あのミュシャが描いたステンドグラスもあるプラハ城内の聖ヴィート大聖堂は必見! #visitCzech #link_cz #チェコへ行こう #prague #プラハ

スポンサーリンク

チェコのプラハで観光をするのならば絶対に見ておくべき場所があります。
それは聖ヴィート大聖堂です。

チェコへ行こう! day3

聖ヴィート大聖堂はプラハ城の中にあります。
今回はガイドさんに案内されていったので、チケットの購入から何から何までお任せでした。
受け取ったチケットがこちらです。

チェコへ行こう! day3

Sponsored Link

それでは聖ヴィート大聖堂に近づきましょう。

チェコへ行こう! day3

この両サイドの塔は高さが82mもあるそうですよ。
この外壁部分の装飾にも要注目です。

チェコへ行こう! day3

いたるところに細かな装飾があるので、ずっと見ていても飽きないくらいです。
このガーゴイルは雨樋になっているらしく、雨の日は口から雨水が垂れ流されるそうです。

チェコへ行こう! day3

それでは中に入りましょう。

チェコへ行こう! day3

この荘厳さにいきなり圧倒されます。
観光客は大勢いるけれども、みな上を向いて口数が少なくなります。
特に正面のステンドグラスは圧倒的存在感がありますね。

チェコへ行こう! day3

正面以外にもステンドグラスの窓はたくさんあり、そのひとつひとつが素晴らしい作品となっております。

チェコへ行こう! day3

僕はキリスト教のことはよくわかりませんが、それでもここに描かれた世界観には引き込まれていくようでした。

チェコへ行こう! day3

本当に素晴らしい作品がずらりと並んでいるので全てをじっくりと眺めていたくなります。

チェコへ行こう! day3

ちなみにこちらはあのミュシャの作品だそうですよ。

チェコへ行こう! day3

上ばかりだけでなく下も見てましょうかね。

チェコへ行こう! day3

彫刻や壁画など、ここにもたくさんの見所があります。

チェコへ行こう! day3

チェコへ行こう! day3

あまりの絢爛豪華さにくらくらしてしまいそうです。

チェコへ行こう! day3

このパイプオルガンの音色もぜひ聞いてみたいですね。

チェコへ行こう! day3

この聖ヴィート大聖堂は観光目的だけにあるのではなく、教会としての役割が主です。
従って、礼拝用の座席があったり聖書が用意されてりももちろんしています。

チェコへ行こう! day3

チェコへ行こう! day3

ここは告解をする小部屋。

チェコへ行こう! day3

地味ではあるけれども、こういう教会としての日常的な部分も見ておきたいですね。

そうそう聖堂内にはプラハ城周辺の立体地図もあります。

チェコへ行こう! day3

プラハの街、カレル橋、そしてプラハ城と続くこの地図の細やかさにも注目です。

チェコへ行こう! day3

そろそろ外に出ましょうかね。

チェコへ行こう! day3

この聖ヴィート大聖堂の一番高いところは横から見るとよくわかります。

チェコへ行こう! day3

こちらは高さ99mということなので、正面から見た部分よりもさらに高くなっています。
浦から見るとさらに複雑な構造になっているのがわかりますので、ぜひ色々な角度から眺めてみてください。

チェコへ行こう! day3

プラハ城観光についての詳細はこちらからどうぞ。
Prague Castle

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録