
・東海道本線の歴史
・東海道本線で活躍した名列車と車両

僕は東京に住んでいながら北へ向かう傾向があるので、東北本線、高崎線、上越線に親しみがあるのですが、東海道本線はあまり馴染みがありません。
しかし、富士やはやぶさをはじめとするブルートレインには憧れを抱き、東京から伊豆方面へ向かう特急踊り子にも興味を持っていたものです。
そんな東海道本線について明治からの詳細な歴史を振り返っており、今では大幹線であるこの路線の苦難に満ちた工事などが紹介されていました。
さらに、「はと」「つばめ」「こだま」と言った東海道本線を駆け抜けた名列車の写真も掲載されているので、レトロ車両大好きな僕としてはかなりの満足がいく1冊になっていました。
80系湘南電車から153系、111系へと続いていく歴史がイラストでまとめられ、EF58の青大将色のカラー写真ものっているというのはポイントが高いです。

ただ、本書で記載されている年代表記に大きな違和感を覚えました。
例えば、このような表記です。
1964(昭和39)年
日本の鉄道の歴史について書いているのだからやはり元号を先にして、昭和39(1964)年という表記にすべきでしょう。
文章の途中になると「64(昭和39)年」といったわけわからない表記になるし、読みづらいこと甚だしです。

とは言うものの、内容は充実しているので今後とも継続して購入してみたいと思わせるシリーズだと思いました。
最近刊行された集英社の「週刊鉄道絶景の旅」は観光に焦点を当てているので、この「歴史でめぐる鉄道全路線」とは棲み分けができていると思います。

朝日新聞出版の「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR」についての詳細はこちらから。
歴史でめぐる鉄道全路線スペシャル・サイト

第2号は肥薩線、吉都線、三角線ほかで6月30日(火)発売です。

よろしければシェアしてください!

朝日新聞出版より「分冊百科 歴史でめぐる鉄道全路線」6月16日発売

Penの広告で知ったのですが、また新たに鉄道系の書籍が出版されるようです。
朝日新聞出版から6月16日に発売される「歴史でめぐる鉄道全路線」です。

歴史でめぐる鉄道全路線

分冊百科シリーズで全50号になるようです。
各号で数路線ずつの詳細な歴史を紹介し、鉄道旅をする上でのヒントが満載になるのだと思います。
創刊号の第1号はサービス定価で390円、第2号以降は580円になるとのこと。
シリーズの特色は以下にまとめられます。

特色1 国鉄とJRの歴史をまるごと知る
特色2 懐かしい鉄道風景と遺構を旅する
特色3 鉄道ファン必携!路線別「詳細鉄道実用地図」
特色4 新旧車両を精密イラストなどで再現

集英社の「鉄道 絶景の旅」と重なる部分もあるけど、この「歴史でめぐる鉄道全路線」の方がマニアックな内容になているのかも。
とりあえずは創刊号を買ってみて、継続した購入するかどうか検討してみます。
または自分の好きな路線が出てくるときに購入するかだね。

詳細はこちらから。
朝日新聞出版 分冊百科:歴史でめぐる鉄道全路線

よろしければシェアしてください!

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム