Tag ‘神社’


一足早いお花見へ 上野公園内にある五條天神社の満開の桜を撮影してみた!

春になりました。
この時期に毎年行ってるのは上野公園内にある五條天神社です。

東京路地裏散歩 谷中・上野編 2014年3月21日

ここの桜は3月中旬くらいに満開になるのですよ。
今日行ってみたらみごとなまでに咲いていました。

東京路地裏散歩 谷中・上野編 2014年3月21日

桜の木は手水舎の上にあります。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

今週の365 DAYS OF TOKYO(3月11日~3月17日) ~ 御茶ノ水、湯島の路地裏風景

「今週の365 DAYS OF TOKYO」の時間になりました。
今週の7枚は千代田区、文京区の風景です。

3月11日

中学生の頃からよく御茶ノ水の街を散歩していました。
その途中でよく見に行ったのがこのヒルトップホテルです。
いつか利用したいと思っていましたが、まだそれは実現していません。。。

3月12日

神保町の路地裏にいた招き猫です。
玄関先に招き猫がいるとやっぱり歓迎されている気がしてきます。

3月13日

湯島天神下にある湯島聖天。
そこには小さな池があり、金魚や鯉が元気に泳いでいました。

3月14日

湯島天神を訪れた時はちょうど受験シーズンでした。
絵馬やおみくじがいつも以上にたくさんありましたよ。

3月15日

撮影時期が2月なので写っている範囲では梅の花が少ないですが、少ないとほとつひとつの花がはっきりと見えてこれはこれで美しいと感じました。

3月16日

有楽町にある交通会館は以前はよく東海道新幹線の撮影のために訪れていました。
最近は夜の立ち入りができなくなったのが残念ですが、こうやって外からライトアップを見るのも楽しいですね。

3月17日

有楽町のガード下は魅力的なお店がたくさんありました。
暗いガード下に明るい看板が出ているとふらりと店内に引きこまれそうになっちゃいました。

こんな感じで365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)では1日1枚東京の風景を紹介しております。
そちらで毎日見てもらうもよし、こちらで1週間分まとめて見てもらうもよしです。
来週の日曜日の夜にも温かくて、柔らかくて、優しい東京の風景を紹介いたします。

写真はNikon 1 J1+Nikon 1 NIKKOR (ワンニッコール) 18.5mm f/1.8 ブラック 1N 18.5 1.8BKで撮影し、市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio PRO5 Windowsで現像しました。

よろしければシェアしてください!

根津神社の文京つつじまつりに行ってきました

先日根津神社で開催されている文京つつじまつりに行ってきました。
根津神社の境内の一角がつつじの花で埋まってしまう実に色鮮やかなイベントでした。
僕が訪れたのは日曜日ということもあって、つつじの間にある狭い通路は見物客で一杯になり、なかなか前に進むことができない状況になっていました。

つつじは遠くから見てもいいし、近くからみてもいいもです。

でも、僕が根津神社の境内で一番好きな光景は鳥居がずらりと並んでいるところです。

こちらも遠くから眺めるもよし、ひとつひとつくぐり抜けて、その違いを観察するもよしです。

この文京つつじまつりは5月5日まで開催しているので、ゴールデンウィークの谷中、根津、千駄木のいわゆる谷根千散歩の時にぷらっと寄ってみるのもいいと思いますよ。

開催日時:平成22年(2010年)4月9日~5月5日まで
いずれも9:00~17:30
入場料:200円
詳細はこちらからどうぞ。
文京つつじまつり(根津神社)

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

レンタサイクルで人吉町中観光 初の九州旅行 その16

九州旅行2日目の宿泊地は人吉です。
しかしまだお昼を少し過ぎたくらいの時間だったのでホテルへチェックインするにはまだ早すぎます。
そこで人吉駅内にある観光案内所でレンタサイクルを借りることにしました。
JR利用者だと2時間で300円で借りることができます。
今回の相棒はこちら。

電動アシスト付きです。
まず向かったのは国宝である青井阿蘇神社です。

鳥居前の蓮池に架かる石橋がなかなかよかったです。

境内には「君が代」にも出てくるさざれ石がありました。

境内で野球をしている子供たちがいたりして、国宝の割にはのんびりとした雰囲気がある神社でした。

次に向かったのは幽霊画があるという永国寺です。
こちらの池に幽霊が出たというのですが・・・

永国寺を出てしばらく自転車を走らせると足湯を発見。

この足湯は実は繊月酒造という焼酎の酒蔵の敷地内にあります。
温まった後は酒蔵の見学をして、さらに焼酎の試飲もさせていただいてきちゃいました。

携帯ストラップのおみやげまでいただいちゃいましたよ。

酒蔵を出て自転車を駅に返却に行く途中でこの日宿泊するホテルを発見。

このホテルについての話はまた次回にします。

無事時間内に自転車を返却しましたが、人吉は小さな町なので自転車があればたくさんの観光ポイントを周ることができます。
タクシーやバスを使うよりも自由度が高いと思うのでお勧めですよ。
自転車で町の中まで行かなくても人吉駅周辺には縄文時代の遺跡である大村横穴古墳群や、

登録文化財である人吉駅石造車庫もあります。

駅の周りだけでも歴史を感じることができますよ。

初の九州旅行まとめ
815系電車で九州鉄道旅行が始まる 初の九州旅行 その1
熊本市交通局の1日乗車券を購入して市電を乗りまくる 初の九州旅行 その2
熊本市電の昭和33年製造の1200形に乗車 初の九州旅行 その3
徳富蘇峰、蘆花が暮らした徳富記念園を見学する 初の九州旅行 その4
徳富記念園に残る井戸 初の九州旅行 その5
味噌神様を祀った味噌天神宮 初の九州旅行 その6
鹿児島本線普通列車で熊本から八代へ 初の九州旅行 その7
八代駅前の球磨川旅館に宿泊 初の九州旅行 その8
肥薩線八代発人吉行き普通列車はいさぶろう・しんぺい号の車両だった 初の九州旅行 その9
ひと駅ひと駅停車時間の長い肥薩線普通列車の旅 初の九州旅行 その10
縁起のいい駅名として知られる肥薩線一勝地駅で途中下車 初の九州旅行 その11
肥薩線一勝地駅周辺散策で見かけた素敵な風景 初の九州旅行 その12
くま川鉄道の観光列車KUMA1に乗車 初の九州旅行 その13
昔ながらの木造駅舎が残るくま川鉄道湯前駅 初の九州旅行 その14
湯前駅周辺散策とあさぎり駅でのタブレット交換 初の九州旅行 その15
レンタサイクルで人吉町中観光 初の九州旅行 その16←今ここ
人吉温泉清流山水花あゆの里で温泉と食事を堪能する 初の九州旅行 その17
いさぶろう1号に乗って大畑駅付近のスイッチバックとループ線を体験する 初の九州旅行 その18
肥薩線最高地点にある矢岳駅で5分間の停車 初の九州旅行 その19
日本三大車窓のひとつ、矢岳越えの絶景を眺める 初の九州旅行 その20
真の幸せが訪れる肥薩線真幸駅で途中下車 初の九州旅行 その21
ループ線とスイッチバックだけではない!大畑駅の魅力をたっぷりと 初の九州旅行 その22
矢岳、真幸、吉松と肥薩線山線区間の駅を楽しむ 初の九州旅行 その23
築106年の大隅横川駅と嘉例川駅の駅舎 初の九州旅行 その24
鹿児島市電で鹿児島市内観光 初の九州旅行 その25
子供の頃からの憧れである指宿枕崎線で山川駅へ 初の九州旅行 その26
JR最南端の指宿枕崎線の山川ー枕崎間を往復する 初の九州旅行 その27
指宿枕崎線のなのはなDX号とブルートレイン富士の車両 初の九州旅行 その28
九州旅行の最後は夜の肥薩線嘉例川駅にかぎる 初の九州旅行 その29

