2016年11月下旬発売予定のCanon EOS M5について中の人から話を聞いてきたのでまとめてみた 個人的にはタッチ&ドラッグAFに注目しています


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

みんぽすのイベントに参加して9月15日に発表されたばかりのミラーレスカメラのCanon EOS M5についてのブロガー向け発表会に行ってきました。
2016年11月下旬発売予定のカメラということもあって、試作機ではありますが実機も触ることができました。

Canon EOS M5

キヤノンの担当者の方よりこのEOS M5についてのお話を伺ってきましたので、簡単にまとめてみようと思います。
これまでミラーレスカメラに存在していた弱点をかなり克服することができたそうですよ。

Canon EOS M5


Sponsored Link

・EOS M5の想定ユーザー

Canon EOS M5

これまでのEOS M10、M3といったMシリーズはエントリーユーザー向けだったそうですが、今回のM5はもっと写真が楽しみたい、いい写真を撮りたいというようなステップアップユーザー向けだそうです。
実際スペックもアップして、オートフォーカス性能、最高コマ速、内蔵EVFの搭載、モニターの性能アップなどなど、M3からの向上が見られます。
これらの要素から初心者向けというよりも、初心者から一歩進もうというユーザーに目を向けているということなのでしょうね。

・進化したオートフォーカス

Canon EOS M5

従来のM3で採用されていた条件によっては位相差AFのみでの合焦から、約2420万画素のすべてが位相差センサーに対応したことで、これまでよりも高速・高精度な合焦が可能になったそうです。
確かにこのまでのMシリーズのユーザーからはオートフォーカスが遅いことがあるという声がちらほらと聞こえてはきていました。
これが改善されたのはMシリーズユーザーには嬉しい限りでしょう。
また、動く被写体を撮影する際のAFサポートも性能アップして、ピント抜けを防止できるようになったそうです。

Canon EOS M5

・内臓ビューファインダーの搭載

Canon EOS M5

外見上の最大の変更点は内蔵ビューファインダー(EVF)が搭載されたことでしょう。
背面モニターを見ながらの撮影だと、どうしてもタイミングがずれてしまったり、カメラのホールディングが甘いことから手ブレが生じたりなどということがありがちですが、EVFがあればカメラを手持ちでもしっかりと固定して撮影することができます。
個人的にはモニターを見ながらの撮影は苦手なので、EVFがあるのはすごく嬉しいです。
EVF撮影の際に便利なのが、こちらのダイヤル群です。

Canon EOS M5

DIAL FUNC.はISO感度やホワイトバランスの変更、右側の+や-の数値が出ているのが露出補正、奥にあるシャッターボタンの周りもダイヤルになっていて、そこはF値の変更をすることができていました(設定で変更可能なのだとは思います)。
この位置関係をしっかり覚えておけば、ビューファインダーをのぞきながら、ダイヤルを見ずに右手で様々な設定の変更が可能となるわけです。

Canon EOS M5

もちろんEVF内で設定項目の数値は見ることができるので、いちいちモニターを見て確認する必要はありません。

Canon EOS M5

また、タッチ&ドラッグAFという機能が搭載されました。
EVFをのぞいたままモニターをタッチすることでAFの場所をしたり、モニター上をドラックしてAF枠の移動もできちゃうそうです。

Canon EOS M5

個人的に一番楽しみな機能なので、ぜひ自分でも試してみたいですね。

・多彩なレンズ

Canon EOS M5

EOS Mシリーズには多種多少なレンズが用意されています。
広角レンズから、マクロ、望遠ズームまであらゆる領域をカバーしているのがいいですね。

・チルト液晶パネル

背面液晶モニターはチルト式です。

Canon EOS M5

上方向に約85度、下方向に約180度チルトするので、ハイアングルやローアングルでの撮影が捗りそうです。
タッチ式なので、ピント合わせもモニタータッチでOKです。

・プレゼント、キャッシュバックキャンペーン

CANONはEOS M5には相当力を入れているようで、購入者に対してキャッシュバックやプレゼントのキャンペーンを実施するそうです。

Canon EOS M5

また、購入者じゃなくてもEOS M5スペシャルサイトに「期待のコメント」を投稿することでプレゼントがもらいちゃうという企画もあります。
詳細はこちらからどうぞ。
EOS M5 新発売キャンペーン|キヤノンEOS M5

・キット販売

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 レンズキット EF-M15-45mm
by カエレバ

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 クリエイティブマクロ ダブルレンズキット EF-M28mmF3.5IS EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS付属 EOSM5-CMWLK
by カエレバ

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 レンズキット EF-M18-150mm
by カエレバ

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 ボディー EOSM5-BODY
by カエレバ

 

・試写

今回のイベントではタッチ&トライコーナーもあり、試写をすることができました。

Canon EOS M5

どんな写真が撮れたのかはまた後日レポートすることにします。
しばしお待ち下さい。
(こちらからどうぞ! → 2016年11月発売予定のCanon EOS M5(試作機)とEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM(試作機)で鉄道模型や夜景などを撮影してみた! | とくとみぶろぐ

以上、11月下旬発売のCanon EOS M5についてのレポートでした。

今回紹介したCanon EOS M5についての詳細はこちらの公式サイトを御覧ください。
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M5|概要

このレビューを評価する
とても参考になった
参考になった
powered by みんぽす
スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム