Scramble Crossroad

スポンサーリンク

久々心理学ネタです。

まずはこちらをご覧下さい。

立方体がたくさん連なっているのですが、そのひとつひとつが実は見え方が複数あるのです。

実際に自分で立方体を書いてみるとよくわかるかもしれません。

このような錯視図形をネッカーの立方体と言います。

映像ではそんな立方体が複数集まってまるで蜂の巣のような構造になっています。

その上を帽子をかぶった紳士が行き来するのですが、どんなルートを通るのかに注目です。

上へ下へ、右へ左へと歩いています。

しかし、全く予想外の場所を歩き出すのでかなりの驚きがありますよ。

目の錯覚が起こるとわかっていても、その予想のはるか斜め上を行くのが素晴らしい出来栄えです。

さっそく講義で使うことにしよう。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録