チェコのモラヴィア・カルスト地域でプンクヴァ洞窟、マツォハの深淵の川底、リバークルーズなどで探検気分を味わおう! #visitCzech #link_cz #チェコへ行こう

スポンサーリンク

チェコと言えば古い町並み、おとぎ話に出てくるような世界というイメージがありましたが、モラヴィア・カルスト地域にあるプンクヴァ洞窟などを探検してみて、全く違う顔を持つ場所が存在しているのだと実感しました。

チェコへ行こう! day6

モラヴィア・カルストとは

中央ヨーロッパ最大のカルスト地形の地域です。
洞窟や渓谷で構成されており、その内部を見学することができるようになっています。

プンクヴァ洞窟

モラヴィア・カルストの見学はプンクヴァ洞窟から始まります。
ここがその入口です。

チェコへ行こう! day6

Sponsored Link

背後にそびえる白い岩肌だけで思わず「おおー」と声が出てきてしまいそうな迫力でした。
今回案内してくれるのはこちらの方です。

チェコへ行こう! day6

それでは山の中、地下に広がる洞窟へと潜入してみましょう。

チェコへ行こう! day6

洞窟に入るとすぐに奇岩の連続が始まります。

チェコへ行こう! day6

もしここで照明が切れて真っ暗になってしまったらいったいどうなるのだろうと不安になってしまうくらいです。
でもそんなことは起こりませんでご安心ください。

見学通路はきちんと整備されているので歩きやすくなっています。

チェコへ行こう! day6

あれはカエル?フクロウ?

チェコへ行こう! day6

この洞窟はかなり高低差があります。
階段の上り降りが結構ありました。

チェコへ行こう! day6

大雨が降ると洞窟内部が洪水になることもあるそうです。
ところどころ、どこまで水が来たのかという看板も出ていました。

チェコへ行こう! day6

こんな恐ろしげな鍾乳石もあります。

チェコへ行こう! day6

マツォハの深淵の川底

プンクヴァ洞窟を抜けた先にあるのがマツォハの深淵の川底です。

image

今まで暗い空間を歩いてきましたが、いきなり緑に囲まれた明るい場所となります。

チェコへ行こう! day6

完全に断崖絶壁に囲まれた谷底で、恐怖すら感じます。
もしあの上から落ちたら・・・なんてことも考えちゃいますね。

チェコへ行こう! day6

ちなみに、この崖の上にも見学コースがあって、ケーブルカーに乗ってあの上に行くそうですよ。

プンクヴァ川クルーズ

また暗い洞窟に入ったと思ったら、今度はリバークルーズです。
小さな船に乗って洞窟内にあるプンクヴァ川を進んでいきます。

チェコへ行こう! day6

洞窟はそんなに広くはないので、ところどころ頭をかがめないと大怪我をしてしまいそうな場所もありますよ。

チェコへ行こう! day6

この川の途中では1回停船して、洞窟内を歩くポイントもあります。
見てくださいこの石。

チェコへ行こう! day6

先程までの洞窟とはまた違う雰囲気がある場所ですよね。

チェコへ行こう! day6

チェコへ行こう! day6

再び船に乗って川を進みます。

チェコへ行こう! day6

2度目の乗船時間はそんなになく、程なくしてゴールとなります。

チェコへ行こう! day6

モラヴィア・カルスト探検のまとめ

徒歩と船での洞窟探検コースはだいたい1時間くらいでした。
この短い時間で洞窟という非日常的な空間での冒険気分を味わうことができます。
コースのイメージはこんな感じです。

チェコへ行こう! day6

左下の建物がプンクヴァ洞窟のスタート地点で、真ん中上がマツォハの深淵の川底、そこから右下に向けてリバークルーズというわけです。
景色が次から次へと変わるので全く飽きないと思いますよ。
チェコ旅行の際にひと味違う体験をしてみたいなら、このモラヴィア・カルストも選択肢のひとつにしてみてください。
詳細はこちらから。
Czech Republic – モラヴィア・カルストの洞窟群
Czech Republic – プンクヴァ洞窟

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録