築100年奈良屋旅館に宿泊 ピッカピカの廊下とちょうどいい湯温の温泉におもてなしの心を感じる 『信州野沢温泉への旅』 その10

スポンサーリンク

12月5日。
長野県の野沢温泉で野沢温泉 民家造りの宿 奈良屋旅館に宿泊しました。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

奈良屋旅館は築100年という3階建ての木造建築です。
目の前の通りが狭いので、全体を正面から見ることはできませんが、斜めから見てもその立派さがわかると思います。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

Sponsored Link

今回は3階のお部屋を用意してもらいました。
8畳の部屋ですね。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

お茶は香りが違う2種類が用意されていました。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

最初に煎茶をいただきました。
急須にお茶っ葉の袋とお湯を入れて、湯のみに注ぎます。
その時、急須から鳥が出てくるのが面白かったですよ。

お茶菓子は温泉まんじゅうですね。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

窓際には椅子とテーブルがあります。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

この右側には洗面台もあります。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

窓の外からの眺めはそんなにいいわけではありません。
左側を見てみましょう。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

そして正面。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

向かいの旅館の宿泊者と目が合うかと思うくらいです。
遠くにはスキー場のジャンプ台も見えますよ。
下を見てみると、玄関のひさしが見えました。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

すごいいい部屋に通されたようですね。

和室に戻ります。
アメニティは、浴衣、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシです。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

外湯めぐりに便利な小袋が用意されているのもいいですね。
フェイスタオルには岡本太郎による「湯」の文字もあります。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

鏡は細長い姿見です。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

築100年の建物にはこういうレトロなものがよく似合いますね。

玄関先には下駄があるので、外湯めぐりの時はカランコロン鳴らしながら歩くのが気持ちいいですよ。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

この玄関入ってすぐのところには岡本太郎の「夢」の文字もあります。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

廊下や階段の床がどこもピカッピカなのですよ。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

これも磨き上げられた床も信州のおもてなしなのでしょうね。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

お風呂は大浴場と露天風呂の2つがあります。

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

信州野沢温泉の旅 2015年12月5日

泉質は単純硫黄泉(弱アルカリ性低張高温泉)です。
野沢温泉の外湯はものすごく熱かったけど、奈良屋旅館ではちょうどいい湯温に調整されていました。
13ある外湯では慌ただしく入ってきたけど、ここではのんびりゆっくりと湯につかってきました。

次回はこの奈良屋旅館での夕食を紹介します。
続く。

今回紹介した宿についての詳細はこちらから。
野沢温泉 民家造りの宿 奈良屋旅館

場所はここらへんです。

信州野沢温泉への旅
北陸新幹線の飯山駅構内にある飯山駅観光交流センターは無料Wi-Fiもあるし、観光情報を収集するには最適な場所ですよ 『信州野沢温泉への旅』 その1
野沢温泉では集印めぐりをして岡本太郎による「湯」が書かれたタオルをゲットしよう! 『信州野沢温泉への旅』 その2
野沢温泉ではぜひこれを食べてほしい!新屋の絶品やきとり丼が最高に美味しかった 『信州野沢温泉への旅』 その3
坂道、ネコ、冬支度、夕暮れ風景 野沢温泉の温泉街をぶらぶら散歩して出会った素敵な景色 『信州野沢温泉への旅』 その4
野沢温泉で地元の人しか利用することができない麻釜熱湯湧泉と洗濯場を見学してみる 『信州野沢温泉への旅』 その5
滝の湯、大湯、松葉の湯 熱い熱い温泉が特徴の野沢温泉外湯めぐり(前編) 『信州野沢温泉への旅』 その6
十王堂の湯、秋葉の湯、中尾の湯、新田の湯、横落の湯 熱い熱い温泉が特徴の野沢温泉外湯めぐり(中編) 『信州野沢温泉への旅』 その7
河原湯、麻釜の湯、真湯、熊の手洗湯、上寺湯 熱い熱い温泉が特徴の野沢温泉外湯めぐり(後編) 『信州野沢温泉への旅』 その8
自分で作る温泉たまごが美味!野沢温泉の外湯めぐりでは温泉たまごは必須ですよ! 『信州野沢温泉への旅』 その9
築100年奈良屋旅館に宿泊 ピッカピカの廊下とちょうどいい湯温の温泉におもてなしの心を感じる 『信州野沢温泉への旅』 その10←今ここ
野沢温泉の奈良屋旅館での夕食は牛ステーキが最高に美味しかった! 『信州野沢温泉への旅』 その11
焼き鮭に日本の朝ごはんらしさを感じさせられる奈良屋旅館での朝食 『信州野沢温泉への旅』 その12
飯山の町で探検気分 コマ図という地図を見ながら高橋まゆみ人形館に行こう! 『信州野沢温泉への旅』 その13
飯山の地産地消のお店 雪と寺の町のDining 六兵衛でみゆき豚のポークステーキ丼を食べてみた 『信州野沢温泉への旅』 その14(最終回)

写真はSONY Cyber-shot RX100Nikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDで撮影し、SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。


スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録