横須賀から海路でたった10分のところにある緑に覆われた無人島の猿島に行こう! 『よこすかグルメきっぷの旅』 その5


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

5月24日。
京急のよこすかグルメきっぷを使って横須賀に日帰り旅行をしてきました。
今回は猿島へと渡る船を紹介します。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

猿島は横須賀沖1.7kmのところにある無人島です。
かつては日本軍の要塞として使われていて、立ち入りが制限されていたのですが、現在は観光地として誰でも上陸することができるようになっています。
島内散策や、釣り、バーベキュー、海水浴などを楽しむことができますよ。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

Sponsored Link

島へと上陸する手段が今回利用した猿島航路です。
こちらがチケット売り場です。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

必要なチケットは猿島航路の往復乗船料と猿島公園の入園料の両方が必要となります。
それぞれ1300円と200円で合計で1500円ですね。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

ただ、今回は京急のよこすかグルメきっぷの旅を持っていたので、乗船券の1300円が200円割引されて1100円になりました。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

船の時間の確認をします。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

横須賀側の港が三笠で、毎時30分に船が出ます。
猿島側からは毎時45分で、最終便が17:00です。
猿島には宿泊することはできないので、必ず横須賀に帰ってこなくてはいけません。
もし最終便に乗り遅れてしまった場合についての案内がこちらです。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

海風にやられてだいぶ薄くなっていますが、特別便(別料金)で迎えに来てくれるようですね。

それでは船に乗りましょうかね。
こちらが船が出る三笠桟橋です。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

乗船する船がこちら。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

1階部分(船の場合このように表現するのかはわかりませんが)のオープンスペースに座席があります。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

寒かったり、海風に当たりたくないという時はこちらの船室に入るのがいいでしょう。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

2階部分はオープンデッキになっています。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

ここの先頭部分に操船室がありました。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

僕は2階のオープンデッキに陣取ることにしました。
それでは出港です。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

しずかに港を出て、しばらくするとスピードアップ。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

三笠(横須賀)から猿島までは1.7kmしかないので、すぐに島の全貌が見えてきます。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

そしてまたすぐに猿島に到着です。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

乗船時間は約10分なので、本当にあっという間です。
島の桟橋のところから見ただけですが、猿島は緑に覆われた美しい島ということがわかりますよ。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

それでは下船しましょう。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

この日は平日だったのですが、それでもたくさんの乗客がいたので、きっと土日は猿島観光は大人気なのだと思いますよ。

下船して、船を見てみます。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

海の向うに見える街が横須賀ですね。
こんなに近いのですから、船が苦手という人でも乗船時間は短いので安心してください。
それでは猿島に上陸です。

よこすかグルメきっぷの旅 2016年5月24日

次回から数回に分けて猿島での散策の様子をお伝えします。
続く。

今回紹介した猿島航路についての詳細はこちらから。
無人島・猿島 | 【TRYANGLE WEB】YOKOSUKA軍港めぐり / 無人島・猿島 / ヨコスカBBQ のトライアングル

船の乗り場はこちらです。

よこすかグルメきっぷの旅
品川から2030円で往復+フリー区間乗り降り自由+横須賀海軍カレーorネイビーバーガーが食べられちゃうよこすかグルメきっぷがかなりお得! 『よこすかグルメきっぷの旅』 その1
ビルの中から参道がスタート!?横須賀の豊川稲荷の隠れキャラっぽさが面白い! 『よこすかグルメきっぷの旅』 その2
横須賀中央駅周辺の坂道がある風景 『よこすかグルメきっぷの旅』 その3
戦艦三笠の船内をイメージした横須賀海軍カレー本舗でよこすか海軍カレーを食べてきた! 『よこすかグルメきっぷの旅』 その4
横須賀から海路でたった10分のところにある緑に覆われた無人島の猿島に行こう! 『よこすかグルメきっぷの旅』 その5←今ここ
猿島内にある施設の確認 島内で遊ぶならばバーベキューなどのレンタルショップがあるので手ぶらでOK! 『よこすかグルメきっぷの旅』 その6
猿島に残る軍事遺産を見学する フランス積という珍しいレンガの積み方も見られますよ 『よこすかグルメきっぷの旅』 その7
猿島に残る砲台跡 江戸から昭和の国防の歴史を垣間見ることができます 『よこすかグルメきっぷの旅』 その8
横須賀のどぶ板通りとその周辺の道を歩いて古い建物などを撮影してみる 『よこすかグルメきっぷの旅』 その9
横須賀ブラジャーが飲める街である横須賀マーケットをぶらりと歩いてみる 『よこすかグルメきっぷの旅』 その10
YOKOSUKA Shell(ヨコスカシェル)のよこすか海軍カレープレートが唐揚げとポテトもついてきてボリューム満点! 『よこすかグルメきっぷの旅』 その11(最終回)

写真はNikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDで撮影しました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム