エプソンのホームプロジェクターのEH-TW5650Sを自宅に設置してみたら、その映像のあまりの美しさに感動しっぱなし! #エプソンのホームプロジェクター #dreamio

スポンサーリンク

先日、エプソンのホームプロジェクター dreamioについてのイベントに参加してきました。
エプソンのホームプロジェクターについてのイベントでプロジェクター選びのポイントを勉強してきた #エプソンのホームプロジェクター #dreamio | とくとみぶろぐ

そこでプロジェクター選びのポイントや、自宅にプロジェクタがある生活について学んできたわけですが、実はエプソンのプロジェクターをしばらくモニターさせていただくことになりました。もちろん僕の自宅にはプロジェクターはなかったものなので、いったいどこでどのように使うのかはゼロからのスタートとなります。今回はこのモニター機をどう設置したのかをレポートしていくことにします。

モニターしているのはエプソンの3D対応フルハイビジョンホームシアタープロジェクター EH-TW5650S

今回モニターさせていただいているのはEH-TW5650Sという機種です。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

どんなスペックなのか主なものをみてみましょう。

解像度 Full HD 1920×1080
明るさ(最大) 全白2500ルーメン、カラー2500ルーメン
コントラスト比(最大) 60000:1
外形寸法(W×D×H) 309mm×278mm×107mm
質量 約3.5kg
3D対応
スピーカー内蔵 10W×1
無線LAN内蔵
スクリーンミラーリング対応
MHL対応
Bluetooth対応

ホームシアター入門モデルということなのですが、なかなかのハイスペックです。明るさは最大2500ルーメンでコントラスト比は最大で60000:1です。明るい部屋でというよりも、暗めの部屋の方が映像がきれいに見えるもののようです。無線LANにも対応しているので、スマートフォンの映像などをケーブルレスで投影することもできます。重さは約3.5kgなので意外に軽いですね。

今回お借りしたのはEH-TW5650Sという型番ですが、末尾の「S」はスクリーンが付属するという意味です。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

80型のモバイルスクリーンです。広げるとかなりの大きさですが、たたむとこの大きさになるので収納に困ることはなさそうです。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

Sponsored Link

作業部屋に設置してみた

それでは実際に設置してみましょう。まずは僕の作業部屋からいってみます。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

プロジェクターとスクリーンの間の距離はだいたい2m50cmくらいです。この距離でも80インチのスクリーンいっぱいに投影することができました。

電源を入れると最初はこの画面になります。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

色々設定をいじくることができそうですが、今回はAndroidのスマートフォンをワイヤレスで接続してみることにします。Android側で設定をします。

設定 → 無線とネットワーク → もっと見る → PlayTo

ここで表示されるプロジェクター名をタップすれば接続できちゃいます(機種によってこの流れは若干異なります)。簡単にですね。まずは写真を表示させてみます。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

スマートフォンの小さな画面では物足りなさがありますが、80インチの大画面で見ると大迫力!

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

自分が撮影した写真ではありますが、すごくよく見えるのですよ。

次は僕がYouTubeにアップした動画を見てみます。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

これまで最も大きな画面だとテレビの32インチに出力したことはあったけど、80インチだと圧倒的な臨場感があります。これは僕が撮影した青森県弘前の桜なのですが、ほんとすごいです。思わず見入っちゃいました(笑)桜の花びらひとつひとつがちゃんと見えているのですからね。

リビングに設置してみた

次は広いリビングに設置してみます。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

距離は4m60cm程です。

まずは写真の投影。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

そしてYouTubeの動画。

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

いずれも僕が撮影したものです。

まとめ

今回は2つの狭い作業部屋と広いリビングの2つの部屋での設置を試してみました。我が家の場合6ヶ月になる子供がおりまして、すごい勢いでずり這いをするのですよ。なので、リビングに安定的とは言えないスクリーンを常設するわけにはいかないので、作業部屋に設置することにします。夜に子供が寝てしまったらリビングに持ってきて家族で大画面で映画を楽しむなんてこともやるかもしれません。

それにしても、プロジェクターで投影される映像があまりにも美しくて驚かされてばかりでした。今までのイメージだとそんなにきれいではないというものがあったので、それが完全に覆されました。むしろこれからプロジェクターなしではいられない体になってしまったかも(笑)

エプソンのホームプロジェクター dreamio EH-TW5650S

今後やりたいことを挙げてみます。

・Amazon Fire TVを接続して映画を見たい
・スマートホームに接続して声でプロジェクターの操作をしたみたい
・自宅で僕が撮影した写真などの上映会をしてみたい

とりあえずはプロジェクター投影された映像の美しさをたっぷりと楽しんでから、色々とチャレンジしていこうと思っています。

エプソンのホームプロジェクター dreamioシリーズにつての詳細はこちらから。
ホームプロジェクター | 製品情報 | エプソン

今回モニターしている EH-TW5650S についての詳細はこちらから。

エプソン 3D対応フルハイビジョンホームシアタープロジェクター(80型モバイルスクリーンセットモデル)dreamio(ドリーミオ) EH-TW5650S
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録