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

湯前駅周辺散策とあさぎり駅でのタブレット交換 初の九州旅行 その15

九州旅行の2日目はくま川鉄道の終着駅、湯前駅へとやってきました。
木造駅舎を見学した後は、周辺の散策に出かけることにします。
まず町の中で目に付いたのはこちらのお菓子屋さん。

「おっぱいマシュマロ」が売りのようだけど、一体どんなものなんだろう?
気になったけど確認してこなかったのをちょっと後悔しています。
市街地をちょっと歩くとすぐに田んぼが広がる風景になってきました。

山の上にお寺と神社らしきものが見えたのでそこを目指して歩くことにすると、目に飛び込んできたのがこの廃墟。

ほとんど自然に飲み込まれつつある姿にこの上ない美しさを感じてしまいます。
この廃墟がある目の前の坂道を上っていくと市房山神宮里宮神社があります。

高台にあるので鳥居の向こうに湯前の町を一望できました。

神社の参拝後はお昼御飯です。
店内に生け簀がある「魚八」というお店で天丼を食してきました。

食後は湯前駅へと戻り、再び人吉温泉へと戻ります。
今度は観光列車はKUMAではなく普通の列車。

観光列車だけでなく普段地元の方が乗っているこういう列車に乗るのもうれしくなります。
車内は4人掛けのボックスと2人掛けボックスで構成されていました。

運転台には運転士さんの帽子が置かれています。

「KUMA DC 球 くまてつ」のロゴがいい感じ。
12:33、湯前発。
途中あさぎり駅で上下線の列車交換が行われるので、そこでタブレット交換が見られます。
ただ、列車から列車へとタブレットが受け継がれるのではなく、列車から駅事務室、そして列車へと受け渡されるので、見る側としてはちょっと物足りないかも。
でもタブレットを持って列車に乗り込む運転士さんを見ることができたのでよしとしましょう。

13:22、人吉温泉着。
次は人吉の町をレンタサイクルで周ることにします。
その話はまた次回。

初の九州旅行まとめ
815系電車で九州鉄道旅行が始まる 初の九州旅行 その1
熊本市交通局の1日乗車券を購入して市電を乗りまくる 初の九州旅行 その2
熊本市電の昭和33年製造の1200形に乗車 初の九州旅行 その3
徳富蘇峰、蘆花が暮らした徳富記念園を見学する 初の九州旅行 その4
徳富記念園に残る井戸 初の九州旅行 その5
味噌神様を祀った味噌天神宮 初の九州旅行 その6
鹿児島本線普通列車で熊本から八代へ 初の九州旅行 その7
八代駅前の球磨川旅館に宿泊 初の九州旅行 その8
肥薩線八代発人吉行き普通列車はいさぶろう・しんぺい号の車両だった 初の九州旅行 その9
ひと駅ひと駅停車時間の長い肥薩線普通列車の旅 初の九州旅行 その10
縁起のいい駅名として知られる肥薩線一勝地駅で途中下車 初の九州旅行 その11
肥薩線一勝地駅周辺散策で見かけた素敵な風景 初の九州旅行 その12
くま川鉄道の観光列車KUMA1に乗車 初の九州旅行 その13
昔ながらの木造駅舎が残るくま川鉄道湯前駅 初の九州旅行 その14
湯前駅周辺散策とあさぎり駅でのタブレット交換 初の九州旅行 その15←今ここ
レンタサイクルで人吉町中観光 初の九州旅行 その16
人吉温泉清流山水花あゆの里で温泉と食事を堪能する 初の九州旅行 その17
いさぶろう1号に乗って大畑駅付近のスイッチバックとループ線を体験する 初の九州旅行 その18
肥薩線最高地点にある矢岳駅で5分間の停車 初の九州旅行 その19
日本三大車窓のひとつ、矢岳越えの絶景を眺める 初の九州旅行 その20
真の幸せが訪れる肥薩線真幸駅で途中下車 初の九州旅行 その21
ループ線とスイッチバックだけではない!大畑駅の魅力をたっぷりと 初の九州旅行 その22

