路地を抜けるとそこはプライベートホームだった 荒川七丁目停留所(都電がある風景 その3)

スポンサーリンク

町屋駅前から三ノ輪橋方面へひとつ行った所にあるのが荒川七丁目停留所だ。

低層の住宅と町工場が並び、この停留所を使うのは地元の人のみでたくさんの人が利用するとは言えない。

停留所のすぐそばには二車線の道路があるのだが、そこには遮断機のない踏み切りがある。

標識も古く、すっかり錆付いてしまっているが、ここで事故が起こることはない。

この道路はほとんど地元の人のみが使用しており、都電が走っているというのが日常になっているからだ。

生活スピードと都電のスピードが一致して、ゆったりとした時間が流れているようであった。

また、この停留所には細い路地から直接ホームへと上ることができる。

まるでこの町の人々専用のプライベートホームのようであった。

Nikon D40x

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録