ネッシー見つけて2億円

スポンサーリンク

ネッシーの存在を証明したら2億円だって!

ネッシーの存在を証明したら2億円=英ブックメーカー

[ロンドン 4日 ロイター] 英ブックメーカー(賭け屋)のウィリアム・ヒルは4日、スコットランドのネス湖に住むとされる伝説の生き物「ネッシー」の存在を証明できた人に対し、100万ポンド(約2億4000万円)を支払うと発表した。

 同社はこれに合わせ、週末にネス湖で開催されるポップコンサートの観客に対し、インスタントカメラを最大5万台を提供するとしている。

 同社スポークスマンのルパート・アダムズ氏は「100万ポンドが、現代の大きな謎の1つを解決する手助けになることを期待しています」と語った。

 ネッシーの存在を証明するためには、ロンドン自然史博物館の専門家による鑑定が条件。ただ同社では、実現の可能性は極めて低いとみており、2007年中にネッシーの存在が証明されることへの賭け率を250倍に設定している。

存在の証明方法としては「捕獲」「物的証拠の採集(骨、排泄物、体の一部)」かな。

写真などは簡単に捏造できるからね。

ネッシーの発端はいたずら写真だし。

証言なんてのはもってのほか。

証言はいくらあっても証拠にはなりません。

行くか?行くか?ネス湖に行くか?

まさに一攫千金のチャンスだよ。

でも、ネス湖まで行くお金がない・・・

しかし、これはブックメーカーのいい宣伝になってるよね。

100%起こりえないことで人々に夢を与えて、なおかつ自社の大宣伝になってるんだから。

これにより世界中に報道されて、元手がほとんどかからずに最高の宣伝効果が得られる。

なかなかやり手だね。

我が家のあじさいはきれいに咲いています。

ajisai.JPG

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録