偕楽園で開催されている水戸の梅まつりでは梅の花が満開を迎えて見頃になっていました!梅の花で満ち満ちた園内は見所満載です!


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

3月8日。
今日は青春18きっぷを使って茨城県の水戸に行ってきました。
目的は偕楽園で開催されている水戸の梅まつりです。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

今年の水戸の梅まつりは平成28年2月20日(土)から3月31日(木)まで開催されています。
偕楽園 | 茨城県営都市公園オフィシャルサイト

園内の梅は満開を迎えて見頃ということだったので、初めて偕楽園に行ってみることにしました。
行き方は一番最後に紹介します。
とにかく、園内の梅があまりにもみごとだったので、撮影してきた写真をドドンとお見せしようと思います。

園内は基本的に白梅のほうが多く、紅梅がちらほらあるという感じでした。
白い花が見える中に赤い花があるという眺めが僕は好きでしたね。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

Sponsored Link

もちろん白梅だけ見てもいいでしょう。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

僕が考えていた以上に梅の木はたくさんあったので、どこをどうやって撮ったらいいかものすごく迷ってしまったくらいです。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

ひとつの花に注目したり、

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

一本の枝に注目してみたりしました。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

でも、梅の場合はあんまり近くに寄らずにちょっと離れた方がいい感じになるかなと思いましたね。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

前ボケと後ろボケを組み合わせてみたりもしてみました。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

梅からちょっと離れて、園内の景色も見てみましょう。
松の木の緑もきれいでしたよ。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

竹林の緑も素敵です。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

園内の売店では水戸の名物の納豆もちゃんと販売されています。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

食事処もあるので、食べ物にも困りませんよ。
僕はたぬきうどんを食べてきました。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

また、お弁当を販売しているところもありますので、芝生でお弁当を食べるというのもありですね。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

それではまたまた梅に戻りましょう。
偕楽園の梅の木はそんなに背が高くありません。
こんな風に幹の曲がり具合を見てみるのも楽しいですよ。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

この梅の花は今日見た中で一番大きなものでした。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

通路のすぐ近くにある木なので、見物客の一大撮影スポットになっていましたね。

通路は割りと広めに作ってあるので、すれ違う人とぶつかることはなく、余裕を持って梅を見ることができます。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

梅を撮影する時は花だけでなく他のものと組みあせてみるといいかもしれません。
例えば建物。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

例えば湖。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

例えば掲示板の屋根。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

落ちた花びらだけに注目してみるのもいいでしょうね。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

こんな感じで偕楽園で梅まつりが開催されているのは3月31日までです。
遅咲きの梅もありますが、3月終わりになってしまうとそこまでたくさん梅が咲いているということもなくなってしまうと思いますので、お時間があるならばぜひ早めに水戸に行ってみてください。
詳細はこちらから。
偕楽園 | 茨城県営都市公園オフィシャルサイト

偕楽園の場所はこちらです。

最後に偕楽園への行き方についてお話します。
公共交通機関を利用するならば、行き方は2つです。

1.バス

水戸駅北口の4番乗り場の茨城交通、または、6番の関東鉄道のバスです。
水戸駅と偕楽園の運賃は片道240円で、単純往復だと480円です。
単純に片道ずつ運賃を支払うよりも、こちらの400円の水戸漫遊1日フリーきっぷを利用するとお得ですよ。
路線バスで水戸の街を散策!水戸漫遊1日フリーきっぷ | 路線バス – 茨城交通
お値段は400円です。
単純に往復でバスを利用するだけで元が取れてしまいます。
茨城交通も関東鉄道のバスも両方乗車できて、対象区間は乗り降り自由です。
また、偕楽園好文亭や弘道館などの入場料も割引がありますので、このきっぷを買わないという選択肢はありません。
きっぷは水戸駅のバスのりばのところに臨時販売所ができていますのでぜひ購入してください。

2.鉄道

梅まつりの期間の土日祝日に常磐線の臨時駅である偕楽園駅がオープンします。
平成28年度(2016年度)の場合、2月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)、3月5日(土)、6日(日)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、21日(月祝)、26日(土)、27日(日)の計13日間です。
停車する列車は水戸方面へ行く列車のみで、一日あたり特急列車13本、普通列車17本と限りがあります。
上野方面の列車は停車しません。
上野方面からの列車で下車することができても、偕楽園から上野方面の列車には乗車できないのでご注意ください。
どの列車が偕楽園駅に停車するかなどの詳細はこちらからどうぞ。
水戸の梅まつり開催に伴う偕楽園臨時駅の開設等について(PDFファイル)

まだまだ梅の見頃は続くと思いますので、ぜひ皆さんも偕楽園の梅を楽しんできてください。

春の青春18きっぷの旅 偕楽園の梅まつり・龍ケ崎散歩 2016年3月8日

写真はNikon D610+SIGMA 単焦点マクロレンズ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM及びNikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDで撮影しました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム