Twitterアカウントを他者に紹介する時はQRコード機能を使うと便利ですよ

スポンサーリンク

イベントなどで知り合った人に自分のTwitterアカウントを教えてフォローしてもらおうなんてことがあります。しかし、検索でアカウント名を入力してもらう時にミスがあったりすると、うまくヒットしなくて困ってしまうなんてこともあります。そんな時に便利なのがQRコードを表示させることです。QRコードを読み込んでもらえば一発で自分のアカウントに誘導させることができちゃいます。QRコードを作るのが面倒じゃないかという声も聞こえてきますが、実は作る必要がないのです。Twitterに最初から実装されているのですよ。それではやり方を見ていきましょう。

まずはスマートフォンアプリのTwitterを起動します。AndroidでもiPhoneでもやり方は全く同じです。

Twitter

次に左上の自分のアイコンをタップしてください。

Twitter

するとこのような画面になります。

Twitter

最下段右側にあるここをタップしてください。

Twitter

この操作で自分のアカウントのQRコードが出てきました。

Twitter

簡単でしょ。

では、このQRコードを相手に読み込んでもらいましょう。これまで説明したのと同じ手順で自分のQRコードを表示してもらいます。

Twitter

この画面の最下段真ん中にあるこれをタップしてもらいましょう。

Twitter

するとQRコードの読み取り画面になります。先ほど表示させた自分のQRコードをここで読み取ってもらえばいいわけです。

Twitter

きちんと読み取ることができるとアカウントが表示されます。

Twitter

あとはフォローボタンを押してもらうだけです。これができちゃえば文字入力の必要はないのでお互いのアカウントの紹介がものすごく簡単にできちゃいますよ。ぜひやってみてください。

それでは練習してみましょう。上で説明したやり方でQRコード読み取り画面を出して、この2つのアカウントを読み込んでフォローしてみてください。

TwitterTwitter

両方とも僕のアカウントです(笑)

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録