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

肥薩線一勝地駅周辺散策で見かけた素敵な風景 初の九州旅行 その12

肥薩線の一勝地駅には大正3年建築の素晴らしい木造駅舎があるわけですが、その周囲を散策してみるとこれまた素敵な風景に出合いました。


大きな地図で見る

一勝地駅の目の前には球磨川が流れています。

雲が厚く天気は今一つですが、山々の連なりに自然の奥深さがうかがえます。
駅の周囲には何もないのですが、ちょっと歩くと集落があります。
その入口に焼酎蔵がありました。

魅力的な木造家屋と苔、そして焼酎の匂いが辺りに漂い九州らしさを醸し出していました。
この酒蔵の裏には大同2年(807年)創建の一勝地阿蘇神社があります。

小さいながらもよく手入れされた神社で、必勝祈願などお札がたくさんありました。

また、ちょうど柚子の収穫の時期なのか、たくさんお供えされていました。

この神社のそばには一勝寺もありました。

こちらは元禄11年(1698年)開山だそうです。
一勝地駅は谷間にあり、その周囲はかなりの高低差が見られます。

崖沿いにあるお宅の庭にはこんな井戸ポンプもありました。

もう現役ではないでしょうが、柚子と水がお供えされており、神様として祀られているようです。
こういう小さな信仰心が見られるとほっこり温かな気持ちになれます。

こんな風に散策しているうちに次に乗る列車の時間が近づいてきました。
次回は肥薩線をさらに乗り進めていきます。

初の九州旅行まとめ
815系電車で九州鉄道旅行が始まる 初の九州旅行 その1
熊本市交通局の1日乗車券を購入して市電を乗りまくる 初の九州旅行 その2
熊本市電の昭和33年製造の1200形に乗車 初の九州旅行 その3
徳富蘇峰、蘆花が暮らした徳富記念園を見学する 初の九州旅行 その4
徳富記念園に残る井戸 初の九州旅行 その5
味噌神様を祀った味噌天神宮 初の九州旅行 その6
鹿児島本線普通列車で熊本から八代へ 初の九州旅行 その7
八代駅前の球磨川旅館に宿泊 初の九州旅行 その8
肥薩線八代発人吉行き普通列車はいさぶろう・しんぺい号の車両だった 初の九州旅行 その9
ひと駅ひと駅停車時間の長い肥薩線普通列車の旅 初の九州旅行 その10
縁起のいい駅名として知られる肥薩線一勝地駅で途中下車 初の九州旅行 その11
肥薩線一勝地駅周辺散策で見かけた素敵な風景 初の九州旅行 その12←今ここ
くま川鉄道の観光列車KUMA1に乗車 初の九州旅行 その13
昔ながらの木造駅舎が残るくま川鉄道湯前駅 初の九州旅行 その14
湯前駅周辺散策とあさぎり駅でのタブレット交換 初の九州旅行 その15
レンタサイクルで人吉町中観光 初の九州旅行 その16
人吉温泉清流山水花あゆの里で温泉と食事を堪能する 初の九州旅行 その17
いさぶろう1号に乗って大畑駅付近のスイッチバックとループ線を体験する 初の九州旅行 その18
肥薩線最高地点にある矢岳駅で5分間の停車 初の九州旅行 その19
日本三大車窓のひとつ、矢岳越えの絶景を眺める 初の九州旅行 その20
真の幸せが訪れる肥薩線真幸駅で途中下車 初の九州旅行 その21
ループ線とスイッチバックだけではない!大畑駅の魅力をたっぷりと 初の九州旅行 その22
矢岳、真幸、吉松と肥薩線山線区間の駅を楽しむ 初の九州旅行 その23
築106年の大隅横川駅と嘉例川駅の駅舎 初の九州旅行 その24
鹿児島市電で鹿児島市内観光 初の九州旅行 その25
子供の頃からの憧れである指宿枕崎線で山川駅へ 初の九州旅行 その26
JR最南端の指宿枕崎線の山川ー枕崎間を往復する 初の九州旅行 その27
指宿枕崎線のなのはなDX号とブルートレイン富士の車両 初の九州旅行 その28
九州旅行の最後は夜の肥薩線嘉例川駅にかぎる 初の九州旅行 その29

