チェコのブルノにあるトゥーゲントハット邸 世界遺産にも登録されている90年近く前の建物には驚きの機能性とデザインがある! #visitCzech #link_cz #チェコへ行こう

スポンサーリンク

チェコのブルノという街にあるトゥーゲントハット邸を見学してきました。

チェコへ行こう! day6

トゥーゲントハット邸とは

トゥーゲントハット邸はユネスコの世界遺産にも登録されている建物で、1928年から1930年にかけて建てられたものです。
完成したのが今から90年近く前なのですよ。
ところが、中を見てみると全くそんな歴史を感じません。
むしろ最近の建物ではないのかと思ってしまうくらいの技術とデザインが詰まっています。
設計したのはミース・ファン・デル・ローエというドイツの建築家です。
ここはトゥーゲントハットさんの家だったとうわけですね。

トゥーゲントハット邸の外観

こちらが正面から見た姿です。

チェコへ行こう! day6

Sponsored Link

ここからだと何も知らなければ通り過ぎてしまうかもしれないくらいシンプルです。
裏から見てみましょう。

チェコへ行こう! day6

実はトゥーゲントハット邸は高台の斜面を利用して建てられています。

チェコへ行こう! day6

トゥーゲントハット邸の内部

それでは中に入って見学することにしましょう。
玄関の床は大理石でした。

チェコへ行こう! day6

まずはバスルームから。

チェコへ行こう! day6

一体どこの高級ホテルかと見紛う豪華さです。
繰り返しますが、90年近く前の建物ですからね。

次は寝室です。

チェコへ行こう! day6

ここからの眺めがまた素晴らしいのですよ。

チェコへ行こう! day6

こんな場所でゆったり時を過ごしてみたいです。

こちらも寝室ですね。

チェコへ行こう! day6

チェコへ行こう! day6

ここが本棚がある居間。

チェコへ行こう! day6

ここも居間です。

チェコへ行こう! day6

この右手にある窓ガラスは開くようになっています。

チェコへ行こう! day6

この椅子に座って外の景色を眺めながらコーヒーでも飲むことができたらどんなに幸せなことか。

チェコへ行こう! day6

窓の外は山の斜面を利用した庭が見えます。

チェコへ行こう! day6

ここは会議室。

チェコへ行こう! day6

これまで見てきた本棚がある部屋、大きな窓ガラスがある居間、そしてこの会議室はオープンな空間になっていて、隔てるものがほとんどありません。
壁で区切らなくても空間の空気感が全く異なるので、それぞれの場所がつながっていても違和感がありませんでした。

ここは食堂です。

チェコへ行こう! day6

食器を上の階に運ぶエレベーターまであるのですよ。

チェコへ行こう! day6

そして全ての部屋にこのような暖房の口があります。

チェコへ行こう! day6

もう一度繰り返しますがここは90年近く前に建てられたものですよ。

まとめ

このトゥーゲントハット邸はどこを見てもその機能性と美しさには驚かされます。
何度も言いますが90年前の建物ですよ。
世界遺産に登録されるというのは納得のデザインです。
チェコのブルノという街に行くならばぜひ見学して欲しい場所です。
詳細はこちらから。
Czech Republic – トゥーゲントハット邸

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録