クラゲ、ダイオウグソクムシ、原色をまとったカエル、色鮮やかな魚たち、水族館での撮影は楽しすぎる! 『サンシャイン水族館に行こう!』 その4(最終回)

スポンサーリンク

今回はサンシャイン水族館の魚たちを紹介します。
水族館内の青の世界は本当に美しいのですよ。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

これまではペンギン、カワウソ、ミナミコアリクイと外の動物たちを見てきましたが、今度は屋内に入ります。
中は照明も暗く、そして青いので、日常の世界とは全くかけ離れた場所になっています。
こちらの順路に従って歩いてみることにしましょう。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

Sponsored Link

まずはこちらの魚。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

ごめんなさい、メモも取らずに撮ってきたので名前がわかりません。
色や形、大きさが異なる魚がとにかくいっぱいいるので、メモを取ることも忘れて夢中で撮影していました。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

これはナマズの仲間だったかな。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

こんな小さな魚もいますよ。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

一時期大ブームとなったウーパールーバーもいました。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

次はカエルシリーズです。
日本にはいないどぎつい色をしたカエルがたくさんいました。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

サンシャイン水族館 2015年2月11日

サンシャイン水族館 2015年2月11日

サンシャイン水族館 2015年2月11日

また魚に戻ります。
きれいな色の魚シリーズです。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

サンシャイン水族館 2015年2月11日

サンシャイン水族館 2015年2月11日

今度は大きな水槽を見てみましょう。
観覧席も設けられていて、じっくりと見ることができる水槽です。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

サンシャイン水族館 2015年2月11日

でっかいエイもご挨拶に来ていました。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

今度は一転して暗い場所へ。
これはダイオウグソクムシ?

サンシャイン水族館 2015年2月11日

サンシャイン水族館 2015年2月11日

最後はクラゲコーナーです。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

クラゲって、照明が当たると無茶苦茶美しく見えますね。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

体の模様も個体ごとに異なっていて、見ていて飽きません。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

ユラユラと水中を漂う姿は、生物に見えないようですごく不思議な感じです。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

クラゲにも種類がたくさんあって、結構グロいものもいました。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

クラゲコーナーも結構な人気があって、写真撮影スポットになっていました。

こんなサンシャイン水族館の魚たちをじっくり見ていたら本当に時間がいくらあっても足らないくらいです。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

余裕がある時にたっぷりと時間をかけて魚たちを見てみてください。
カフェコーナーもあるのでお昼ご飯休憩もちゃんと取れますよ。

サンシャイン水族館 2015年2月11日

僕はマンボウハヤシライスを食べました(笑)

以上、サンシャイン水族館レポートでした。

今回紹介した水族館についての詳細はこちらからどうぞ。
サンシャイン水族館

営業時間は季節によって異なります。
4月1日から10月31日までは10:00から20:00。
11月1日から3月31日までは10:00から18:00です。
入場料金は大人2000円、小中学生は1000円、4歳以上の幼児は700円です。

サンシャイン水族館に行こう!
ペンギンが泳いでいる姿がかっこいい!飼育員さんによるエサやりタイムも必見ですよ 『サンシャイン水族館に行こう!』 その1
カワウソたちが高速で遊びまわる姿が圧倒的にかわいい!疲れて眠った時の寝顔も必見ですよ 『サンシャイン水族館に行こう!』 その2
白と黒のツートンカラーでまるでチョッキを着ているかのようなユーモラスな見た目のミナミコアリクイ 『サンシャイン水族館に行こう!』 その3
クラゲ、ダイオウグソクムシ、原色をまとったカエル、色鮮やかな魚たち、水族館での撮影は楽しすぎる! 『サンシャイン水族館に行こう!』 その4(最終回)←今ここ

写真はNikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED及びSIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSMで撮影し、市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録