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

伊勢神宮を参拝してきた 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その13

和歌山から1日半かけて紀勢本線をぐるっと周って多気駅へとやってきました。
ここからは参宮線に乗り換えて伊勢神宮に参拝に行こうと思います。


大きな地図で見る

14:31、多気発鳥羽行き普通列車に乗車。

キハ11の単行です。
車窓風景は田園地帯が続くのんびりした感じでした。
14:50、伊勢市着。
伊勢市の駅前から伊勢神宮への参道が始まり、道の左右には昔ながらの建物が続いています。
中でもこちらの旅館、山田館はとても立派でしたよ。

駅から数分で伊勢神宮外宮の境内入口になります。

手水舎にはたくさんの柄杓がありました。
さすが伊勢神宮。
鬱蒼とした森の中にある鳥居をくぐり、

しばらく歩くと新御敷地にある御正殿になります。

この鳥居の内部からの撮影は禁止になっていました。
この御正殿は、式年遷宮と言って20年に一度場所をあらたにして建て替えられるそうです。
次の建築予定地である御敷地にも案内板が出ていました。

この儀式は1300年以上にわたって行われている伝統的なもので、平成25年(2013年)に次回の式年遷宮が行われるとのことです。
詳細は伊勢神宮の公式ウェブサイトでご覧下さい。
伊勢神宮

伊勢神宮は外宮と内宮があるのですが、この日は時間の関係上外宮をちょっと歩いただけで終わってしまいました。
今度行く時は1日かけて両宮をゆっくり歩いてみたいと思います。

お伊勢さん参りの後はまた青春18きっぷの旅に戻ります。

ぐるっと紀伊半島の旅まとめ
ムーンライトながらに初乗車! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その1
和歌山電鉄貴志川線のいちご電車に乗る! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その2
スーパー駅長たまに会う! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その3
和歌山電鉄のたま電車に乗ってきた! 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その4
木造駅舎の雰囲気がいい和歌山電鉄伊太祈曽駅 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その5
和歌山駅で様々な車両を楽しむ 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その6
キハ600形が引退間近の紀州鉄道 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その7
紀州鉄道西御坊ー日高川間の廃線跡巡り 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その8
紀州鉄道西御坊駅とその周辺の町並み 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その9
紀州鉄道を望むトレインビューホテル、ビジネスホテル紀の国に宿泊 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その10
山あり海ありの紀勢本線からの車窓を楽しむ 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その11
ローカルムード満天の紀勢本線東側の車窓風景 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その12
伊勢神宮を参拝してきた 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その13←今ここ
多気ー鳥羽間の参宮線を乗りつぶす 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その14
絶景路線の名松線に乗車する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その15
歴史的遺産が残る名松線伊勢奥津駅 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その16
名松線の復路でもタブレット交換を確認する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その17
大府ー武豊間の武豊線に乗車する 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その18
旅の終わりはムーンライトながら 夏の青春18きっぷの旅第5弾 その19

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

台風一過の谷中近辺を散歩してきた

台風18号が日本列島を縦断し、各地でその爪跡を残していきました。
東京では午後になると空がすっかり晴れ渡り、台風一過を実感できる天気となりましたので、谷中方面に散歩に行ってみることに。

