チェコに行こう 写真 旅日記

30体の彫像が立ち並ぶまるで美術館のような雰囲気のプラハにあるカレル橋を渡ってみよう! #visitCzech #link_cz #チェコに行こう #prague #プラハ

投稿日:2017年2月19日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


チェコのプラハで観光する際に絶対に訪れる場所といえばカレル橋でしょう。
今回はそんなカレル橋を紹介していきます。

チェコへ行こう! day3

カレル橋はヴルタヴァ川に架かる橋です。
1402年に完成したということで、600年以上の歴史を持つということになりますね。
橋の上には30体の彫像が立っているということで、ひとつひとつ見ていくのも楽しいですよ。
それでは橋を渡ってみることにしましょう。
今回はプラハ城側から渡ってみました。
橋に入るにはこの門をくぐります。

チェコへ行こう! day3

Sponsored Link

ただの橋ではなく、街からプラハ城へと向かう意味合いがありますので、かなり厳重な警備ができる感じです。
橋に入るとすぐに3体の彫像があります。

チェコへ行こう! day3

これらの彫像はほぼ等間隔ぐらいで現れるので、次から次へと出てくる雰囲気がします。

チェコへ行こう! day3

ここで一旦振り返って橋の入口を見てみましょう。

チェコへ行こう! day3

こんなにたくさんの観光客が常時いるのですよ。
橋を渡るだけでもかなりの賑わいです。

大きなヴルタヴァ川の前に小さな水路も渡ります。

チェコへ行こう! day3

この眺めだけでもチェコらしさはありますよね。
それでは橋を進みましょう。

チェコへ行こう! day3

これ、橋の上なのですよ。
かなり幅広なのでたくさんの観光客がいても余裕をもって歩くことができます。
両サイドには露天が出ていたりするのでお土産を購入するというのもいいでしょうね。
ここでもう一度振り返ります。

チェコへ行こう! day3

これだけでお城のような感じもしますね。
そして両サイドに現れる彫像たち。

チェコへ行こう! day3

チェコへ行こう! day3

チェコへ行こう! day3

橋からの眺めももちろんみごとです。

チェコへ行こう! day3

チェコへ行こう! day3

チェコへ行こう! day3

隣の橋の上を走るトラムの姿も見えます。

チェコへ行こう! day3

また演奏している音楽家の方も橋の上にはいました。

チェコへ行こう! day3

彫像があることからカレル橋は美術館のようでもあり、音楽が奏でられることからコンサートホールかのようでもあります。
面白いハト(?)もいるので動物園のようでもありますね。

チェコへ行こう! day3

橋を渡りきったところではプラハ城をヴルタヴァ川越しに望むことができます。

チェコへ行こう! day3

ここからはもっと望遠気味で撮ってもいいですね。

チェコへ行こう! day3

こんな感じでカレル橋を渡ってみたわけですが、ここは歩くだけでも楽しい場所ですね。
プラハに行くならばぜひ訪れてみてください。
きっと色々な楽しみが見つけられると思いますよ。

カレル橋についての詳細はこちらからどうぞ。
カレル橋と橋塔

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!twitter、Feedly、Facebookでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-チェコに行こう, 写真, 旅日記,
-, , , , , , , ,