チェコのプルゼニュでビール醸造博物館を見学 ピルスナー・ウルケルの1杯無料券もついてきますよ #link_cz #visitCzech #チェコへ行こう

スポンサーリンク

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

チェコと言えばビール!というわけで、チェコ西部の都市であるPlzen プルゼニュにあるビール醸造博物館に行ってきました。
プルゼニュにはピルスナー・ウルケルの工場があるわけですが、その見学の前にビールの歴史をここで学ぼうと思います。
見学をすると近くにあるバーで使えるビール一杯無料券ももらえちゃうのですよ。

チェコへ行こう! day1

博物館と名前がつくくらいなので、さぞかし大きな建物なのかと思いきや、町の中で他の建物と見た目はそんなに違わないわりと質素な感じでした。

チェコへ行こう! day1

Sponsored Link

こうした博物館には解説してくれるツアーがありますよね。
このビール醸造博物館でもちゃんとあるようです。

チェコへ行こう! day1

時間のみはチェコ語、ENGが英語、DEUがドイツ語の案内ということでしょうね。
残念ながら日本語はありませんでした。
でも、案内はなくても見るだけでも十分楽しめる場所なのでご安心を。

そうそう、入場チケットの半券はビールの1杯無料引換券になっていますのでなくさないようにしてくださいね。

チェコへ行こう! day1

それでは見学開始です。
ビール造りは大昔から行われていたという内容の展示が最初にあります。

チェコへ行こう! day1

また、あんまり表情のない人形も展示されているのでそこも注目ですよ。
この人は何か悩みを抱え込んでいそうですね。

チェコへ行こう! day1

こちらの方はポンプでビールを汲み出しているのでしょうね。

チェコへ行こう! day1

ここではビール樽を作っているのでしょうかね。

チェコへ行こう! day1

これはかつて使われていたビール瓶でしょうね。

チェコへ行こう! day1

緑の色がついているのがなかなか新鮮です。

プルゼニュの町の各家庭には地下室があって、そこには井戸もあったそうです。
この博物館でもそんな井戸が展示されていました。

チェコへ行こう! day1

こちらのコーナーでは本物の麦が置かれていました。

チェコへ行こう! day1

実際に作業体験をしながら記念写真も撮れちゃうという場所です。

チェコへ行こう! day1

こんな感じで博物館内の見学をざっとしてきました。

チェコへ行こう! day1

ここからがお楽しみタイムです。
入場チケットの半券がビールの引き換え券になっていたので、博物館の近くにあるバーに行き、ピルスナーウルケルを飲むことにしましょう。

チェコへ行こう! day1

それでは乾杯です。

チェコへ行こう! day1

こうやってジョッキが並ぶ様子はなかなか壮観ですよね。
ただし、僕はビールがあまり得意ではないのでほんのちょっといただくだけにしました。

チェコへ行こう! day1

他の参加者の方は2杯目に突入。

チェコへ行こう! day1

皆さんビール好きということもあって、あっという間に次から次へとジョッキが空になっていきました。

チェコへ行こう! day1

このバーの雰囲気はこんな感じでした。

チェコへ行こう! day1

プルゼニュのビール醸造博物館はビールの歴史を学べて、さらに実際に(近所のバーで)ビールも飲めてしまうというお得な施設です。
ピルスナーウルケルの工場見学の前にちょっと立ち寄ってみるのもありかもしれませんよ。
詳細はこちらから。
ビール醸造博物館 クチコミガイド【フォートラベル】

ビールの無料券を使ったのはこちらです。
Restaurace a Hotel U Salzmannů Plzeň

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録