まずは西日暮里にある諏方神社へ。
社務所の木造家屋と長いブロック塀、そして青空の色合いがみごとでした。

青空は北の方角です。
諏方神社境内に入ってみると、木々の枝が散乱していました。

銀杏拾いに来ている方もたくさんいたのですが、枝や葉の中から探し出すのが大変そうでした。
僕は銀杏の匂いが苦手なので拾うなんてことはもちろんしません。

普段は土と石の地面なのに、この日は完全なる緑になっていました。
夕焼けだんだんの階段に移動すると、西の空もみごとな青空です。

ハイボールの看板が昭和を感じさせますね。
また日暮里駅方面に移動して経王寺に行ってみると、青緑の井戸ポンプの向こうのお釈迦様が見えました。

このお釈迦様はこの台風の中ずっとここに座っていたのですね。
何となく「お疲れ様です」と声をかけたくなってしまいました。

結局今日は西日暮里駅から上野駅まで約2時間かけてのんびりと歩いてきました。

写真はNikon D40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

平成21年度の諏方神社納涼盆踊り大会準備中

先日(7月13日)西日暮里の諏方神社に行ってみたら境内でやぐらの準備がされていました。

鳥居の向こうにイントレが組まれて少しずつ形ができてきているのがわかると思います。
もっと近寄ってみると、

一番上は木の枝に届きそうなくらい高くなっていました。
このやぐらは7月19日(日)20日(月)に諏方神社納涼盆踊りが行われるので、そのためのものです。
子供たちの夏休みが始まった直後にあるイベントなので毎年かなりの人々が集まります。
8月の終わりにも夏祭りがあるので、夏休みの始めと終わりに諏方神社でイベントがあるということになります。
大勢の人で賑わう場所はあまり好きではないけど、今年は両方とも顔を出してみようかな。

諏方神社の盆踊りは以下の要領で開催されます。

諏方神社納涼盆踊り大会
日時:平成21年7月19日(日)18:00-21:00
20日(月)17:30-20:00
※雨天中止の決定は開始1時間前

週間天気予報を見る限り3連休は晴れそうなので雨の心配はないかもしれません。

大勢の人が集まって賑わっている諏方神社もいいけど、普段の静謐な雰囲気の諏方神社もいいですよ。

よろしければシェアしてください!

靖国神社境内で見かけた昭和の風景 秋葉原ー新宿散歩 その6

秋葉原から新宿までのロングウォークレポートの第6回目です。
前回は九段下ビルにレポートしました。
今回はさらに靖国通りを新宿方面に進んでみることにします。
高速道路の下を通り、きつい坂を上るとそこには靖国神社が現れます。

この大鳥居をくぐり、さらに真っ直ぐ進むと本殿です。

ここでお参りをしてから境内を散策してみると、昔懐かしい昭和の風景に出会いました。

「靖国そば」の店内ですが、残念ながらこの日は営業していませんでした。
客席の椅子はまるで小学校のものの背板をはずしたような形をしていました。

いいなあ、この風景。
夕暮れ時の優しい光が入り込み、懐かしい気分を盛り上げてくれているかのようでした。

そういえばもうすぐみたままつりです。
今年は7月13日(月)から16日(木)まで開催されますので、スケジュールが合えばぜひ行ってみようと思います。
詳細は靖国神社のサイトでどうぞ。
靖国神社

秋葉原ー新宿散歩まとめ
昭和モダンの美しいビル、北原ビル 秋葉原ー新宿散歩 その1
ユニークなタヌキが鎮座する秋葉原の柳森神社 秋葉原ー新宿散歩 その2
秋葉原の柳森神社にいた猫2匹 秋葉原ー新宿散歩 その3
お茶の水、神保町近辺の素敵な建築物 秋葉原ー新宿散歩 その4
昭和の名建築がここに、九段下ビル 秋葉原ー新宿散歩 その5
靖国神社境内で見かけた昭和の風景 秋葉原ー新宿散歩 その6←今ここ
foodies TOKYO LIVING/CAFEで開催されたPaletteというパーティーに出席した後新宿駅へ 秋葉原ー新宿散歩 その7

写真はNikon D40xで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

1 / 212

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム